2006年のサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2006年 | 2006年のスポーツ

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

6月[編集]

  • 6月9日(日本時間10日)- FIFAワールドカップ ドイツ大会ドイツコスタリカで開幕、ドイツが4-2で快勝。
  • 6月12日 - FIFAワールドカップ ドイツ大会、日本代表のグループリーグ初戦、オーストラリア戦が行われ、前半に中村俊輔セルティックFC)のゴールで先制するものの、終了間際に逆転され1-3で敗れる。
  • 6月18日 - FIFAワールドカップ ドイツ大会、日本代表のグループリーグ2戦目、クロアチア戦が行われ、0-0の引き分けに終わったが、日本は自国開催を除けばワールドカップで初の勝ち点1を獲得。
  • 6月22日(日本時間23日)- FIFAワールドカップ ドイツ大会、日本代表のグループリーグ最終戦、ブラジル戦が行われ、玉田圭司名古屋)のゴールで先制するものの1-4で敗れ、2大会連続の決勝トーナメント進出は果たせなかった。
  • 6月23日(日本時間24日)- FIFAワールドカップ ドイツ大会のグループリーグが終了。アジア勢は全滅。

7月[編集]

9月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

国内リーグ・カップ戦優勝クラブ[編集]

ヨーロッパ[編集]

南米[編集]

北中米カリブ海[編集]

アジア[編集]

クラブチームによる国際大会[編集]

決勝・第1戦:4月12日 メキシコの旗 デポルティーボ・トルーカFC 0 - 0 メキシコの旗 クラブ・アメリカ
決勝・第2戦:4月19日 メキシコの旗 クラブ・アメリカ 2 - 1 メキシコの旗 デポルティーボ・トルーカFC
決勝・第1戦:8月9日 ブラジルの旗 サンパウロFC 1 - 2 ブラジルの旗 SCインテルナシオナル
決勝・第2戦:8月16日 ブラジルの旗 SCインテルナシオナル 2 - 2 ブラジルの旗 サンパウロFC
決勝・第1戦:11月1日 韓国の旗 全北現代モータース 2 - 0 シリアの旗 アル・カラーマSC
決勝・第2戦:11月8日 シリアの旗 アル・カラーマSC 2 - 1 韓国の旗 全北現代モータース
決勝・第1戦:10月29日 エジプトの旗 アル・アハリ 1 - 1 チュニジアの旗 CSスファクシアン
決勝・第2戦:11月11日 チュニジアの旗 CSスファクシアン 0 - 1 エジプトの旗 アル・アハリ

ナショナルチームによる国際大会[編集]

決勝:2月10日 エジプトの旗 エジプト 0 (PK4-2) 0 コートジボワールの旗 コートジボワール カイロ国際スタジアム

(以上4カ国は共同開催国のため予選免除)

決勝:7月9日 イタリアの旗 イタリア 1 (PK5-3) 1 フランスの旗 フランス ベルリン・オリンピアシュタディオン

日本[編集]

クラブチームによる国内大会[編集]

  • 浦和はJリーグ発足後初、前身の三菱重工時代を含めても25年ぶり5度目の天皇杯制覇
  • 千葉は2年連続2回目の優勝、同大会の連覇は1992-94年のヴェルディ川崎以来、2チーム目。

女子[編集]

学生・ユースクラブ[編集]

クラブチームによる国際大会[編集]

日本代表[編集]

なでしこジャパン[編集]

死去[編集]

カッコ内は生年

関連項目[編集]