タイ・プレミアリーグ2011

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・プレミアリーグ
シーズン 2011
優勝 ブリーラムPEA(2回目)
降格 サイアム・ネイビー
シーラーチャー
コーンケン
ACL 2012出場 ブリーラムPEA
チョンブリー
得点王 カメルーンの旗 フランク・オハンザ
(19得点)
2010
2012

タイ・プレミアリーグ2011は、1996-97シーズンに創設されてから15シーズン目のタイ・プレミアリーグである。大会名はスポンサー・タイ・プレミアリーグタイ語: สปอนเซอร์ ไทย พรีเมียร์ ลีก, 英語: Sponsor Thai Premier League)。

概要[編集]

2011年シーズンは、昨年のタイ・ディヴィジョン1リーグの上位3チームが昇格した。コーンケンチェンライ・ユナイテッドは初昇格、シーラーチャーは2シーズンぶりのプレミアリーグ復帰となった。

ブリーラムPEAが3シーズンぶり通算2回目の優勝を果たした。ブリーラムPEAはAFCチャンピオンズリーグ2012のグループリーグ出場権、2位のチョンブリーは予選プレーオフ出場権を獲得した。サイアム・ネイビーシーラーチャーコーンケンはディヴィジョン1リーグへ降格する。

ブリーラムPEAフランク・オハンザが19得点で得点王に輝いた。

所属チーム(2011年シーズン)[編集]

チーム 場所 ホームスタジアム
ムアントン・ユナイテッド ノンタブリー県 ヤマハスタジアム
ブリーラムPEA ブリーラム県 アイモバイル・スタジアム(前半戦)
ニュー・アイモバイル・スタジアム(後半戦)
チョンブリー チョンブリー県 チョンブリー・スタジアム
タイ・ポート バンコク PATスタジアム
バンコク・グラス パトゥムターニー県 レオ・スタジアム
パタヤ・ユナイテッド チョンブリー県 IPEチョンブリー・スタジアム
オーソットサパー・サラブリー サラブリー県 サラブリー・スタジアム
サムットソンクラーム サムットソンクラーム県 サムットソンクラーム・スタジアム
BECテロ・サーサナ バンコク テパサディン・スタジアム
サイアム・ネイビー1 チョンブリー県 IPEチョンブリー・スタジアム(前半戦)
サッタヒープ・ネイビー・スタジアム(後半戦)
ポリス・ユナイテッド パトゥムターニー県 タマサート・スタジアム
TOT2 ノンタブリー県 ヤマハスタジアム(前半戦)
バンコク TOTスタジアム・チェン・ワッタナー(後半戦)
タイ・アーミー・スポーツ・スタジアム3
TTMピチット ピチット県 ピチット・スタジアム
シーサケート シーサケート県 シー・ナコーン・ラムドゥアン・スタジアム
アーミー・ユナイテッド バンコク タイ・アーミー・スポーツ・スタジアム
シーラーチャー チョンブリー県 スズキ・スタジアム
コーンケン コーンケン県 コーンケン・スタジアム
チェンライ・ユナイテッド チエンラーイ県 タイコム・スタジアム
  • 2010年シーズンの成績順。

チーム名の変更[編集]

1 Rajnavy Rayong FCは、クラブの所有権紛争の後、サイアム・ネイビーFCに変更された。
2 TOT-CAT FCは、TOT(タイ電話公社)とCAT(タイ通信公社)によるクラブの所有権紛争[1]の後、TOT SCに変更された。

ホームスタジアムの変更[編集]

3 前半戦に1試合のみ使用。

順位表[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 ブリーラムPEA (C) 34 26 7 1 64 15 +49 85 AFCチャンピオンズリーグ2012・グループリーグ
2 チョンブリー 34 20 9 5 60 30 +30 69 AFCチャンピオンズリーグ2012・予選プレーオフ1
3 ムアントン・ユナイテッド 34 17 9 8 54 32 +22 60
4 パタヤ・ユナイテッド 34 14 11 9 38 27 +11 53 PAT 2-1 BKG
BKG 0-0 PAT
5 バンコク・グラス 34 15 8 11 55 41 +14 53
6 オーソットサパー・サラブリー 34 12 15 7 47 32 +15 51
7 タイ・ポート 34 12 9 13 33 37 -4 45 THP 3-2 BEC
BEC 0-0 THP
8 BECテロ・サーサナ 34 13 6 15 39 35 +4 45
9 ポリス・ユナイテッド 34 11 11 12 36 40 -4 44 POL 2-1 CRU
CRU 1-2 POL
10 チェンライ・ユナイテッド 34 11 11 12 47 52 -5 44
11 TTMピチット 34 12 7 15 38 54 -16 43
12 シーサケート 34 9 12 13 33 39 -6 39 SIS 2-1 ARM
ARM 1-1 SIS
13 アーミー・ユナイテッド 34 10 9 15 39 40 -1 39
14 TOT 34 11 4 19 29 55 -26 37
15 サムットソンクラーム 34 8 12 14 31 45 -14 36
16 サイアム・ネイビー 34 9 6 19 28 52 -24 33 ディヴィジョン1リーグ降格
17 シーラーチャー 34 7 11 16 33 43 -10 32
18 コーンケン 34 6 9 19 33 68 -35 27

1 ブリーラムPEAタイFAカップ2011で優勝したことによる繰り上げ出場。

得点ランキング[編集]

順位 選手 チーム 得点
1 カメルーンの旗 フランク・オハンザ ブリーラムPEA 19
2 ブラジルの旗 レアンドロ・ドス・サントス・オリヴェイラ(Leandro Dos Santos Oliveira) アーミー・ユナイテッド 18
タイ王国の旗 Wasan Natasan チェンライ・ユナイテッド
'4 タイ王国の旗 ピポブ・オンモ チョンブリー 15
タイ王国の旗 Ronnachai Rangsiyo BECテロ・サーサナ
タイ王国の旗 サラーユット・チャイカムディー(Sarayoot Chaikamdee) バンコク・グラス
7 日本の旗 猿田浩得 バンコク・グラス 13
タイ王国の旗 ティーラシン・デーンダー ムアントン・ユナイテッド
9 大韓民国の旗 Kim Joo-Yong TTMピチット 11
10 ブラジルの旗 アロン・ムニス・テイシェイラ・ダ・シウヴァ(Aron Muniz Teixeira Da Silva) シーラーチャー 10
ブラジルの旗 クレイトン・アウグスト・オリヴェイラ・シウヴァ(Cleiton Augusto Oliveira Silva) オーソットサパー・サラブリー
コートジボワールの旗 モハメド・コネMohamed Koné TOT
タイ王国の旗 スチャオ・ヌットヌム ブリーラムPEA

ハットトリック[編集]

選手 チーム 対戦相手 達成日
大韓民国の旗 Yeon Gi-Sung TTMピチット チェンライ・ユナイテッド 2011年2月13日
タイ王国の旗 Apipoo Suntornpanavej オーソットサパー・サラブリー サイアム・ネイビー 2011年4月30日
ブラジルの旗 ネイ・ファビアーノ・デ・オリヴェイラ(Ney Fabiano de Oliveira) チョンブリー コーンケン 2011年5月14日
カメルーンの旗 フランク・オハンザ ブリーラムPEA サムットソンクラーム 2011年5月22日
TTMピチット4 2011年11月20日
タイ王国の旗 サラーユット・チャイカムディー バンコク・グラス ポリス・ユナイテッド 2011年5月29日
タイ王国の旗 ティーラシン・デーンダー ムアントン・ユナイテッド バンコク・グラス 2011年8月10日
タイ王国の旗 Ronnachai Rangsiyo BECテロ・サーサナ TTMピチット 2011年8月27日
タイ王国の旗 Kritsada Kemdem オーソットサパー・サラブリー TOT 2011年9月24日
大韓民国の旗 Kim Joo-Yong TTMピチット TOT 2011年12月17日
タイ王国の旗 Chatree Chimtalay バンコク・グラス コーンケン 2011年12月24日
ブラジルの旗 アロン・ダ・シウヴァ シーラーチャー タイ・ポート 2011年12月31日

4 1試合4得点。

表彰[編集]

FAカップ[編集]

タイFAカップ2011は、2012年1月11日にスパチャラサイ国立競技場で開催され、ブリーラムPEAが決勝でムアントン・ユナイテッドに1-0で勝利した。ブリーラムPEAはタイ・プレミアリーグ優勝でAFCチャンピオンズリーグ2012のグループリーグ出場権を獲得しているため、プレミアリーグ2位のチョンブリーが繰り上がりで同・予選プレーオフ出場権を獲得した。

2012年1月11日
19:00 UTC+7
ムアントン・ユナイテッド 0 – 1 (延長戦) ブリーラムPEA
脚注 アチェンポン 108分にゴール 108分

コー・ロイヤルカップ[編集]

コー・ロイヤルカップ2012は、2012年3月11日にスパチャラサイ国立競技場で開催され、プレミアリーグ2位のチョンブリーがプレミアリーグとFAカップの二冠を達成したブリーラム・ユナイテッド(ブリーラムPEAから変更)に2-2(PK 4-3)で勝利した。

2012年3月11日
チョンブリー 2 – 2 (PK 4-3) ブリーラム・ユナイテッド
アドゥール 45+分にゴール 45+分
Takam 90+分にゴール 90+分
テーラトン 31分にゴール 31分
アチェンポン 33分にゴール 33分

タイ・リーグカップ[編集]

タイ・リーグカップ2011は、2012年2月4日に開催され、ブリーラムPEAが決勝でタイ・ポートに2-0で勝利した。ブリーラムPEAはトヨタプレミアカップ2011出場権を獲得した。

トヨタプレミアカップ[編集]

トヨタプレミアカップ2011は、2012年2月18日にスパチャラサイ国立競技場で開催され、タイ・リーグカップ優勝のブリーラムPEAJリーグベガルタ仙台に1-1(PK 4-2)で勝利した。

タイ・ディヴィジョン1リーグ[編集]

タイ・ディヴィジョン1リーグ2011は、ブリーラムが優勝した。ブリーラム、2位のチャイナート、3位のBBCUは来シーズンのプレミアリーグに昇格する。

TPLオールスターサッカー[編集]

2011年7月24日、タイ・プレミアリーグオールスターサッカーチームは、イングランド・プレミアリーグチェルシーと対戦した。TPLオールスターは0-4で敗れた。

2011年7月24日
TPLオールスター 0 – 4 イングランドの旗 チェルシー
脚注 ランパード 38分にゴール 38分
ボシングワ 50分にゴール 50分
イヴァノヴィッチ 52分にゴール 52分
マルダ 73分にゴール 73分

脚注[編集]

  1. ^ 河村 崇大 / TOT SC (タイプレミアリーグ)”. ASEAN FOOTBALL Link (2014年11月8日). 2014年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]