タイ・プレミアリーグ1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・プレミアリーグ
シーズン 1999
優勝 ロイヤル・タイ・エアフォース(2回目)
降格 ロイヤル・タイ・アーミー
バンコク・バンク・オブ・コマース
ACC 2000-01出場 ロイヤル・タイ・エアフォース
AWC 2000-01出場 BECテロ・サーサナ
得点王 タイ王国の旗 スティー・スックソムギット
(13得点)
1998
2000

タイ・プレミアリーグ1999は、1996-97シーズンに創設されてから4シーズン目のタイ・プレミアリーグである。スポンサーであるカルテックスの名を冠し、大会名はカルテックス・プレミアリーグタイ語: คาลเท็กซ์ พรีเมียร์ ลีก, 英語: Caltex Premier League)。

概要[編集]

1999年シーズンは、昨年のタイ・ディヴィジョン1リーグの優勝チームが昇格した。バンコク・バンク・オブ・コマースプレミアリーグ初昇格となった。

ロイヤル・タイ・エアフォースが2シーズンぶり通算2回目の優勝を果たした。ロイヤル・タイ・エアフォースはアジアクラブ選手権2000-01出場権、BECテロ・サーサナアジアカップウィナーズカップ2000-01出場権を獲得した。ロイヤル・タイ・アーミー、バンコク・バンク・オブ・コマースの2チームはディヴィジョン1リーグへ降格する。

タイ・ファーマーズ・バンクスティー・スックソムギットが13得点で得点王に輝いた。年間最優秀監督にはロイヤル・タイ・エアフォースピヤポン・ピウオンが選出された。ピヤポン・ピウオンは2シーズンぶり通算2回目の年間最優秀監督賞受賞。

所属チーム(1999年シーズン)[編集]

順位表[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 ロイヤル・タイ・エアフォース (C) 22 11 6 5 43 27 +161 392 アジアクラブ選手権2000-01
2 ポート・オーソリティ・オブ・タイランド 22 12 3 7 31 16 +15 392
3 BECテロ・サーサナ 22 11 6 5 35 23 +12 392 アジアカップウィナーズカップ2000-013
4 オーソットサパー 22 10 9 3 32 21 +11 392
5 TOT 22 11 5 6 26 20 +6 38
6 タイ・ファーマーズ・バンク 22 8 8 6 37 31 +6 32
7 シンタナ 22 9 3 10 30 30 0 30
8 バンコク・バンク4 22 7 7 8 22 21 +1 28
9 バンコク・メトロポリタン・アドミニストレーション 22 7 5 10 24 28 -4 26
10 クルン・タイ・バンク 22 5 10 7 28 32 -4 25
11 ロイヤル・タイ・アーミー 22 7 4 11 25 30 -5 25 TPL・DIV1入れ替え戦
12 バンコク・バンク・オブ・コマース 22 0 2 20 11 65 -54 2 ディヴィジョン1リーグ降格

1 最終第22節に降格が決まっていたバンコク・バンク・オブ・コマース相手に10-0で大勝し、ポート・オーソリティ・オブ・タイランドを得失点差で上回り優勝した。タイサッカー協会は、この試合結果について調査を行った。
2 順位は得失点差による。
3 経緯不明。
4 タイFAカップ1999優勝。

TPL・DIV1入れ替え戦[編集]

11位のロイヤル・タイ・アーミータイ・ディヴィジョン1リーグ2位のロイヤル・タイ・ネイビーが対戦した。ロイヤル・タイ・アーミーはディヴィジョン1リーグに降格し、ロイヤル・タイ・ネイビーはタイ・プレミアリーグに昇格する。

チーム1 結果 チーム2
ロイヤル・タイ・アーミー 0 - 1 ロイヤル・タイ・ネイビー

表彰[編集]

FAカップ[編集]

タイFAカップ1999は、バンコク・バンクが決勝でオーソットサパーに2-1で勝利した。

コー・ロイヤルカップ[編集]

コー・ロイヤルカップ1999は、プレミアリーグ優勝のロイヤル・タイ・エアフォースが同2位のポート・オーソリティ・オブ・タイランドに勝利した。

タイ・ディヴィジョン1リーグ[編集]

タイ・ディヴィジョン1リーグ1999-2000は、ロイヤル・タイ・ポリスが優勝した。2位のロイヤル・タイ・ネイビーはTPL・DIV1入れ替え戦でロイヤル・タイ・アーミーに1-0で勝利した。ロイヤル・タイ・ポリス、ロイヤル・タイ・ネイビーは来シーズンのプレミアリーグに昇格する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]