タイ・プレミアリーグ2004-05

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・プレミアリーグ
シーズン 2004-05
優勝 タイ・タバコ・モノポリー(1回目)
降格 TOT
ロイヤル・タイ・ネイビー
ACL 2006出場 タイ・タバコ・モノポリー
プロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティ
ASEAN CC 2005出場 タイ・タバコ・モノポリー
得点王 タイ王国の旗 Supakit Jinajai
タイ王国の旗 サラーユット・チャイカムディー
(10得点)
2003-04
2006

タイ・プレミアリーグ2004-05は、1996-97シーズンに創設されてから9シーズン目のタイ・プレミアリーグである。大会名はタイ・リーグタイ語: ไทย ลีก, 英語: Thai League)。

概要[編集]

2004-05年シーズンは、昨年のタイ・ディヴィジョン1リーグの上位2チームが昇格した。プロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティは初昇格、TOTは2シーズンぶりのプレミアリーグ復帰となった。

タイ・タバコ・モノポリーが初優勝を果たした。タイ・タバコ・モノポリー、2位のプロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティAFCチャンピオンズリーグ2006出場権を獲得した。タイ・タバコ・モノポリーは東南アジアクラブ選手権2005出場権も獲得した。TOTプロフェッショナル・リーグロイヤル・タイ・ネイビーはディヴィジョン1リーグへ降格する。

プロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティのSupakit Jinajaiとポート・オーソリティ・オブ・タイランドサラーユット・チャイカムディーが10得点で得点王に輝いた。サラーユットは2シーズンぶり通算2回目の得点王。年間最優秀選手にはタイ・タバコ・モノポリージョゼ・カルロス・ダ・シウヴァ、同最優秀監督にはタイ・タバコ・モノポリーのJosé Alves Berwisが選出された。

所属チーム(2004-05年シーズン)[編集]

順位表[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 タイ・タバコ・モノポリー (C) 18 9 7 2 26 11 +15 34 AFCチャンピオンズリーグ20061
東南アジアクラブ選手権2005
2 プロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティ 18 9 5 4 23 19 +4 32 AFCチャンピオンズリーグ20061
PEA 4-2 OSO
3 オーソットサパー 18 9 5 4 34 20 +14 32
4 ポート・オーソリティ・オブ・タイランド 18 7 5 6 26 27 -1 26
5 クルン・タイ・バンク 18 6 7 5 24 22 +2 25 KTB 5-4 BEC
6 BECテロ・サーサナ 18 6 7 5 19 18 +1 25
7 バンコク・ユニバーシティ 18 5 7 6 16 21 -5 22
8 バンコク・バンク 18 5 5 8 25 28 -3 20 TPL・DIV1入れ替え戦2
9 TOT 18 3 7 8 20 25 -5 16 ディヴィジョン1リーグ降格3
10 ロイヤル・タイ・ネイビー 18 3 1 14 11 33 -22 10

1 両チームともに書類申請の遅れにより失格。
2 バンコク・バンクプレミアリーグ残留。詳細不明。
3 TOTタイ・ディヴィジョン1リーグへは降格せず、プロフェッショナル・リーグ2006に加入した。

表彰[編集]

コー・ロイヤルカップ[編集]

コー・ロイヤルカップ2005-06は、プレミアリーグ優勝のタイ・タバコ・モノポリーが同2位のプロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティに4-1で勝利した。

タイ・ディヴィジョン1リーグ[編集]

タイ・ディヴィジョン1リーグ2004-05は、ロイヤル・タイ・アーミーが優勝した。ロイヤル・タイ・アーミー、2位のタイ・ホンダは来シーズンのプレミアリーグに昇格する。

プロヴィンシャル・リーグ[編集]

プロフェッショナル・リーグ2005は、チョンブリーが優勝した。チョンブリー、2位のスパンブリーは来シーズンのプレミアリーグに昇格する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]