ワルテル・ゼンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワルテル・ゼンガ Football pictogram.svg
WalterZenga.jpg
2016年のゼンガ
名前
ラテン文字 Walter Zenga
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
 ルーマニア
生年月日 (1960-04-28) 1960年4月28日(57歳)
出身地 ミラノ
身長 188cm
体重 84kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
ユース
1969-1971 イタリアの旗 マカッレシ
1971-1978 イタリアの旗 インテル・ミラノ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1994 イタリアの旗 インテル・ミラノ 328 (0)
1978-1979 イタリアの旗 サレルニターナ (loan) 3 (0)
1979-1980 イタリアの旗 サヴォーナ (loan) 23 (0)
1980-1982 イタリアの旗 サンベネデッテーゼ (loan) 67 (0)
1994-1996 イタリアの旗 サンプドリア 41 (0)
1996-1997 イタリアの旗 パドヴァ 21 (0)
1997-1999 アメリカ合衆国の旗 ニューイングランド・レボリューション 47 (0)
通算 530 (0)
代表歴
1984-1986  イタリア U-21 15 (0)
1987-1992 イタリアの旗 イタリア 58 (0)
監督歴
1998-1999 アメリカ合衆国の旗 ニューイングランド・レボリューション
2000-2001 イタリアの旗 ブレラ
2002-2003 ルーマニアの旗 ナツィオナル・ブカレスト
2004-2005 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト
2005-2006 セルビア・モンテネグロの旗 レッドスター・ベオグラード
2006-2007 トルコの旗 ガズィアンテプスポル
2007 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン
2007 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト
2008-2009 イタリアの旗 カターニア
2009-2010 イタリアの旗 パレルモ
2010 サウジアラビアの旗 アル・ナスル
2011-2013 アラブ首長国連邦の旗 アル・ナスル
2013-2014 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ
2015 イタリアの旗 サンプドリア
2015–2016 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャアブ
2016 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ワルテル・ゼンガ(Walter Zenga, 1960年4月28日 - )は、イタリアロンバルディア州ミラノ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時のポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

セリエAインテルの不動の守護神として活躍。 イタリア伝統の名GKの系譜に名を連ねる名選手である。常に安定した技術はもちろん、激しいリーダーシップで活を入れ、味方のゴールには派手なガッツポーズでパフォーマンスをするなどチームを鼓舞する姿からサポーターの人気を集めた[要出典] 。クラブでのハイライトは1988-1989シーズンで、ローター・マテウスアンドレアス・ブレーメらと共に9年ぶりとなるスクデット獲得に貢献した。

イタリア代表としてはアゼリオ・ビチーニ監督の下で正GKの座を掴み1988年の欧州選手権のベスト4、1990年のイタリアW杯では連続無失点記録(517分)を打ち立てるなど3位入賞に貢献した。が、1992年に後任のアリゴ・サッキと意見が対立、その後2度と代表に招集される事は無かった。 クラブでも1994-95 シーズンにイタリア代表の正GKに成長したジャンルカ・パリュウカとトレードされる形でサンプドリアへ移籍、選手生活の晩年は創設したばかりのアメリカMLSでプレーした。

指導者歴[編集]

引退後の現在は指導者として活躍している。

2015年6月4日、サンプドリアの監督に就任した[1]

2016年7月30日ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCの監督に就任した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • セリエA 1回(1988-89)
  • スーペル・コッパ・イタリア 1回(1989)
  • UEFAカップ 2回(1990-91,1993-94)
  • ルーマニア・リーグ 3回(ナシオナル=2002-2003、ステアウア=2004-2005,2005-2006)

個人[編集]

  • IFFHS選定世界最優秀GK 3回(1989,1990,1991)

出典[編集]

  1. ^ U.C. Sampdoria Zenga sbarca a Genova «Quanta emozione, finalmente sono tornato!»”. U.C. Sampdoria (2015年6月4日). 2015年8月12日閲覧。(イタリア語)