フランセスコ・ロッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランセスコ・ロッカ Football pictogram.svg
Francesco Rocca - AS Roma 1974-75.jpg
名前
ラテン文字 Francesco Rocca
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1954-08-02) 1954年8月2日(65歳)
出身地 サン・ヴィート・ロマーノ
身長 179cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1972-1981 イタリアの旗 ASローマ 141 (0)
代表歴
1973 イタリアの旗 イタリア U-21 1 (0)
1974-1976 イタリアの旗 イタリア 18 (1)
監督歴
1988 イタリアの旗 イタリア オリンピック
1995-1997 イタリアの旗 イタリア U-18
1996-1998 イタリアの旗 イタリア U-17
2000-2004 イタリアの旗 イタリア U-20
2004-2006 イタリアの旗 イタリア U-17
2006-2007 イタリアの旗 イタリア U-18
2006-2008 イタリアの旗 イタリア U-19
2008-2011 イタリアの旗 イタリア U-20
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランセスコ・ロッカ(Francesco Rocca,1954年8月2日[1] - )は、イタリアラツィオ州ローマ県サン・ヴィート・ロマーノ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダーASローマで現役時代を過ごし、2度のコッパ・イタリア制覇を経験した。2008年から2011年までU-20イタリア代表の監督を務めた[2]。また、ソウルオリンピックでは監督としてイタリア代表を4位に導いた。

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

ローマの近郊にあるサン・ヴィート・ロマーノで生まれ、1972年から1981年までASローマ一筋でプレーした。セリエAでの141試合を含め、ローマでは163試合に出場し、コッパ・イタリアを2度優勝した。しかし、セリエAを優勝することはできなかった。

代表[編集]

1974年から1976年まで、イタリア代表としてプレーし、18試合に出場し、アメリカ代表戦でゴールを挙げた[3]

26歳で重傷を負い、現役引退を余儀なくされた[2]

指導者経歴[編集]

監督として出場したソウルオリンピックでは4位となった[4]。また、U-19イタリア代表監督として、UEFA U-19欧州選手権2008を準優勝した。この大会後、U-20イタリア代表監督となり、2009 FIFA U-20ワールドカップに出場した。

2012年、ASローマの殿堂入りに選出された[5]

人物・エピソード[編集]

スピードと仕事量、エネルギー、サイドバックでの耐久性から「カワサキ(日本のバイクメーカー)」の愛称が付けられた[6][7]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ASローマ

個人[編集]

  • ASローマ殿堂:2012[5]

脚注[編集]

  1. ^ Italy Under 20 >> Francesco Rocca at Goal.com
  2. ^ a b FIFA U-20 World Cup Egypt 2009 - Italy (ITA) at FIFA
  3. ^ Italy - International Matches 1970-1979 at RSSSF
  4. ^ Men's Olympic Football Tournament - Seoul 1988 at FIFA
  5. ^ a b Hall of Fame” (Italian). A.S. Roma. 2016年7月27日閲覧。
  6. ^ The children of the Wolf, FIFA, March 19, 2008
  7. ^ Biabiany come Bolt Nessuno è come lui” (Italian). La Repubblica (2010年2月11日). 2018年1月15日閲覧。