セルジュ・オーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルジュ・オーリエ Football pictogram.svg
2020-03-10 Fußball, Männer, UEFA Champions League Achtelfinale, RB Leipzig - Tottenham Hotspur 1DX 3707 by Stepro (cropped).jpg
トッテナム・ホットスパーFCでのオーリエ(2020年)
名前
ラテン文字 Serge Aurier
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
フランスの旗 フランス
生年月日 (1992-12-24) 1992年12月24日(28歳)
出身地 コートジボワールの旗 コートジボワール オーラガヒオ
身長 174cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 ビジャレアルCF
ポジション DF(RB)
背番号 25
利き足 右足
ユース
2006-2009 フランスの旗 RCランス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 フランスの旗 RCランス 40 (0)
2012-2015 フランスの旗 トゥールーズFC 72 (8)
2014-2015 フランスの旗 PSG (loan) 14 (0)
2015-2017 フランスの旗 PSG 43 (2)
2017-2021 イングランドの旗 トッテナム 77 (5)
2021- スペインの旗 ビジャレアルCF 0 (0)
代表歴2
2013- コートジボワールの旗 コートジボワール 62 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年10月5日現在。
2. 2019年11月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セルジュ・オーリエSerge Aurier, 1992年12月24日 - )は、コートジボワールオーラガヒオ出身のサッカー選手ビジャレアルCF所属。コートジボワール代表。ポジションはDF

クラブ経歴[編集]

フランスのRCランスでキャリアをスタートさせ、2009年1月13日、クープ・ドゥ・ラ・リーグFCロリアン戦でプロデビューを果たした。2012年、トゥールーズFCに移籍した。1月28日、SMカーン戦で移籍後初出場した[1]

2014年7月23日、パリ・サンジェルマンFCにレンタル移籍した[2]。2015年4月29日、パリ・サンジェルマンFCに完全移籍したと発表された[3]

2016年2月、自身のFacebookにてファンからの質問に答えている際に、ローラン・ブラン監督に対して「ブランはホモ野郎さ」と発言し、チームメイトのアンヘル・ディ・マリアに対しては「操り人形だ」と侮辱した。これがパリ・サンジェルマンFCから問題視され、2月16日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦チェルシーFC戦のメンバーから外される事が発表された[4]。さらに、その後に18万ユーロ(約2280万円)の罰金と無期限試合出場停止処分を科された事が発表された[5][6]。同年5月には警察官への暴行行為で有罪判決を受けている[7]

2017年8月31日、トッテナム・ホットスパーFCと2022年までの契約を結んだ[8]。9月23日ウェストハム・ユナイテッドFCとのゲームで先発デビューをしたが、2枚目のイエローカードを受けて、退場となった[9]。12月13日のブライトン戦でプレミアリーグ初ゴールを決めた[10]

2019年1月に婦女暴行・傷害の疑いで逮捕・勾留された[11]

同年9月21日のレスター・シティFC戦で60分に追加点を挙げたかに思われたが、僅かの差でオフサイドとなり得点が取り消され物議を醸した[12]。11月に監督がジョゼ・モウリーニョに交代し新監督の2戦目となったCLグループ第5節オリンピアコス戦では、見事な右足のボレーシュートで決勝点を挙げた。以降新監督の下で信頼を掴み、右SBのレギュラーとして継続的に出場。リーグ28節ウォルバーハンプトン戦では先制点に繋がるパスを供給し、同点にされて迎えた45分には自らの左足で勝ち越しのゴールを決める活躍をしたが、試合には2-3で敗れた。最終的にリーグ戦では移籍以降最多となる33試合に出場して1ゴール5アシストを記録し、トッテナムのEL出場権獲得に貢献した。

2020-21シーズンは、ウォルバーハンプトンから加入したマット・ドハティとポジションを争った。10月4日、リーグ4節マンチェスター・ユナイテッド戦にて1ゴール1アシストの活躍で6-1の歴史的大勝に貢献した。12月のレスター・シティ戦では軽率にもエリア内で背後から突き飛ばす形のタックルを行い、PKによる決勝点を献上した。21年5月2日、リーグ34節シェフィールド・ユナイテッド戦ではガレス・ベイルの3得点のうち2つをアシストした。最終的にリーグでは19試合に出場して2ゴール3アシストを記録し、トッテナムのECL出場権獲得に貢献した。

2021年8月31日、双方合意の下にトッテナムとの契約を解消[13]。10月4日、2年延長オプション付きの1年契約を結んでビジャレアルCFに加入した[14][15]

代表経歴[編集]

コートジボワール代表として2013年6月8日、ガンビア代表戦でA代表デビューを果たした[16]

2014 FIFAワールドカップに臨むコートジボワール代表に選出され、右SBとしてグループステージ3戦全てに先発出場する。日本戦においては2アシストを記録しチームを勝利へ導くが[17]コロンビアギリシャには敗れ、チームはグループステージ敗退となった。

2017年1月11日のウガンダとの親善試合で代表初得点をあげた。

エピソード[編集]

  • 2016年10月8日のワールドカップ予選マリ戦では、競り合いの中で身体を強く打ち失神したムサ・ドゥンビアの異変にいち早く気付き、舌を飲み込むことによる窒息を防ぐ応急処置を行なった。その後ドゥンビアは意識を回復、マリ代表監督のアラン・ジレスからも試合後に感謝が送られた[18]
  • 2018年2月25日のクリスタル・パレスFC戦で、プレミアリーグ史上初となる1試合で3回のファウルスローを犯した[19]
  • 2020年7月13日、弟のクリストファー・オーリエがフランスにて射殺された。ジョゼ・モウリーニョ監督はオーリエが15日のリーグ36節ニューカッスル・ユナイテッドFC戦を欠場して帰国することを許可したが、オーリエは自らの希望で出場して勝利に貢献し、この行動には称賛の声が寄せられた。また試合後にはクラブを通じてコメントを発表し「チームに感謝したい。皆であの試合を弟に捧げたんだ」などと述べた。

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ランス 2009-10 リーグ・アン 5 0 6 0 0 0 - 0 0 11 0
2010-11 19 0 1 0 1 0 - 0 0 21 0
2011-12 リーグ・ドゥ 16 0 0 0 4 0 - 0 0 20 0
通算 40 0 7 0 5 0 - 0 0 52 0
トゥールーズ 2011-12 リーグ・アン 10 1 0 0 0 0 - 0 0 10 1
2012-13 28 1 2 0 2 0 - 0 0 32 1
2013-14 34 6 2 0 2 0 - 0 0 38 6
通算 72 8 4 0 4 0 - 0 0 80 8
パリ・サンジェルマン 2014-15 リーグ・アン 14 0 0 0 2 0 0 0 0 0 16 0
2015-16 21 2 4 0 2 0 5 1 1 1 33 4
2016-17 22 0 3 0 1 0 5 0 1 0 32 0
通算 57 2 7 0 5 0 10 1 2 1 81 4
トッテナム 2017-18 プレミアリーグ 17 2 1 0 0 0 6 0 0 0 24 2
2018-19 8 0 1 2 3 0 5 0 0 0 17 2
2019-20 33 1 4 0 0 0 5 1 0 0 42 2
2020-21 19 2 0 0 3 0 5 0 0 0 27 2
通算 77 5 6 2 6 0 21 1 0 0 110 8
総通算 246 15 24 2 20 0 31 2 2 1 323 20
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
ランスⅡ 2009-10 CFA 22 1 22 1
2010-11 2 0 2 0
トゥールーズⅡ 2012-13 CFA2 1 1 1 1
PSGⅡ 2015-16 CFA 1 0 1 0
総通算 26 2 26 2

代表[編集]

  • 国際Aマッチ 69試合 3得点


コートジボワール代表国際Aマッチ
出場得点
2013 6 0
2014 11 0
2015 12 0
2016 5 0
2017 11 1
2018 6 0
2019 11 1
2020 4 0
2021 3 1
通算 69 3

タイトル[編集]

パリ・サンジェルマンFC

脚注[編集]

  1. ^ TOULOUSE VS. CAEN 1 - 0
  2. ^ コートジボワール代表オリエ、PSGにレンタル移籍
  3. ^ PSG、オリエの完全移籍を発表 選手は「誇りに思う」
  4. ^ 「監督はホモ野郎」「ディ・マリアは操り人形」。PSG、不適切発言の主力DFに処分 フットボールチャンネル 2016年2月15日
  5. ^ SNSでの侮辱発言の代償…パリSGはオーリエに罰金2280万円+今季残り欠場処分 ゲキサカ 2016年2月18日
  6. ^ サッカー=PSGのオーリエ、監督批判で無期限出場停止に ロイター 2016年2月6日
  7. ^ PSGのお騒がせDFオーリエ、警官への暴行で禁固2ヶ月の判決 フットボールチャンネル 2016年9月27日 2020年5月12日閲覧
  8. ^ AURIER MOVE SECURED tottenhamhotspur.com 2017年9月2日
  9. ^ West Ham United 2–3 Tottenham Hotspur - BBC Sport 2017年9月23日
  10. ^ Tottenham 2 Brighton 0: Serge Aurier's fluke helps send Spurs back into top four-he Daily Telegraph 2017年12月13日
  11. ^ “問題児”オーリエ、また逮捕…女性を暴行の疑いで拘留されマンU戦を欠場かサッカーキング 2019年1月16日
  12. ^ 「まつ毛がオフサイド」トットナム幻の追加点を巡りVARが物議goal 2019年9月22日
  13. ^ “Player update - Serge Aurier” (プレスリリース), Tottenham Hotspur FC, (2021年8月31日), https://www.tottenhamhotspur.com/news/2021/august/player-update-serge-aurier/ 2021年9月1日閲覧。 
  14. ^ “WELCOME, AURIER!” (プレスリリース), ビジャレアルCF, (2021年10月4日), https://villarrealcf.es/en/news/item/32017-welcome-aurier 2021年10月4日閲覧。 
  15. ^ ビジャレアル、トッテナム退団のコートジボワール代表DFオーリエの獲得を発表”. 超ワールドサッカー (2021年10月5日). 2021年10月5日閲覧。
  16. ^ fifa.com
  17. ^ コートジボワール代表のオーリエ「一生忘れることのできない試合」サッカーキング 
  18. ^ オーリエ、アフリカ予選で相手の命を救う 失神した選手に窒息防止の応急措置サッカーキング 2016年10月13日
  19. ^ Serge Aurier’s embarrassing throw-ins send Spurs fans into meltdown DREAM TEAM 2018年2月25日

外部リンク[編集]