セバスティアン・ハラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • セバスティアン・アレール
  • セバスティアン・アレ
セバスティアン・アレル Football pictogram.svg
Hertha BSC vs. West Ham United 20190731 (174).jpg
ウェストハム時代(2019年)
名前
本名 セバスティアン・ロマン・テディ・アレル
Sébastien Romain Teddy Haller
ラテン文字 Sébastien Haller
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
フランスの旗 フランス
生年月日 (1994-06-22) 1994年6月22日(27歳)
出身地 リス=オランジス
身長 190cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム オランダの旗 アヤックス・アムステルダム
ポジション FW (CF)
背番号 22
利き足 右足
ユース
2003-2005 フランスの旗 ヴィニュー
2005-2007 フランスの旗 ブレティニー
2007-2012 フランスの旗 オセール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2014 フランスの旗 オセールII 57 (29)
2012-2015 フランスの旗 オセール 50 (6)
2015 オランダの旗 ユトレヒト (loan) 17 (11)
2015-2017 オランダの旗 ユトレヒト 65 (30)
2017-2019 ドイツの旗 フランクフルト 60 (24)
2019-2021 イングランドの旗 ウェストハム 48 (10)
2021- オランダの旗 アヤックス 19 (11)
代表歴2
2010  フランス U-16 1 (0)
2011  フランス U-17 12 (6)
2011-2012  フランス U-18 4 (1)
2012-2013  フランス U-19 7 (3)
2013-2014  フランス U-20 7 (2)
2013-2016  フランス U-21 20 (13)
2020- コートジボワールの旗 コートジボワール 2 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月8日現在。
2. 2020年11月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セバスティアン・ロマン・テディ・アレルSébastien Romain Teddy Haller , 1994年6月22日 - )は、フランスリス=オランジス出身のコートジボワール代表サッカー選手アヤックス・アムステルダム所属。ポジションはFW(センターフォワード)。姓はアレールアレとも表記される。

クラブ歴[編集]

オセール[編集]

AJオセールのユースチームで育ち、2011 FIFA U-17ワールドカップ期間中の2011年6月にプロ契約を結んだ[1]

2012-13シーズンにトップチームに昇格し、2012年7月に行われたリーグ・ドゥニーム・オリンピック戦で公式戦デビュー[2]。しかしベルナール・カゾニ監督との折り合いが悪く他クラブへの移籍を希望した[3]

ユトレヒト[編集]

2014年12月、エールディヴィジFCユトレヒトにシーズン終了までレンタル移籍することが発表された[4]。加入後半年間で17試合11得点を記録する活躍を見せ、シーズン終了後にユトレヒトへ完全移籍[5]。またサポーター投票でチームのベストプレーヤーに選出された[6]。翌2015-16シーズンにはエリック・テン・ハフ監督の下、得点ランキング5位タイとなる17得点を挙げクラブのリーグ5位躍進に貢献した。

フランクフルト[編集]

2017年5月、アイントラハト・フランクフルトに移籍。契約は4年[7]。加入初年度でエースストライカーとしてリーグ戦9ゴールを挙げ、DFBポカールでも4得点を記録しクラブのUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献。翌シーズンは新加入のルカ・ヨヴィッチアンテ・レビッチらと共に強力な攻撃陣を形成し、リーグ戦15得点を挙げ2年連続のEL出場権獲得を達成した。

ウェストハム[編集]

2019年7月15日、プレミアリーグウェストハム・ユナイテッドFCとクラブ間合意に至ったことが発表された[8]。ロンドンでのメディカルチェックを経て同月17日にウェストハムと5年契約を結び、移籍金4500万ポンドはクラブレコードとなった[9]。しかしデイヴィッド・モイーズ監督の下でリーグ戦48試合に出場したものの、10得点と安定的な成績を収めることはできなかった。

アヤックス[編集]

2021年1月8日、アヤックス・アムステルダムへ加入しエールディヴィジに復帰[10]。移籍金は2250万ユーロで4年半の契約を締結し、かつての指揮官であるテン・ハフと再会した。

代表歴[編集]

2011 FIFA U-17ワールドカップに参加した。なお母親がコートジボワール出身のため、コートジボワール代表を選択する権利も有している[11][12]

2020年11月12日に行われたアフリカネイションズカップ予選のマダガスカル代表戦でコートジボワール代表デビューを果たし、代表初得点も記録した[13]

タイトル[編集]

アイントラハト・フランクフルト
アヤックス・アムステルダム

脚注[編集]

  1. ^ “Sébastien Haller: "Gagner un titre avec la sélection U17 serait merveilleux"” (French). FootMercato. (2011年6月26日). http://www.footmercato.net/ligue1/info-fm-sebastien-haller-gagner-un-titre-avec-la-selection-u17-serait-merveilleux_68867 2012年7月27日閲覧。 
  2. ^ “Auxerre v. Nîmes Match Report” (French). Ligue de Football Professionnel. (2012年7月27日). http://www.lfp.fr/ligue2/feuille_match/76301 2012年7月27日閲覧。 
  3. ^ ブンデス前半戦で“最高評価”のフランクフルトFWハラー「誰かのコピーじゃなく自分の歴史を作りたい」/インタビュー - Goal.com 2019年1月12日
  4. ^ FC Utrecht slaat slag: "Een jeugdinternational nota bene van een groot voetballand" (in Dutch). 24 December 2014. Retrieved 24 December 2014
  5. ^ FC Utrecht licht optie Haller” (Dutch). telegraaf.nl. De Telegraaf (2015年4月30日). 2015年5月13日閲覧。
  6. ^ Sebastien Haller wint de David di Tommaso trofee” (Dutch). fcutrecht.net. FC Utrecht. 2015年5月13日閲覧。
  7. ^ “Sébastian Haller erster Eintracht-Neuzugang” (German). Frankfurter Neue Presse. (2017年5月15日). http://www.fnp.de/sport/eintracht/Sebastian-Haller-erster-Eintracht-Neuzugang;art785,2626039 2017年5月15日閲覧。 
  8. ^ 【チーム情報】アレールにウェスト・ハムでのメディカルチェックを許可”. アイントラハト・フランクフルト (2019年7月16日). 2019年7月16日閲覧。
  9. ^ Hammers make Haller their record signing”. West Ham United (2019年7月17日). 2019年7月17日閲覧。
  10. ^ Sebastien Haller: West Ham record signing signs for Ajax”. BBC Sport (2021年1月8日). 2021年1月8日閲覧。
  11. ^ Billebault, Alexis (2016年8月15日). “Afrique Football Club : Sébastien Haller confirme, Sadio Mané inscrit un bijou” (French). Le Monde Afrique. http://www.lemonde.fr/afrique/article/2016/08/15/afrique-football-club-sebastien-haller-confirme-sadio-mane-inscrit-un-bijou_4982917_3212.html 2017年3月7日閲覧。 
  12. ^ Duchâteu, Romain (2015年12月27日). “"Faut pas se mentir : marquer autant flatte aussie un peu ton ego ! »"” (French). So Foot. http://www.sofoot.com/faut-pas-se-mentir-marquer-autant-flatte-aussi-un-peu-ton-ego-214429.html 2017年3月7日閲覧。 
  13. ^ “International round-up: Haller scores winner, Balbuena holds Messi to draw” (English). whufc.com. (2020年11月12日). http://www.sofoot.com/faut-pas-se-mentir-marquer-autant-flatte-aussi-un-peu-ton-ego-214429.html 2020年12月6日閲覧。 

外部リンク[編集]