2015年のサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この項目では、2015年のサッカー界の動きについてまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

1日
11日
12日
18日
31日

2月[編集]

1日
  • Jリーグ】 公認ファンサイトJ's Goalを公式ウェブサイトと統合、Jリーグ.jpが発足[5]、旧J's Goalは日本時間同日0時をもって全データへのアクセスが不可となる[6]
3日
6日
8日
  • 【CAF】2015年アフリカネイションズカップ決勝が行われ、コートジボワールの旗 コートジボワールが、ガーナの旗 ガーナを0-0から、PK戦の末9-8で下し12大会ぶり2回目の優勝[10]
28日

3月[編集]

12日
19日(現地時間)

4月[編集]

7日
  • Jリーグ】 規律委員会、同月3日に開催されたJ1リーグ第4節鹿島アントラーズサガン鳥栖戦において、鹿島の金崎夢生を鳥栖のキム・ミンヒョクが故意に踏みつけたとして鹿島側が同委員会に処分を申し立てた件について「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当し、試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」と判断、キムに直近の公式戦4試合(J1リーグ2試合、ナビスコカップ2試合)の出場停止処分を下す[12]
14日
24日
  • 【Jリーグ】J3所属のガイナーレ鳥取が、約1700万円の債務超過状態である事を明らかにし、翌年のJ2ライセンス申請を断念した事を発表[13]

5月[編集]

1日
13日
29日

6月[編集]

1日
2日
  • 【FIFA】FIFAのゼップ・ブラッター会長が緊急記者会見を開き、次期会長を選ぶ臨時総会を開いた後に辞任すると表明[18]
6日(現地時間)
7日
20日

7月[編集]

4日(現地時間)
5日(現地時間)
10日
20日
21日
24日
26日(現地時間)

8月[編集]

1日
5日
27日

9月[編集]

12日
15日
27日

10月[編集]

8日
  • 【Jリーグ】 規律委員会は同月4日に開催されたJ3リーグ第32節のレノファ山口SC相模原において、山口の黒木恭平を相模原の森勇介が右肘を振り上げて過剰な力で顔を強く打ったとして、「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当。また6月14日に行われたJ3リーグ第16節のグルージャ盛岡対SC相模原でも森は「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」を短期間にしていたことにより、2試合の出場停止処分を受けていたため、今回の行為を繰り返しと判断して6試合の出場停止処分したことを発表。これにより森は2015年のリーグ戦残り6試合を出場停止[38]
10日
14日
  • 【なでしこジャパン】日本サッカー協会はサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督との契約を更新したことを発表。これにより、佐々木の監督続投が決定[39]
17日
24日
25日
  • 【なでしこリーグ】なでしこリーグ2部第26節でAC長野パルセイロ・レディース愛媛FCレディースに6-0で勝利して、なでしこリーグ2部優勝と大原学園JaSRA女子サッカークラブ時代の2007年以来8年ぶり、AC長野パルセイロ・レディースとしては初となる来季のなでしこリーグ1部昇格が確定。同時にノジマステラ神奈川相模原の2位も確定し、なでしこリーグ1部9位チームとの入れ替え戦進出が確定[42]
29日
  • 【JFL】SP京都FCが2015年シーズンをもってをJFLから退会することを発表[43]
31日

11月[編集]

3日
7日
  • 【Jリーグ】J1・2ndステージ第16節で松本山雅FCがヴィッセル神戸に1-2で敗れた事により年間16位以下が確定し、J1昇格からわずか1年でJ2降格が決定[47]
8日
12日
  • 【日本代表】日本サッカー協会とアディダスジャパンは、日本代表の新ユニホームを発表[50]
    • ホームのユニホームの特徴は、これまでの青から濃紺に近い色のベースカラーと前面胸部にピッチで戦う11人を表現した11本の異なる青色のボーダーで「11の個の力」をデザイン面で表現した。中央に12人目のサポーターを表す赤のラインを配置した。このラインは、なでしこジャパンはピンク、フットサル日本代表では黄色になる。アウェー用は白を基調とし、ダイヤモンドの輝きをイメージした淡い青の模様を配置したデザインで、選手の輝く個性を表現。またGK用は、グレーを基調としたデザインとなる。
14日
15日
  • 【JFL】JFL・2ndステージ第15節で1位ソニー仙台FCが栃木ウーヴァFCに2-1で勝利して、2ndステージ1位でJFLチャンピオンシップの出場権を獲得[52]
17日
18日
  • 【Jリーグ】コンサドーレ札幌は、創立20周年を迎えるにあたり、2016年からチーム名ならびに運営会社の社名の変更とホームタウンを追加することを発表。なお、これを受けクラブエンブレム・ロゴマークも変更[56]
    • 運営会社の社名は来年1月1日に「株式会社北海道フットボールクラブ」から「株式会社コンサドーレ」に、チーム名は来年2月1日に「コンサドーレ札幌」から「北海道コンサドーレ札幌」へとそれぞれ変更。なお、チーム名の略称は「札幌」のまま。ホームタウンはこれまでの「札幌市」から「札幌市を中心とする北海道全域」とする。
19日
  • 【Jリーグ】この日行われたJFA理事会で、J3リーグ所属のJリーグ・アンダー22選抜が2015年シーズンをもって活動終了することが正式に決定[57]
22日
  • 【Jリーグ】
    • J1・2ndステージ第17節でサンフレッチェ広島湘南ベルマーレに5-0で勝利して、サンフレッチェ広島の2ndステージ優勝が決定。また年間勝ち点も74となり、年間順位も1位となることも確定[58] 。また、この試合でサンフレッチェ広島の佐藤寿人がJ1通算157ゴール目を決め、元日本代表中山雅史(アスルクラロ沼津)が持っていたJ1歴代最多得点記録に並んだ[59]
    • 同じくJ1・2ndステージ第17節で、3位・FC東京と4位・ガンバ大阪のJリーグチャンピオンシップ(CS)出場権争いで、ガンバ大阪はモンテディオ山形に4-0で勝利。一方のFC東京はサガン鳥栖との対戦で0-0のスコアレスドローに終わる。これにより、勝ち点でFC東京とガンバ大阪の年間順位が逆転し、年間3位になったガンバ大阪がJリーグチャンピオンシップ出場権を獲得[60][61]
23日
28日
  • 【J1・チャンピオンシップ】 Jリーグの年間王者を決めるチャンピオンシップの準決勝が行われ、第1ステージ優勝で年間2位の浦和レッズと、年間3位のガンバ大阪がレッズのホームの埼玉スタジアムで対戦。3-1でガンバがレッズに延長戦の末勝利。ガンバは、第2ステージ優勝で年間1位のサンフレッチェ広島と対戦する決勝に進出。[65]
29日

12月[編集]

2日
5日
  • 【JFLチャンピオンシップ】第17回JFLチャンピオンシップ・ソニー仙台FC VS ヴァンラーレ八戸の第2戦(ユアテックスタジアム仙台)が行われ、ソニー仙台が90分で1-0で勝利し、2戦合計で1-1となり延長戦に入ったものの決着が付かずPK戦の末、ソニー仙台が5-4で勝利して、JFL初優勝[71]
  • 【J1・チャンピオンシップ】J1チャンピオンシップ決勝の第2戦・サンフレッチェ広島VSガンバ大阪エディオンスタジアム広島)が行われ、1-1のドローに終わるも、第1戦の得点を合計し4-3で広島の総合優勝が決定[72]
6日
  • 【J2・J3入れ替え戦】 J2・J3入れ替え戦は、第2戦(大分銀行ドーム)が行われJ3の2位・FC町田ゼルビアがJ2の21位・大分トリニータを1-0で破り、第1戦との総得点で3-1となり、町田の4年ぶりJ2復帰が決定。一方、大分は初のJ3降格。なお、J1在籍経験チームでJ3降格したのは大分が初[73]
  • 【J1昇格プレーオフ】 J1昇格プレーオフ決勝(ヤンマースタジアム長居)3位・アビスパ福岡VS4位・セレッソ大阪は、1-1の引き分けとなり3位・福岡の5年ぶりとなるJ1昇格が決定[74]
12日
  • 【なでしこリーグ】なでしこリーグ1部・2部入れ替え戦第2戦で1部9位のスペランツァFC大阪高槻は2部2位のノジマステラ神奈川相模原と0-0の引き分けで第1戦も2-2の引き分けで二試合合計も2-2だったが、アウェーゴールの差でスペランツァFC大阪高槻の1部残留が決定[75]
15日
  • 【Jリーグ】 この日行われたJリーグ理事会で、FC東京・ガンバ大阪・セレッソ大阪のU-23チームのJ3参加が決定[76]
16日
19日
20日
27日

国内リーグ・カップ戦優勝クラブ[編集]

ヨーロッパ[編集]

南米[編集]

北中米カリブ海[編集]

アフリカ[編集]

アジア[編集]

クラブチームによる国際大会[編集]

OFCチャンピオンズリーグ2014-15
CONCACAFチャンピオンズリーグ2014-15
UEFA女子チャンピオンズリーグ2014-15
UEFAヨーロッパリーグ 2014-15
UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15
コパ・リベルタドーレス2015
2015 UEFAスーパーカップ
スルガ銀行チャンピオンシップ2015
AFCカップ2015
CAFチャンピオンズリーグ2015
AFCチャンピオンズリーグ2015
コパ・スダメリカーナ2015
FIFAクラブワールドカップ2015

ナショナルチームによる国際大会[編集]

AFCアジアカップ2015
アフリカネイションズカップ2015
コパ・アメリカ2015
2015 CONCACAFゴールドカップ
東アジアカップ2015

年代別代表[編集]

2015 FIFA U-20ワールドカップ
2015 FIFA U-17ワールドカップ

女子[編集]

アルガルヴェ・カップ2015
2015 FIFA女子ワールドカップ
女子東アジアカップ2015
AFC U-19女子選手権2015
AFC U-16女子選手権2015

ビーチサッカー[編集]

2015 FIFAビーチサッカーワールドカップ

日本[編集]

クラブチームによる国内大会[編集]

男子中心[編集]

FUJI XEROX SUPER CUP2015

第51回全国社会人サッカー選手権大会

ヤマザキナビスコカップ

Jリーグ

第39回全国地域サッカーリーグ決勝大会

第17回日本フットボールリーグ

女子[編集]


第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

2015 日本女子サッカーリーグ

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

学生・ユースクラブ[編集]


第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会

第93回全国高等学校サッカー選手権大会

第23回全日本大学女子サッカー選手権大会

第39回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会

平成27年度全国高等学校総合体育大会

第39回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント

第23回Jリーグユース選手権大会

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015チャンピオンシップ

第64回全日本大学サッカー選手権大会

日本男子代表[編集]

日本女子代表[編集]

死去[編集]

カッコ内は生年

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日テレ 5大会ぶり皇后杯制した!田中が祖父母に贈るV弾 ―- スポニチ Sponichi Annex サッカー(2015年1月1日)
  2. ^ 日ノ本学園、史上初の2年連続2冠!負傷のGK木付、PK止める ― スポニチ Sponichi Annex サッカー(2015年1月11日)
  3. ^ 星稜、創部48年目で悲願の初優勝!指揮官不在乗り越えた ― スポニチ Sponichi Annex サッカー(2015年1月12日)
  4. ^ 豪州、延長激闘制し初開催初V!韓国“執念”の土壇場同点弾及ばず ―スポニチ Sponichi Annex サッカー(2015年1月31日)
  5. ^ “2月1日(日)、Jリーグ新サイト誕生” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年1月23日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00006282.html 2015年1月24日閲覧。 
  6. ^ “公認ファンサイト『J’s GOAL』はなぜ消えたのか?”. THE PAGE (Wordleaf Corporation). (2015年3月5日). http://thepage.jp/detail/20150302-00000001-wordleafs 2015年3月5日閲覧。 
  7. ^ “日本協会 アギーレ監督を解任「日本で仕事ができたことは幸せでした」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015-02- 03). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/02/03/kiji/K20150203009745240.html 2015年2月3日閲覧。 
  8. ^ モロッコ、アフリカ選手権2大会出場停止 スポーツ報知 2015年2月7日閲覧
  9. ^ “MOROCCO FINED, BANNED FROM TWO AFCON TOURNAMENTS [モロッコに罰金およびAFCON2大会出場停止]” (英語). Confédération Africaine de Football. (2015年2月6日). http://www.cafonline.com/en-US/NewsCenter/News/NewsDetails?id=8OD0yxG%2fy9dts7Ih8e%2fJqA%3d%3d 2015年2月7日閲覧。 
  10. ^ PK戦を制したコートジボワール、2度目のアフリカ王者に輝く - 2015年2月9日マイナビニュース
  11. ^ G大阪が宇佐美らのゴールで優勝 - 2015年2月28日 日刊スポーツ
  12. ^ “踏みつけ行為の鳥栖DFキム・ミンヒョクは4試合(Jリーグ2試合、ナビスコ2試合)の出場停止に”. ゲキサカ (講談社). (2015年4月7日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?160466-160466-fl 2015年4月7日閲覧。 
  13. ^ “弊クラブの経営状況に関する記者会見を行いました” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2015年4月24日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/29057/ 2015年5月2日閲覧。 
  14. ^ 佐久間悟GM 監督就任のお知らせ - 2015年5月13日 ヴァンフォーレ甲府公式サイト
  15. ^ FIFAのブラッター会長、再選が決定…最後には対立候補も辞退し5期目 - 2015年5月30日 SoccerKing 
  16. ^ 田坂和昭監督 解任のお知らせ - 2015年6月1日 大分トリニータ公式サイト
  17. ^ 大分トリニータ 監督人事について - 2015年7月2日 大分トリニータ公式サイト
  18. ^ ブラッター会長辞任表明 臨時総会で新会長選出へ - 2015年6月3日 日刊スポーツ
  19. ^ 第17回JFL 1st-S第15節ファーストステージ1位はヴァンラーレ八戸 - 2015年6月7日日本フットボールリーグ
  20. ^ 柱谷 哲二監督 解任のお知らせ - 2015年6月7日水戸ホーリーホック公式サイト
  21. ^ 水戸ホーリーホック 監督人事について - 2015年6月27日 水戸ホーリーホック公式サイト
  22. ^ 浦和、16戦無敗で第1ステージ優勝! 後半途中から10人で神戸と1-1 - 2015年6月20日 SANSPO.COM
  23. ^ 和田 昌裕監督 解任のお知らせ - 2015年7月10日京都サンガF.C.公式サイト
  24. ^ 石丸 清隆ヘッドコーチ 監督就任のお知らせ - 2015年7月10日京都サンガF.C.公式サイト
  25. ^ 阪倉裕二監督の辞任について - 2015年7月20日栃木SC公式サイト
  26. ^ 倉田安治 新監督就任のお知らせ - 2015年7月21栃木SC公式サイト
  27. ^ トニーニョ セレーゾ監督 解任について - 2015年7月21日鹿島アントラーズ公式サイト
  28. ^ 石井正忠コーチの新監督就任について - 2015年7月21日鹿島アントラーズ公式サイト
  29. ^ コンサドーレ札幌 監督交代のお知らせ - 2015年7月24日コンサドーレ札幌公式サイト
  30. ^ 大榎克己監督 辞任のお知らせ - 2015年8月1日 清水エスパルス公式サイト
  31. ^ 田坂和昭 トップチーム監督就任のお知らせ - 2015年8月11日 清水エスパルス公式サイト
  32. ^ 美濃部直彦監督辞任のお知らせ - 2015年8月5日 AC長野パルセイロ公式サイト
  33. ^ 衛藤元ヘッドコーチ 監督就任のお知らせと就任コメント - 2015年8月5日 AC長野パルセイロ公式サイト
  34. ^ 監督交代およびヘッドコーチ契約解除のお知らせ - 2015年8月27日 カターレ富山公式サイト
  35. ^ ミロシュ ルス監督辞任について - 2015年9月15日 横浜FC公式サイト
  36. ^ 中田仁司強化育成テクニカルダイレクター 監督就任のお知らせ - 2015年9月15日 横浜FC公式サイト
  37. ^ 【なでしこL】日テレ逆転V!INACドローで“タイトル”獲得 - 2015年9月28日 スポーツ報知
  38. ^ J3相模原MF森勇介が6試合の出場停止処分…一足先に今季終了 - 2015年10月8日 サッカーキング
  39. ^ なでしこ佐々木監督の続投が決定
  40. ^ “王国”清水ついに陥落…敗戦から4時間半後、新潟快勝で初のJ2降格決定 - 2015年10月17日 スポーツニッポン
  41. ^ 山形のJ2降格が決定、4年ぶりJ1もここまでわずか4勝…1年で逆戻り - 2015年10月24日 サッカーキング
  42. ^ AC長野が6発大勝でなでしこ2部初優勝決める…ノジマは入れ替え戦出場 - 2015年10月25日 サッカーキング
  43. ^ JFLの退会について - 2015年10月29日 SP京都FC公式サイト
  44. ^ 【サマリー:ヤマザキナビスコカップ決勝】セットプレーを活かした鹿島が3年ぶり6回目の優勝を飾る - 2015年10月31日 Jリーグ公式サイト
  45. ^ 2015プレナスなでしこリーグ1部 日テレ・ベレーザ 優勝決定のお知らせ - 2015年10月31日 日本女子サッカーリーグ
  46. ^ 辛島監督退任および松原新監督就任のお知らせ - 2015年11月3日 SC相模原公式サイト
  47. ^ 松本ガックリ…1年でJ2降格、神戸に先制も後半終盤に逆転負け - 2015年11月7日 スポーツニッポン
  48. ^ 【JFL】ゴン加入の沼津、J3昇格条件の年間4位以内届かず - 2015年11月8日スポーツ報知
  49. ^ 日テレ、INACとスコアレスドロー なでしこL最終節 - 2015年11月8日スポーツニッポン
  50. ^ SAMURAI BLUE(日本代表) 新ユニフォームを発表
  51. ^ 大宮J1復帰&優勝 大分に2点差も逆転勝ち J2 - 2015年11月14日 日刊スポーツ
  52. ^ セカンドステージ1位はソニー仙台! - 2015年11月15日日本フットボールリーグ
  53. ^ Jリーグ入会審査(J3)結果について - 2015年11月17日 Jリーグ
  54. ^ パウロ アウトゥオリ監督および ジルヴァンフィジカルコーチの契約について - 2015年11月17日 セレッソ大阪
  55. ^ 大熊 清監督就任のお知らせ - 2015年11月17日 セレッソ大阪
  56. ^ 株式会社北海道フットボールクラブ(コンサドーレ札幌) 社名・チーム名変更及びホームタウン追加のお知らせ
  57. ^ 2015年度JFA第10回理事会を開催 - 2015年11月17日 日本サッカー協会
  58. ^ 広島“第2S&年間1位”ダブルV!5発4連勝、歴代最多勝ち点で花添えた - 2015年11月22日 スポーツニッポン
  59. ^ 寿人に並ばれた48歳ゴン「追いつかれただけ」「引き離す」
  60. ^ G大阪が逆転でチャンピオンシップ出場決定…5分間で怒涛の4発大勝
  61. ^ FC東京、無念のスコアレス…年間4位後退でチャンピオンシップ出場権を逃す
  62. ^ a b 磐田、3年ぶりJ1昇格! 伊野波に続いて小林決めた、天国に捧げる決勝弾 - 2015年11月23日 スポーツニッポン
  63. ^ 栃木SC、最終戦も黒星 来季はJ3への自動降格確定 - 2015年11月23日 下野新聞
  64. ^ 山口がJ2初昇格!ロスタイムに劇的同点弾 町田は入れ替え戦へ - 2015年11月23日 スポーツニッポン
  65. ^ Jリーグ・チャンピオンシップ準決勝、G大阪が勝ち決勝へ
  66. ^ 町田VS大分の試合結果
  67. ^ “最強の3位”福岡が長崎下して5年ぶりJ1復帰に王手!
  68. ^ J2降格からちょうど1年…愛媛とスコアレスドローもC大阪が1年でのJ1復帰へ王手!
  69. ^ 第17回JFLチャンピオンシップ第1戦 ヴァンラーレ八戸が1-0で先勝!
  70. ^ 【サマリー:決勝 第1戦】アウェイの広島が執念の逆転劇で先勝 MOMは広島の柏に
  71. ^ ソニー仙台、PK戦制し初優勝 JFLチャンピオンシップ - 2015年12月5日 スポーツニッポン
  72. ^ 広島が日本一!!森保監督 就任4年で3度目Vに“若松流”絶叫 - 2015年12月6日 スポーツニッポン
  73. ^ 町田 4季ぶりJ2復帰 大分はJ1からわずか2年でJ3降格 - 2015年12月6日 スポーツニッポン
  74. ^ 福岡“3位の呪い”打ち破った!ドローで5年ぶりJ1復帰 C大阪無念 - 2015年12月6日 スポーツニッポン
  75. ^ 経営難の大阪高槻、1部残留決定!アウェー得点で辛くも上回る - 2015年12月12日 スポーツニッポン
  76. ^ 2016明治安田生命J3リーグへ参加するU-23チームが決定! - 2015年12月15日 Jリーグ
  77. ^ 澤穂希選手 現役引退のお知らせ - 2015年12月16日 INAC神戸レオネッサ
  78. ^ “大学選手権 呉屋不在も関係なし!関学大が阪南大に4発圧勝、初優勝で4冠達成!!”. ゲキサカ. (2015年12月19日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?178988-178988-fl 2015年12月19日閲覧。 
  79. ^ メッシ“神の左”で世界一弾!バルサの史上最多3度目V導く - 2015年12月21日スポニチ
  80. ^ “最強3位”だ!広島 アジア王者に2発逆転勝ち - 2015年12月21日スポニチ
  81. ^ 澤穂希が現役最後の試合で決勝ゴール 涙見せず - 2015年12月27日 日刊スポーツ
  82. ^ 地元・豪州がアジア杯初制覇!!韓国は55年ぶりVならず- ゲキサカ(2015年1月31日)
  83. ^  G大阪が8年ぶりにゼロックス杯制覇! 宇佐美が決勝ゴール - SANSPO.COM(2015年2月28日)