タイ・プレミアリーグ2006

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・プレミアリーグ
シーズン 2006
優勝 バンコク・ユニバーシティ(1回目)
ACL 2007出場 バンコク・ユニバーシティ
AFC 2007出場 オーソットサパー
得点王 タイ王国の旗 ピパット・トンカンヤー
(12得点)
2004-05
2007

タイ・プレミアリーグ2006は、1996-97シーズンに創設されてから10シーズン目のタイ・プレミアリーグである。大会名はタイランド・プレミアリーグタイ語: ไทยแลนด์ พรีเมียร์ ลีก, 英語: Thailand Premier League)。

概要[編集]

2006年シーズンは、昨年のタイ・ディヴィジョン1リーグの上位2チームに加えて、プレミアリーグとは別の全国トップリーグだったプロフェッショナル・リーグ(プロ・リーグ)からも上位2チームが昇格した。2004-05年シーズンから2チーム増え、4シーズンぶりに12チームで争われる。2006年シーズンは下部リーグへの降格は行われない。タイ・ホンダは初昇格、ロイヤル・タイ・アーミーは6シーズンぶりのプレミアリーグ復帰となった。プロ・リーグからは、チョンブリースパンブリーが共に初昇格する。

バンコク・ユニバーシティが初優勝を果たした。バンコク・ユニバーシティはAFCチャンピオンズリーグ2007、2位のオーソットサパーAFCカップ2007出場権を獲得した。

BECテロ・サーサナピパット・トンカンヤーが12得点で得点王に輝いた。年間最優秀選手にはバンコク・ユニバーシティのPunnarat Klinsukon、同最優秀監督にはバンコク・ユニバーシティのSomchai Subphermが選出された。

所属チーム(2006年シーズン)[編集]

順位表[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 バンコク・ユニバーシティ (C) 22 11 6 5 25 17 +8 39 AFCチャンピオンズリーグ2007
2 オーソットサパー 22 10 8 4 35 20 +15 38 AFCカップ20071
3 BECテロ・サーサナ 22 9 9 4 32 14 +18 36
4 タイ・タバコ・モノポリー 22 9 8 5 30 24 +6 35
5 バンコク・バンク 22 10 4 8 26 28 -2 34
6 ロイヤル・タイ・アーミー 22 7 9 6 31 38 -7 30
7 ポート・オーソリティ・オブ・タイランド 22 7 7 8 21 28 -7 28
8 チョンブリー 22 5 12 5 29 28 +1 27
9 クルン・タイ・バンク 22 5 10 7 22 26 -4 25
10 プロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティ 22 6 4 12 23 32 -9 22
11 タイ・ホンダ 22 4 9 9 23 26 -3 21
12 スパンブリー 22 4 4 14 18 34 -16 16

1 2006年にオーストラリアAFCに加盟し、ACL2枠を与えられたため、タイベトナムの出場枠はACL2枠からACL1枠、AFCカップ1枠に削減された。

表彰[編集]

コー・ロイヤルカップ[編集]

コー・ロイヤルカップ2006-07は、プレミアリーグ2位のオーソットサパーが同優勝のバンコク・ユニバーシティに2-1で勝利した。

タイ・ディヴィジョン1リーグ[編集]

タイ・ディヴィジョン1リーグ2005-06は、ロイヤル・タイ・ポリスが優勝した。ロイヤル・タイ・ポリス、2位のロイヤル・タイ・ネイビーは来シーズンのプレミアリーグに昇格する。

プロヴィンシャル・リーグ[編集]

プロフェッショナル・リーグ2006は、TOTが優勝した。TOT、3位のナコーンパトムは来シーズンのプレミアリーグに昇格する。2位のポート・オーソリティ・オブ・タイランドIIは、プレミアリーグ所属のポート・オーソリティ・オブ・タイランドのリザーブチームであるため、昇格資格を持たない。

脚注[編集]

外部リンク[編集]