ルイジ・アポローニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルイジ・アポローニ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Luigi Apolloni
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1967-05-02) 1967年5月2日(51歳)
出身地 フラスカーティ
身長 185cm
体重 79kg
選手情報
ポジション DF
代表歴
1994-1996 イタリアの旗 イタリア 15 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイジ・アポローニ (イタリア語: Luigi Apolloni, 1967年5月2日 - ) は、イタリアフラスカーティ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1987年から1999年まで、12年間にわたってパルマACでプレー[1]。中心選手の一人として[1]、通算300試合以上に出場し、加入当時セリエBだったクラブをセリエA昇格、さらにはヨーロッパのカップ戦を制するまでに導いた。パルマACに在籍中、コッパ・イタリア優勝2回 (1991-92, 1998-99) 、UEFAカップ優勝2回 (1994-95, 1998-99) 、UEFAカップウィナーズカップ優勝1回 (1992-93) を経験した[1]。その後はヴェローナでプレーし引退した。

1994年、パルマACでの活躍が認められてアリゴ・サッキ監督率いるイタリア代表に初招集され、同年5月のフィンランド代表戦で代表デビュー[1]、 同年のFIFAワールドカップでもメンバー入り、グループリーグ第2戦ノルウェー代表戦では、フランコ・バレージの負傷離脱により途中出場[2]、決勝のブラジル代表戦にも出場[3]、計3試に出場した[4]UEFA EURO '96でも2試合に出場したが、チェコ戦では退場となった[5]

指導者として[編集]

現役引退後はパルマで指導者としてのキャリアをスタートさせた後、2009年にセリエBのモデナFCで初めてチームの指揮を執った。2015年7月にSSDパルマ・カルチョ1913の創設と同時に監督に就任した。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Buon compleanno ad Apolloni, Diamanti e Dossena-Vivo Azzurro 2015年2月2日
  2. ^ Mondiali 1994: Italia-Norvegia 1-0-stoliedicalcio 2018年1月21日
  3. ^ World Cup Usa '94 The Final : Facts And Figurer-The Los Angeles Times 1994年7月18日
  4. ^ 1994 FIFA World Cup USA-FIFA.com 2018年1月21日
  5. ^ Bejbl completes Italian job for Czechs-UEFA.com 2003年10月6日

外部リンク[編集]