アゼリオ・ビチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アゼリオ・ビチーニ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Azeglio Vicini
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1933-03-20) 1933年3月20日
出身地 チェゼーナ
没年月日 (2018-01-31) 2018年1月31日(84歳没)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アゼリオ・ビチーニAzeglio Vicini1933年3月20日 - 2018年1月31日)は、イタリアチェゼーナ出身の元サッカー指導者、元サッカー選手。

経歴[編集]

イタリアU-21代表監督を長く務め、1986年に地元開催のワールドカップを4年後に控えた イタリア代表の監督に就任する。U-21監督時代の教え子を数多く登用し、従来のイタリア=守備的のイメージを払拭しようと努めたが、FWのジャンルカ・ビアリの相方だけは最後まで決まらずそれが最後まで圧し掛かる。

迎えた1990年のワールドカップ・イタリア大会、ビアリが負傷した事もあり、国民に人気の高いロベルト・バッジョサルヴァトーレ・スキラッチの2トップを起用し快進撃をみせ期待に応えたが、肝心の準決勝アルゼンチン戦でバッジョを外し、監督就任以来、固執し続けたビアリを先発で起用。これが裏目に出て準決勝敗退となった。

1991年にUEFA欧州選手権1992予選の敗退の責任を取り辞任した。

2018年1月31日、地元のブレシアで死去した[1]

選手歴[編集]

指導歴[編集]

  • 1967-1968 イタリアの旗 ブレシア
  • 1975-1976 イタリアU-23代表
  • 1976-1986 イタリアU-21代表
  • 1986-1991 イタリア代表

脚注[編集]

  1. ^ 元イタリア代表監督、ビチーニ氏が死去”. サンケイスポーツ (2018年1月31日). 2018年1月31日閲覧。