アレッサンドロ・アルトベッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレッサンドロ・アルトベッリ Football pictogram.svg
Alessandro Altobelli - 1982 - Inter Milan.jpg
名前
愛称 スピッロ
ラテン文字 Alessandro Altobelli
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1955-11-28) 1955年11月28日(63歳)
出身地 ソンニーノ
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW(CF)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973–1974 イタリアの旗 ラティーナ 28 (7)
1974–1977 イタリアの旗 ブレシア 76 (26)
1977–1988 イタリアの旗 インテル・ミラノ 317 (128)
1988–1989 イタリアの旗 ユヴェントス 20 (4)
1989–1990 イタリアの旗 ブレシア 32 (7)
代表歴
1980-1988[1] イタリアの旗 イタリア 61 (25)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレッサンドロ・アルトベッリ(Alessandro Altobelli、1955年11月28日 - )はイタリア共和国ラツィオ州ラティーナ県出身の元同国代表の元サッカー選手。ポジションはフォワード

略歴[編集]

細長い体格のため「スピッロ(Spillo、イタリア語で「」の意)」の愛称で呼ばれた1970年代後期から1980年代中盤のイタリアを代表するフォワードの一人。ラティーナ(セリエC)とブレシアセリエB)を経て、1977年にインテル・ミラノと契約した。そして466試合出場209得点を記録し、1980年の彼のスクデット制覇に貢献した。

イタリア代表としては61試合出場25得点を記録した。地元開催の1980年のユーロ80、1982年のワールドカップ・スペイン大会(決勝の西ドイツ戦では81分に3点目の得点を記録)。1986年のワールドカップ・メキシコ大会(4得点を挙げ得点ランキングの3位)等に出場。最後の国際舞台となった1988年のユーロ88では主将も務めた。

現在はチェーザレ・マルディーニと共にアルジャジーラ・スポーツチャンネル の解説者を務めている。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1973-74 ラティーナ 28 7
1974-75 ブレシア 16 2
1975-76 ブレシア 26 11
1976-77 ブレシア 34 13
1977-78 インテル 28 10
1978-79 インテル 29 11
1979-80 インテル 29 15
1980-81 インテル 29 12
1981-82 インテル 29 9
1982-83 インテル 30 15
1983-84 インテル 28 10
1984-85 インテル 30 17
1985-86 インテル 29 9
1986-87 インテル 28 11
1987-88 インテル 28 9
1988-89 ユベントス 20 4
1989-90 ブレシア 32 7
通算 イタリア 473 172
総通算 473 172

代表歴[編集]

主な経歴[編集]

出典[編集]