タイ・プレミアリーグ2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・プレミアリーグ  > タイ・プレミアリーグ2015
2015年のスポーツ  > 2015年のサッカー  > タイ・プレミアリーグ2015
タイ・プレミアリーグ
シーズン 2015
優勝 ブリーラム・ユナイテッド
(5回目)
降格 ポート
TOT
ACL 2016出場 ブリーラム・ユナイテッド
ムアントン・ユナイテッド
チョンブリー
得点王 ジオゴ (33得点)
2014
2016

タイ・プレミアリーグ2015は、1996-97シーズンに創設されてから19シーズン目のタイ・プレミアリーグタイ王国サッカー1部リーグ)である。2015年2月13日から2015年12月13日まで実施された[1]。大会名はスポンサーであるトヨタ自動車の名を冠し、トヨタ・タイ・プレミアリーグ2015タイ語: โตโยต้า ไทย พรีเมียร์ ลีก 2558, 英語: Toyota Thai Premier League 2015)である(タイでは仏滅紀元2558年=西暦2015年)。

概要[編集]

2014シーズンは、ブリーラム・ユナイテッドが2連覇を達成し、ムアントン・ユナイテッドを抜いてプレミアリーグ最多優勝回数を4回に更新した。プレミアリーグ16位のポリス・ユナイテッド、17位のPTTラヨーン、18位のソンクラー・ユナイテッド、19位のエアフォース・セントラル、20位のサムットソンクラームの5チームはディヴィジョン1リーグに降格した。

代わりに、ディヴィジョン1リーグ優勝のナコーンラーチャシーマー、2位のサラブリー、3位のネイビーの3チームが2015シーズンのプレミアリーグに昇格する。ナコーンラーチャシーマーとサラブリーは初昇格、ネイビーは4シーズンぶりの復帰となる。

2015シーズンの所属チーム数は昨シーズンの20から18に削減された。18チームがホーム・アンド・アウェー方式による2回戦総当たり戦(各チーム34試合)を実施して順位を決定する。優勝チームはAFCチャンピオンズリーグ2016・グループステージ出場権、2位とFAカップ優勝チームは同予選2回戦出場権を獲得する。下位3チームはディヴィジョン1リーグに自動降格する。

2016シーズンのプレミアリーグ所属クラブに関する混乱[編集]

当初のレギュレーションでは、2015シーズンのプレミアリーグ下位3チームがディヴィジョン1リーグに降格し、ディヴィジョン1リーグの上位3チームがプレミアリーグに昇格することになっていた。しかし、シーズン終了後にプレミアリーグのチーム数を18から20に増やす案が議論された[2]。この案は否定されたが[3]、2016年2月に財政問題を抱えるサラブリーがプレミアリーグから撤退したため、16位のBECテロ・サーサナのプレミアリーグ残留が決定した[4]

BECテロ・サーサナはプレミアリーグ創設時のメンバーの中で唯一プレミアリーグに所属し続けていたが、2015シーズンは降格圏の16位に終わっていた。

2015年シーズンの所属クラブ[編集]

チーム名 所在地 ホームスタジアム 前年成績
アーミー・ユナイテッド バンコク タイ・アーミー・スポーツ・スタジアム TPL 09位
バンコク・グラス パトゥムターニー県 レオ・スタジアム TPL 10位
バンコク・ユナイテッド バンコク タイ・ジャパニーズ・スタジアム TPL 08位
BECテロ・サーサナ バンコク 72周年記念スタジアム TPL 03位
ブリーラム・ユナイテッド ブリーラム県 ニュー・アイモバイル・スタジアム TPL 01位
チャイナート・ホーンビル チャイナート県 チャイナート・スタジアム TPL 14位
チェンライ・ユナイテッド チエンラーイ県 チェンライ・ユナイテッド・スタジアム TPL 07位
チョンブリー チョンブリー県 チョンブリー・スタジアム TPL 02位
ムアントン・ユナイテッド ノンタブリー県 SCGスタジアム TPL 05位
ナコーンラーチャシーマー ナコーンラーチャシーマー県 80th Birthday Stadium DIV1 1位
ネイビー チョンブリー県 サッタヒープ・ネイビー・スタジアム DIV1 3位
オーソットサパー・M-150・サムットプラーカーン[注1] サムットプラーカーン県 Mパワー・スタジアム TPL 11位
ポート[注2] バンコク PATスタジアム TPL 13位
ラーチャブリー ラーチャブリー県 ラーチャブリー・スタジアム TPL 04位
サラブリー サラブリー県 サラブリー・スタジアム DIV1 2位
シーサケート シーサケート県 シー・ナコーン・ラムドゥアン・スタジアム TPL 12位
スパンブリー スパンブリー県 スパンブリー県立競技場 TPL 06位
TOT バンコク TOTスタジアム・チェン・ワッタナー TPL 15位
注釈
  1. ^ オーソットサパー・M-150・サムットプラーカーン: オーソットサパー・M-150・サラブリーは所在地をサラブリー県からバンコクテパサディン・スタジアム)に移転した。その後、サムットプラーカーン県(Mパワー・スタジアム)に移転した。
  2. ^ ポート: シンタールアはポートに改称した。

外国人選手[編集]

各チーム5人までの外国人選手の雇用が認められている。試合に出場できるのは最大で4人までであり、5人目の枠はアジアサッカー連盟に所属する協会の国籍を有する者のみが対象となっている。

クラブ 選手1 選手2 選手3 選手4 アジア枠 中途退団
アーミー・ユナイテッドFC ブラジルの旗 アレックス・アゼレド ブラジルの旗 ボッティ 日本の旗 平野甲斐 スロバキアの旗 ズデンコ・カプラリク シンガポールの旗 ハッサン・サニー ナミビアの旗 タンゲニ・シパフ
オランダの旗 メルヴィン・デ・レーウ
バンコク・グラスFC 日本の旗 大久保剛志 北マケドニア共和国の旗 ダルコ・タセフスキ スペインの旗 アリダネ・サンタナ スペインの旗 トッティ オーストラリアの旗 マット・スミス ナミビアの旗 ラザルス・カインビ
バンコク・ユナイテッドFC ブラジルの旗 レアンドロ・タトゥ フランスの旗 ロメン・ガスミ マリ共和国の旗 カリファ・シセ モンテネグロの旗 ドラガン・ボスコヴィッチ バーレーンの旗 ジェイシー・ジョン ジンバブエの旗 マイク・テムワンジェラ
BECテロ・サーサナFC コートジボワールの旗 フォデ・ディアキテ モンテネグロの旗 イヴァン・ボスコヴィッチ ウクライナの旗 ドミトリー・ゴルブシン インドネシアの旗 グレッグ・ンウォコロ ガーナの旗 ギルバート・コームソン
ブリーラム・ユナイテッドFC ブラジルの旗 ジオゴ ブラジルの旗 ジウベルト・マセナ ベネズエラの旗 アンドレス・トゥニェス 大韓民国の旗 高瑟基 ニュージーランドの旗 ヴィンセント・ケイン
チャイナートFC ブラジルの旗 アレックス・メイオリーノ フランスの旗 ミカエル・ムルシ 大韓民国の旗 曺泰根 日本の旗 櫛田一斗 グアムの旗 ブランドン・マクドナルド
チェンライ・ユナイテッドFC ブラジルの旗 アブレウ ブラジルの旗 レナン・マルケス ブラジルの旗 レナチーニョ 日本の旗 杉本恵太 日本の旗 村上一樹
チョンブリーFC ブラジルの旗 アンデルソン ブラジルの旗 ジュリアーノ・ミネイロ ブラジルの旗 レアンドロ 東ティモールの旗 チアゴ・クーニャ 大韓民国の旗 曺秉局
ムアントン・ユナイテッドFC ブラジルの旗 クレイトン・シウバ 北マケドニア共和国の旗 マリオ・ジュロヴスキー 大韓民国の旗 金東進 日本の旗 青山直晃
ナコーンラーチャシーマーFC イングランドの旗 リー・タック ドイツの旗 ビョルン・リンデマン ガーナの旗 ドミニク・アディアー ザンビアの旗 ノア・チヴタ 日本の旗 長野聡
サイアム・ネイビーFC ブラジルの旗 カレカ ブラジルの旗 ヴィトール・ジュニオール カメルーンの旗 デービッド・バイア パラグアイの旗 アンゲロ・マチュカ 日本の旗 ディビッドソン純マーカス オーストラリアの旗 マイケル・ツヴェツコヴスキ
ホンジュラスの旗 ヘオルギー・ウェルコメ
オーソットサパー・サラブリーFC ブラジルの旗 アディソン・アウヴェス ブラジルの旗 ジェフェルソン ブラジルの旗 レアンドロ コートジボワールの旗 アントニー・ムラ インドネシアの旗 ヴィクター・イグボネフォ 東ティモールの旗 ディオゴ・ランゲウ
タイ・ポートFC ニュージーランドの旗 ヴィンセント・ケイン 大韓民国の旗 李虎 スペインの旗 ダビド・ロチェラ スペインの旗 ゴルカ・ウンカ 日本の旗 猿田浩得 オーストラリアの旗 ブレント・マックグラス
コートジボワールの旗 アリ・ディアッラ
ラーチャブリーFC ブラジルの旗 ワンデル・ルイス コートジボワールの旗 アンリ・ジョエル 東ティモールの旗 ヘベルチ 日本の旗 永里源気 ブラジルの旗 ブルーノ・ロペス
フランスの旗 フラヴィアン・ミチェリーニ
コートジボワールの旗 アンディ・キーオ
サラブリーFC コートジボワールの旗 ベルナール・アンリ コートジボワールの旗 ビレーム・デュ ナミビアの旗 サドニー・ウリコーブ スイスの旗 ダミアン・ベロン 大韓民国の旗 戴民柱 マダガスカルの旗 ガイ・フベルト
シーサケートFC ブラジルの旗 ヴィクトル・アマロ ブルガリアの旗 リューベン・ニコロフ ナイジェリアの旗 アデフォラリン・ドゥロシンミ ナイジェリアの旗 オジミ・ガブリエル・オバトラ イランの旗 モフセン・バヤティニア ブルガリアの旗 ゲラシム・ザコフ
スパンブリーFC ブラジルの旗 アンドレ・ルイス ブラジルの旗 マルシオ・ロサリオ 大韓民国の旗 李承煕 スペインの旗 カルメロ・ゴンサレス インドネシアの旗 セルジオ・ファン・ダイク
TOT SC ブラジルの旗 カイハメ イングランドの旗 バ・サヴェージ オランダの旗 ルシアーノ・ドンピグ 大韓民国の旗 李俊基 日本の旗 河村崇大

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 ブリーラム・ユナイテッド (C) (Q) 34 25 9 0 98 24 +74 84 AFCチャンピオンズリーグ 2016グループステージに出場
2 SCGムアントン・ユナイテッド (Q) 34 21 8 5 81 35 +46 71 AFCチャンピオンズリーグ 2016予選2回戦に出場
3 スパンブリー 34 16 11 7 60 39 +21 59
4 チョンブリー (Q) 34 15 12 7 62 44 +18 0572 AFCチャンピオンズリーグ 2016予選2回戦に出場 1
5 バンコク・ユナイテッド 34 16 9 9 59 47 +12 0572
6 バンコク・グラス 34 15 11 8 47 38 +9 56
7 ラーチャブリー・ミトポン 34 17 4 13 48 50 −2 55
8 ナコーンラーチャシーマー・マツダ 34 13 10 11 37 43 −6 49
9 チェンライ・ユナイテッド 34 12 8 14 42 57 −15 44
10 アーミー・ユナイテッド 34 11 8 15 43 47 −4 41
11 オーソットサパー・M-150・サムットプラーカーン 34 10 9 15 40 54 −14 39
12 チャイナート・ホーンビル 34 9 10 15 42 53 −11 37
13 シーサケート 34 9 9 16 30 47 −17 36
14 サラブリー 34 8 11 15 41 56 −15 0352 撤退
15 ネイビー 34 10 5 19 42 65 −23 0352
16 BECテロ・サーサナ 34 7 14 13 42 51 −9 0352
17 ポート (R) 34 10 3 21 31 49 −18 33 ディヴィジョン1リーグ 2016へ降格
18 TOT (R) 34 3 7 24 25 71 −46 16

最終更新は2015年12月13日の試合終了時
出典: TPL公式サイト
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 リーグ優勝のブリーラム・ユナイテッドと2位のムアントン・ユナイテッドFAカップ決勝に進出したため、3位のスパンブリーAFCチャンピオンズリーグ2016予選2回戦の出場権を獲得したが、クラブライセンス要件を満たさないとして出場を認められず、代わって4位のチョンブリーが出場する[5]
2 順位は当該チーム間の対戦成績による(CHO 1-0 BKU, BKU 1-1 CHO / SAR 2-1 NAV, SAR 2-1 BEC, NAV 2-0 SAR, NAV 2-2 BEC, BEC 1-1 SAR, BEC 0-0 NAV)。

戦績表[編集]

ホーム \ アウェー1 ARM BKG BKU BEC BRU CHA CRU CHO MTU NAK NAV OSO POR RAT SAR SIS SUP TOT
アーミー・ユナイテッド 0 – 1 1 – 1 1 – 1 1 – 4 1 – 1 5 – 1 1 – 2 2 – 1 0 – 1 1 – 0 1 – 3 1 – 0 3 – 1 4 – 2 1 – 1 0 – 3 0 – 1
バンコク・グラス 3 – 3 1 – 0 5 – 0 1 – 3 3 – 0 3 – 2 2 – 2 0 – 0 3 – 1 4 – 1 1 – 1 2 – 1 1 – 0 1 – 0 3 – 2 2 – 2 2 – 1
バンコク・ユナイテッド 2 – 1 2 – 0 3 – 1 0 – 3 1 – 3 0 – 1 1 – 1 3 – 5 3 – 0 5 – 1 1 – 0 2 – 0 0 – 0 4 – 2 2 – 0 4 – 3 6 – 0
BECテロ・サーサナ 0 – 2 1 – 1 0 – 1 1 – 1 1 – 1 1 – 1 1 – 2 1 – 1 1 – 2 0 – 0 1 – 1 2 – 0 4 – 1 1 – 1 1 – 1 0 – 1 2 – 0
ブリーラム・ユナイテッド 0 – 0 0 – 0 6 – 1 3 – 3 7 – 0 6 – 0 1 – 1 2 – 2 4 – 0 3 – 0 2 – 1 2 – 0 5 – 0 6 – 0 1 – 0 1 – 0 5 – 0
チャイナート 0 – 2 1 – 1 1 – 2 1 – 1 1 – 3 2 – 1 1 – 5 0 – 1 1 – 1 0 – 0 2 – 0 1 – 0 4 – 1 1 – 1 1 – 2 1 – 2 1 – 1
チェンライ・ユナイテッド 0 – 0 1 – 2 2 – 2 0 – 5 0 – 1 1 – 0 1 – 1 1 – 2 4 – 2 2 – 4 2 – 1 0 – 0 4 – 0 1 – 0 3 – 0 3 – 2 2 – 1
チョンブリー 3 – 2 2 – 2 1 – 0 2 – 2 1 – 2 2 – 2 4 – 0 2 – 1 2 – 2 2 – 0 2 – 0 4 – 1 2 – 1 0 – 3 1 – 1 2 – 2 4 – 0
ムアントン・ユナイテッド 2 – 0 5 – 0 1 – 1 1 – 2 1 – 1 2 – 3 4 – 1 4 – 2 2 – 2 7 – 0 2 – 1 1 – 0 3 – 0 2 – 0 1 – 0 2 – 2 3 – 0
ナコーンラーチャシーマー 4 – 3 1 – 0 1 – 2 1 – 0 1 – 1 2 – 1 0 – 0 1 – 0 0 – 1 2 – 1 2 – 0 0 – 0 2 – 2 1 – 1 1 – 0 1 – 0 2 – 1
ネイビー 2 – 1 0 – 1 2 – 2 2 – 2 1 – 3 0 – 4 1 – 2 1 – 2 1 – 4 2 – 0 0 – 1 1 – 0 0 – 3 2 – 0 3 – 2 1 – 1 4 – 0
オーソットサパー 2 – 0 1 – 0 2 – 4 2 – 3 3 – 6 0 – 2 0 – 0 1 – 0 1 – 5 2 – 1 2 – 1 1 – 0 0 – 2 2 – 2 0 – 0 1 – 1 2 – 1
ポート 0 – 2 0 – 1 1 – 2 2 – 1 1 – 5 1 – 0 2 – 1 3 – 1 1 – 2 1 – 2 1 – 0 3 – 2 0 – 1 2 – 1 3 – 1 0 – 2 2 – 0
ラーチャブリー 2 – 0 1 – 0 4 – 0 1 – 0 1 – 2 1 – 1 0 – 1 3 – 1 0 – 4 1 – 1 1 – 0 3 – 2 1 – 0 3 – 2 5 – 1 1 – 2 1 – 0
サラブリー 2 – 1 2 – 0 0 – 0 2 – 1 1 – 2 3 – 2 1 – 1 1 – 3 2 – 4 2 – 0 2 – 1 0 – 0 2 – 2 1 – 2 0 – 0 1 – 3 1 – 1
シーサケート 0 – 0 0 – 0 1 – 0 2 – 0 0 – 1 2 – 1 1 – 0 1 – 1 1 – 3 1 – 0 2 – 4 1 – 1 2 – 1 0 – 1 1 – 0 2 – 5 1 – 0
スパンブリー 0 – 1 0 – 0 1 – 1 5 – 0 2 – 2 1 – 0 3 – 1 0 – 0 2 – 1 1 – 0 2 – 4 2 – 2 2 – 1 2 – 0 0 – 1 2 – 1 2 – 0
TOT 1 – 2 2 – 1 1 – 1 1 – 2 0 – 4 1 – 2 1 – 2 0 – 2 1 – 1 0 – 0 1 – 2 1 – 2 1 – 2 2 – 4 2 – 2 1 – 0 2 – 2

最終更新は2015年12月13日の試合終了時
出典: TPL公式サイト
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

得点ランキング[編集]

順位 選手 所属 得点
1 ブラジルの旗 ジオゴ ブリーラム・ユナイテッド
33
2 ブラジルの旗 クレイトン・シウバ ムアントン・ユナイテッド
25
3 ブラジルの旗 ジウベルト・マセナ ブリーラム・ユナイテッド
21
4 北マケドニア共和国の旗 マリオ・ジュロヴスキー ムアントン・ユナイテッド
20
5 ブラジルの旗東ティモールの旗 チアゴ・クーニャ チョンブリー
19
ブラジルの旗東ティモールの旗 ヘベルチ ラーチャブリー
7 ブラジルの旗 アレックス・メイオリーノ チャイナート
17
8 インドネシアの旗 セルジオ・ファン・ダイク スパンブリー 14
9 モンテネグロの旗 ドラガン・ボスコヴィッチ バンコク・ユナイテッド
13
タイ王国の旗 ジャックラパン・ポーンサイ スパンブリー
ナイジェリアの旗 アデフォラリン・ドゥロシンミ シーサケート
12 ブラジルの旗 ロドリゴ・ヴィルジリオ ネイビー
12
スペインの旗ブラジルの旗 アディソン・アウヴェス オーソットサパー
14 タイ王国の旗 ティーラシン・デーンダー ムアントン・ユナイテッド
11
タイ王国の旗 チャンナナン・ポームバファ ムアントン・ユナイテッド
16 ブラジルの旗 レアンドロ・アスンソン チョンブリー
10
タイ王国の旗 アディサク・クライソーン BECテロ・サーサナ
ブラジルの旗 レナン・マルケス チェンライ・ユナイテッド

最終更新は2015年12月13日の試合終了時
出典[6]

国内カップ戦[編集]

コー・ロイヤルカップ[編集]

2015年のコー・ロイヤルカップ(タイ・スーパーカップ)は2014シーズンのタイ・プレミアリーグで優勝したブリーラム・ユナイテッドタイFAカップで優勝したバンコク・グラスが対戦した。ブリーラム・ユナイテッドが2013年の初優勝から3連覇を達成した。

タイ・リーグカップ[編集]

2015シーズンのタイ・リーグカップブリーラム・ユナイテッドが2013シーズン以来となる通算4回目の優勝を果たした。ブリーラム・ユナイテッドはトヨタプレミアカップ2015およびメコンクラブチャンピオンシップ2015の出場権を獲得した。[7]

準決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ポリス・ユナイテッド 0 – 1[8] シーサケート 0 – 1 0 – 0
ブリーラム・ユナイテッド 5 – 4[9] アーミー・ユナイテッド 3 – 2 2 – 2

決勝[編集]

タイFAカップ[編集]

2015シーズンのタイFAカップブリーラム・ユナイテッドが2013シーズン以来となる通算4回目の優勝を果たした。ブリーラム・ユナイテッドはコー・ロイヤルカップタイ・リーグカップタイ・プレミアリーグに続くタイトル獲得となり、国内タイトルを独占する4冠を達成した。国内4冠は2013シーズンに続いて2回目となる。

準決勝[編集]

チーム #1 スコア チーム #2
ブリーラム・ユナイテッド 2 – 0[10][11] チャイナート・ホーンビル
ムアントン・ユナイテッド 2 – 1[12][13] アーミー・ユナイテッド

決勝[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TPL Calendar 2015 (pdf)”. TPL公式サイト. 2015年2月11日閲覧。
  2. ^ TPL expansion greeted with protests”. Bangkok Post (2016年1月7日). 2016年3月2日閲覧。(英語)
  3. ^ 18-team TPL approved as BEC demoted”. Bangkok Post (2016年2月2日). 2016年3月2日閲覧。(英語)
  4. ^ Saraburi out, BEC Tero back in top league”. Bangkok Post (2016年2月5日). 2016年3月2日閲覧。(英語)
  5. ^ ด่วน! "สุพรรณ" แห้ว เอเอฟซีให้สิทธิ์ "ฉลาม" เล่นถ้วยเอเชีย”. MGRSport (2015年12月15日). 2015年12月22日閲覧。
  6. ^ TPL Scorers”. Thai Premier League. 2015年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月9日閲覧。(タイ語)
  7. ^ โกซุล-กิซัดชัย!ปราสาทเฉือนกูปรี1-0ซิวแชมป์โตโยต้าลีกคัพ”. siamsport (2015年11月21日). 2015年11月26日閲覧。(タイ語)
  8. ^ กูปรีลิ่วชิง!เสมอโปลิศ0-0รวม2นัดเฮ1-0”. siamsport (2015年10月21日). 2015年11月26日閲覧。(タイ語)
  9. ^ อาร์มี่เจ๊าปราสาท2-2รวม2นัดบุรีรัมย์ลิ่วชิง5-4”. siamsport (2015年10月21日). 2015年11月26日閲覧。(タイ語)
  10. ^ ตูเนซเบิ้ล!ปราสาททุบชัยนาท2-0ทะลุชิงดำกับกิเลน”. siamsport (2015年12月2日). 2015年12月3日閲覧。(タイ語)
  11. ^ ตูเญซเบิ้ล!บุรีรัมย์อัดชัยนาท2-0ลิ่วชิงช้างเอฟเอคัพ”. Goal.com (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。(タイ語)
  12. ^ เทพมุ้ยฮีโร่!กิเลนเฉือนอาร์มี่ 2-1 ลิ่วเข้าชิง”. siamsport (2015年12月2日). 2015年12月3日閲覧。(タイ語)
  13. ^ ธีรศิลป์ผีจับยัด! กิเลนงับอาร์มี 2-1 ลิ่วชิงช้างเอฟเอ”. Goal.com (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。(タイ語)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]