アフリカネイションズカップ2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アフリカネイションズカップ2015
Copa Africana de Naciones 2015
Coupe d'Afrique des nations de football 2015
大会概要
開催国 赤道ギニアの旗 赤道ギニア
日程 2015年1月17日 - 2月8日
チーム数 16 (1連盟)
開催地数 (4都市)
大会結果
優勝  コートジボワール (2回目)
準優勝  ガーナ
3位  コンゴ民主共和国
4位  赤道ギニア
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 68点
(1試合平均 2.13点)
総入場者数 568,602人
(1試合平均 17,769人)
得点王 チュニジアの旗 アメド・アカイシ
ガーナの旗 アンドレ・アイェウ
赤道ギニアの旗 ハビエル・バルボア
コンゴ共和国の旗 ティエヴィ・ビフマ
コンゴ民主共和国の旗 ディウメルシ・ムボカニ(3点)
最優秀選手 ガーナの旗 クリスティアン・アツ
 < 20132017

アフリカネイションズカップ2015 (: 2015 Africa Cup of Nations西: Copa Africana de Naciones 2015: Coupe d'Afrique des Nations 2015)は、第30回のアフリカネイションズカップである。

開催国決定までの経緯[編集]

以下の国が開催国に立候補した。

国名 直近の開催年
ボツワナの旗 ボツワナ[1] -
カメルーンの旗 カメルーン[2] 1972
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国[3] -
ギニアの旗 ギニア[4] -
モロッコの旗 モロッコ[5] 1988
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国[6] 2013
ザンビアの旗 ザンビア[7] -
ジンバブエの旗 ジンバブエ[8] -

CAFは、2010年9月30日の締め切りまでに2015年大会と2017年大会の重複立候補を届け出たコンゴ民主共和国モロッコ南アフリカ共和国の申請を受理した[9]。しかしモロッコは「大会実施には整備されたインフラとスタジアムが必要」と主張[要出典]、CAFは3つの立候補国に対しスタジアムやインフラの整備状況、サッカーへの関心度を調査するため検査手順を始め、はじめにコンゴ民主共和国を視察した[10]。コンゴ民主共和国側は11月12日から15日に実行することを意図していたが、日程を短縮させられたことで2015年大会と2017年大会の立候補を取り下げることをCAFに通知した[11]。次に、CAFは2010年11月初めにモロッコを[12]、翌12月には南アフリカ共和国を視察した。

2011年1月29日に一旦は開催国をモロッコにすることを決定したが、2014年11月11日にCAFは開催国予定だったモロッコがエボラ出血熱流行を受け、開催国の変更および出場資格を剥奪した[13]、代わって赤道ギニアが選ばれた[14]

モロッコの棄権[編集]

2014年10月、モロッコ政府英語版エボラ出血熱流行を受け大会の延期を要請した[15]、しかし2014年11月2日に行われたCAF理事会においてモロッコサッカー連盟に対し、大会の延期を認めないことを決め[16]。11月8日、モロッコは開催する意思がないと判断[17] し、3日後の11日にCAFはモロッコに対して開催国の変更および出場資格を剥奪した[18][19]。2014年4月にCAFはモロッコに対し法的措置も辞さないことを確認した[20]。モロッコのモハメド・ウザンアラビア語版スポーツ大臣は、世界保健機関がすべての国の国民を保護する権利を与えているのにもかかわらず、CAFが大会延期を拒否し開催権を剥奪したことを非難した[20]

代替開催地候補のうち、エジプト、ガーナ、スーダンは開催国のオファーを断り[21]2010年大会の開催国アンゴラはアンゴラサッカー連盟のメンバーの一人が、政府がこの大会の開催する予算がなくて立候補できないことを述べた[20]

2014年11月14日、CAFはモロッコに代わり赤道ギニアを開催国にすると発表した[22]

予選大会[編集]

出場国[編集]

出場国・地域 予選 出場回数
 赤道ギニア 開催国 02大会ぶり02回目
 南アフリカ共和国 グループA 1位 02大会連続09回目
 コンゴ共和国 グループA 2位 08大会ぶり07回目
 アルジェリア グループB 1位 02大会連続16回目
 マリ グループB 2位 05大会連続13回目
 ガボン グループC 1位 02大会ぶり05回目
 ブルキナファソ グループC 2位 04大会連続09回目
 カメルーン グループD 1位 03大会ぶり17回目
 コートジボワール グループD 2位 06大会連続20回目
 コンゴ民主共和国 グループD 3位 02大会連続17回目
 ガーナ グループE 1位 06大会連続19回目
 ギニア グループE 2位 02大会ぶり11回目
 カーボベルデ グループF 1位 02大会連続02回目
 ザンビア グループF 2位 06大会連続17回目
 チュニジア グループG 1位 12大会連続17回目
 セネガル グループG 2位 02大会ぶり13回目

競技会場[編集]

マラボバタモンゴモエベビインで実施[14]

バタ マラボ
アフリカネイションズカップ2015の位置(赤道ギニア内)
モンゴモ
モンゴモ
バタ
バタ
マラボ
マラボ
エベビイン
エベビイン
モンゴモ エベビイン
エスタディオ・デ・バタ ヌエボ・エスタディオ・デ・マラボ エスタディオ・デ・モンゴモ英語版 ヌエボ・エスタディオ・デ・エベビインスペイン語版

本大会[編集]

組み合わせ抽選[編集]

組み合わせ抽選会は、2014年12月3日にマラボで実施した[14]。開催国変更前は11月26日に、ラバトで実施予定であった[23]

CAFランキングに基づき、参加16か国を4つのポットに4か国ずつ分けた上で、開催国の赤道ギニアはポット1に配置された[24] ランキングは、2015年大会予選 (成績に応じた点数の2倍)、2013年本大会 (成績に応じた点数の3倍)、2013年大会予選 (成績に応じた点数の2倍)、2012年本大会 (成績に応じた点数の2倍)、2012年大会予選 (成績に応じた点数の0.5倍)、2014 FIFAワールドカップ予選 (成績に応じた点数の0.5倍)の成績を加算して決定した[25]

Pot 1 Pot 2 Pot 3 Pot 4

 赤道ギニア (開催国、A1に割り当て)
 ガーナ (48点)
 コートジボワール (44点)
 ザンビア (41点)

 ブルキナファソ (40点)
 マリ (38点)
 チュニジア (32.5点)
 アルジェリア (28点)

 カーボベルデ (26.5点)
 南アフリカ共和国 (23.5点)
 カメルーン (23.5点)
 ガボン (22点)

 ギニア (19点)
 セネガル (19点)
 コンゴ民主共和国 (18点)
 コンゴ共和国 (13点)

試合日程[編集]

グループリーグ[編集]

試合開始時間は全て西アフリカ時間 (UTC+1)

グループ A[編集]

チーム
出場権または降格
1  コンゴ共和国 3 2 1 0 4 2 +2 7 決勝トーナメントに進出
2  赤道ギニア 3 1 2 0 3 1 +2 5
3  ガボン 3 1 0 2 2 3 −1 3
4  ブルキナファソ 3 0 1 2 1 4 −3 1







グループ B[編集]

チーム
出場権または降格
1  チュニジア 3 1 2 0 4 3 +1 5 決勝トーナメントに進出
2  コンゴ民主共和国 3 0 3 0 2 2 0 3
3  カーボベルデ 3 0 3 0 1 1 0 3
4  ザンビア 3 0 2 1 2 3 −1 2







グループ C[編集]

チーム
出場権または降格
1  ガーナ 3 2 0 1 4 3 +1 6 決勝トーナメントに進出
2  アルジェリア 3 2 0 1 5 2 +3 6
3  セネガル 3 1 1 1 3 4 −1 4
4  南アフリカ共和国 3 0 1 2 3 6 −3 1







グループ D[編集]

チーム
出場権または降格
1  コートジボワール 3 1 2 0 3 2 +1 5 決勝トーナメントに進出
2  ギニア 3 0 3 0 3 3 0 3
2  マリ 3 0 3 0 3 3 0 3
4  カメルーン 3 0 2 1 2 2 0 2
  • ギニアマリが、当該チーム同士による対戦結果、得失点差、総得点で並んだため、抽選が2015年1月29日16時00分(現地時間)より行われ[26]、抽選の結果ギニアがグループD2位として準々決勝進出[27]







決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
1月31日 – バタ        
  コンゴ共和国 2
2月04日 – バタ
  コンゴ民主共和国 4  
  コンゴ民主共和国 1
2月01日 – マラボ
    コートジボワール 3  
  コートジボワール 3
2月08日 – バタ
  アルジェリア 1  
  コートジボワール 0 (9) (PK)
2月01日 – モンゴモ
    ガーナ 0 (8)
  ガーナ 3
2月05日 – マラボ
  ギニア 0  
  ガーナ 3 3位決定戦
1月31日 – エベビイン
    赤道ギニア 0  
  チュニジア 1   コンゴ民主共和国 0 (4) (PK)
  赤道ギニア (AET) 2     赤道ギニア 0 (2)
2月07日 – マラボ

準々決勝[編集]






準決勝[編集]




3位決定戦[編集]

決勝[編集]

コートジボワール
ガーナ
GK 1 ブバカル・バリー
RB 17 セルジュ・オーリエ
CB 21 エリック・バイリー 105+1分に警告 105+1分
CB 4 コロ・トゥーレ
LB 22 ウィルフリード・カノン 87分に警告 87分
RW 15 マックス・グラデル 67分に交代退場 67分
CM 20 セレイ・ディエ 14分に警告 14分
CM 19 ヤヤ・トゥーレ キャプテン
LW 5 シアカ・ティエネ 57分に警告 57分 116分に交代退場 116分
CF 12 ウィルフリード・ボニー
CF 10 ジェルヴィーニョ 120+2分に交代退場 120+2分
サブメンバー
GK 16 シルバン・グボウオ (負傷)
GK 23 サユバ・マンデ
DF 2 ウスマヌ・ヴィエラ
DF 13 ジャン・アクパ・アクプロ
MF 6 シェイク・ドゥクレ
MF 9 シェイク・ティオテ (負傷)
MF 14 イスマエル・ディオマンデ
FW 3 ロジェ・アサレ
FW 7 セイドゥ・ドゥンビア 67分に交代出場 67分
FW 8 サロモン・カルー 116分に交代出場 116分
FW 11 ガジ・タッロ 120+2分に交代出場 120+2分
FW 18 ラシナ・トラオレ
監督
フランスの旗 エルベ・ルナール
CIV-GHA-2015-02-08.png
GK 1 ラザク・ブライマー
RB 23 ハリソン・アッフル
CB 21 ジョン・ボイェ
CB 19 ジョナサン・メンサー
LB 17 ババ・ラーマン
RW 7 クリスティアン・アツ 116分に交代退場 116分
CM 11 ワカソ・ムバラク
CM 6 アフリイェ・アックア
LW 10 アンドレ・アイェウ
CF 3 アサモア・ギャン キャプテン 120+1分に交代退場 120+1分
CF 2 クウェシ・アッピア 99分に交代退場 99分
サブメンバー
GK 16 ファタウ・ダウダ
GK 12 アーネスト・ソワー
DF 4 エドウィン・ギーマー
DF 5 モハメド・アワル
DF 18 ダニエル・アマーティ
MF 8 エマニュエル・アギェマン=バドゥ 120+1分に交代出場 120+1分
MF 13 モハメド・ラビウ
MF 14 ソロモン・アサンテ
FW 9 ジョルダン・アイェウ 99分に交代出場 99分
FW 15 マハトマ・オトー
FW 20 デイヴィッド・アカム
FW 22 フランク・アチェンポン 116分に交代出場 116分
監督
イスラエルの旗 アヴラム・グラント

マン・オブ・ザ・マッチ
アフリイェ・アックア (ガーナ)[28]

副審
ジブリル・カマラ (セネガル)
アリ・ワリード・アーメド (スーダン)
第4審判
ジャニー・シカズウェ (ザンビア)

優勝[編集]

 アフリカネイションズカップ2015優勝国 

コートジボワール
12大会ぶり2回目

表彰[編集]

受賞者 備考
最優秀選手 ガーナの旗 クリスティアン・アツ 準優勝
得点王 チュニジアの旗 アメド・アカイシ
ガーナの旗 アンドレ・アイェウ
赤道ギニアの旗 ハビエル・バルボア
コンゴ共和国の旗 ティエヴィ・ビフマ
コンゴ民主共和国の旗 ディウメルシ・ムボカニ
3得点
フェアプレー選手賞 ガーナの旗 クウェシ・アッピアー
フェアプレーチーム賞  コンゴ民主共和国[29]
ベストイレブン

以下の選手がベストイレブンに選出された[30]

GK DF MF FW
チュニジアの旗 アイメン・マトゥルティ アルジェリアの旗 アイサ・マンディ
コートジボワールの旗 コロ・トゥーレ
ガーナの旗 ジョナサン・メンサー
カメルーンの旗 アンリ・ベディモ
コートジボワールの旗 セレイ・ディエ
コートジボワールの旗 ヤヤ・トゥーレ
南アフリカ共和国の旗 シブシソ・ヴィラカジ
コートジボワールの旗 ジェルヴィーニョ
ガーナの旗 アンドレ・アイェウ
コートジボワールの旗 ウィルフリード・ボニー

脚注[編集]

  1. ^ BFA eyes new stadium to host 2015 AFCON” (英語). Mmegi Online (2010年7月18日). 2013年1月22日閲覧。
  2. ^ Cameroon to host African Cup of Nations?” (英語). global post (2010年9月26日). 2010年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  3. ^ DR Congo name local committee to back 2015 nations cup bid” (英語). Star Africa (2010年8月20日). 2010年10月2日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ Guinea Wants To Host 2015 Africa Cup Of Nations” (英語). goal.com (2010年9月11日). 2013年1月22日閲覧。
  5. ^ Morocco to host African Cup of Nations?” (英語). global post (2010年9月26日). 2010年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  6. ^ SA bids for 2015 Nations Cup” (英語). KickOff Magazine (2010年9月29日). 2010年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  7. ^ Zambia Bids to Host 2015 Africa Cup Of Nations” (英語). Zambian Watchdog (2010年11月5日). 2011年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  8. ^ Zim’s Afcon bid faces SA challenge”. Zimbabwe Independent (2010年9月30日). 2010年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  9. ^ CAN 2015, 2017 bid applications closed” (英語). CAF Online (2010年10月2日). 2010年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  10. ^ Organisation de la Can 2015 : Une commission de la Caf en Rdc le 12 novembre prochain en visite d’inspection” (フランス語). Groupelaviner (2010年10月22日). 2010年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月2日閲覧。
  11. ^ DR Congo withdraws CAN 2015, 2017 bid” (英語). CAF Online (2010年11月15日). 2010年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  12. ^ AFCON 2015 and 2017/ Morocco: CAF for inspection in Casablanca”. Star Africa (2010年11月10日). 2010年12月2日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ ネイションズカップの開催国変更へ、モロッコは出場資格も剥奪”. AFPBB (2014年11月11日). 2014年11月12日閲覧。
  14. ^ a b c EQUATORIAL GUINEA DESIGNATED HOST COUNTRY OF ORANGE AFCON 2015” (英語). CAF (2014年11月14日). 2014年11月15日閲覧。
  15. ^ Ebola outbreak: Postpone Africa Cup of Nations, say hosts Morocco” (英語). BBC Sport (2014年10月10日). 2014年12月5日閲覧。
  16. ^ CAF maintains Orange AFCON 2015 from January 17 to February 8” (英語). Confederation of African Football (2014年11月3日). 2014年12月5日閲覧。
  17. ^ “2015 Nations Cup: Morocco fails to meet deadline” (英語). BBC Sport. (2014年11月8日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/29974194 2014年12月5日閲覧。 
  18. ^ CAF acknowledges Morocco's refusal to host ORANGE AFCON 2015 from January 17 to February 8” (英語). CAF (2014年11月11日). 2014年12月5日閲覧。
  19. ^ “2015 Nations Cup: Caf confirms Morocco will not host finals” (英語). BBC Sport. (2014年11月11日). http://www.bbc.com/sport/0/football/30004279 2014年11月11日閲覧。 
  20. ^ a b c “Africa Cup of Nations: Caf to reveal hosts in two to three days”. BBC Sport. (2014年11月12日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/30022158 2014年12月5日閲覧。 
  21. ^ “Sports minister says Ghana won't host African Cup” (英語). USA Today. (2014年11月10日). http://www.usatoday.com/story/sports/soccer/2014/11/10/sports-minister-says-ghana-wont-host-african-cup/18798711/ 2014年12月5日閲覧。 
  22. ^ 2015 Nations Cup: Equatorial Guinea to host tournament” (英語). BBC Sport. BBC (2014年11月14日). 2014年12月5日閲覧。
  23. ^ Final tournamnet to run from 17th January to 8th February; semi-finals separated” (英語). cafonline.com (2014年4月26日). 2014年12月5日閲覧。
  24. ^ Orange AFCON 2015: Procedure for the draw” (英語). CAF (2014年12月1日). 2014年12月5日閲覧。
  25. ^ Orange African Cup of Nations 2015 – Equatorial Guinea Official Draw on December 3rd 2014 Draw Procedures and Seeded Teams”. CAF. 2014年12月5日閲覧。
  26. ^ PROCEDURE FOR THE DRAW BETWEEN MALI AND GUINEA” (英語). アフリカサッカー連盟 (2015年1月28日). 2015年1月29日閲覧。
  27. ^ GUINEA TO FACE GHANA IN QUARTER FINAL” (英語). アフリカサッカー連盟 (2015年1月29日). 2015年1月30日閲覧。
  28. ^ Orange AFCON 2015 Awards and Best XI”. CAF (2015年2月12日). 2015年4月8日閲覧。
  29. ^ ATSU, AYEW WIN MVP AND TOP SCORER AWARDS” (英語). CAFonline.com (2015年2月8日). 2015年2月9日閲覧。
  30. ^ Aïssa Mandi dans l’équipe-type de la CAN 2015” (フランス語). tsa-algerie.com (2015年2月9日). 2015年2月10日閲覧。