ジャンルカ・パリュウカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンルカ・パリュウカ Football pictogram.svg
Gianluca Pagliuca.jpg
名前
本名 Gianluca Pagliuca
カタカナ ジャンルカ・パリュウカ
ラテン文字 Gianluca PAGLIUCA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1966年12月18日(48歳)
出身地 エミリア=ロマーニャ州
ボローニャ県ボローニャ
身長 190cm
体重 94kg
選手情報
ポジション GK
利き足 左足
ユース
1984-1986 ボローニャ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1994 イタリアの旗 サンプドリア 198 (0)
1994-1999 イタリアの旗 インテル・ミラノ 165 (0)
1999-2006 イタリアの旗 ボローニャ 248 (0)
2006-2007 イタリアの旗 アスコリ 23 (0)
代表歴
1991-1998[1] イタリアの旗 イタリア 39 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャンルカ・パリュウカ(Gianluca Pagliuca, 1966年12月18日 - )は、イタリアエミリア=ロマーニャ州ボローニャ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

1990年代イタリアを代表するゴールキーパー。抜群の反射神経を持ちハイボール処理に能力を発揮する。ディフェンダーへのコーチングも巧く、常に大声を張り上げチームを鼓舞した。

1984年、地元のクラブチームボローニャFCでデビュー。その後UCサンプドリアに移籍し1990-91のクラブとして初のリーグ優勝に貢献した。 その後、活躍が認められインテルに移籍。1994-95シーズンから1997-98シーズンまでの4シーズン連続でリーグ戦全試合出場を達成し、チームに欠かせない存在としてサポーター、チームメートから慕われた。

イタリア代表としては1991年6月16日ソビエト連邦戦で代表デビューを飾ると、1994年ワールドカップ・アメリカ大会に出場。同年ワルター・ゼンガとの交換でインテルへ移籍。さらに1998年ワールドカップ・フランス大会にも出場した。

2006年9月17日FCメッシーナ戦で通算出場記録を571とし、ディノ・ゾフの持つセリエAゴールキーパー最多出場試合記録を更新した。

エピソード[編集]

  • ワールドカップで初めて退場処分を受けたゴールキーパーである(1994年アメリカ大会ノルウェー戦)。
  • プライドが高く、98-99シーズンにサンプドリアに4失点を喫したときには自ら交代を要求する場面もあった。
  • インテル時代はその強烈な個性を監督のマルチェロ・リッピに嫌われ、アンジェロ・ペルッツィの控えになることを拒否し、古巣のボローニャFCに移籍。そのシーズンにインテルに3-0で勝ったときにはリッピに向かって、「誰かさんは俺に謝らなくちゃならないな。誰かって? 俺のプライドをいたく傷つけたヤツさ」とコメントした。
  • スーパーセーブの他にも不甲斐ないチームメイトを後方から鼓舞するなど、90年代中盤から後半にかけてのインテルの顔で、チームメイトやファンからの信頼も厚かった。

選手経歴[編集]

受賞歴[編集]

個人賞[編集]

  • グリエン・ドーロ : 1996-97, 2004-05

クラブ[編集]

代表[編集]

出典[編集]