フランツ・ファン・バルコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランツ・ファン・バルコム Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Frans van Balkom
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1939-10-23) 1939年10月23日
出身地 オランダの旗 リンブルフ州 ケルクラーデ
没年月日 (2015-09-02) 2015年9月2日(75歳没)
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
オランダの旗 ラピドJC
監督歴
1973-1975 日本の旗 読売クラブ
1976-1977 香港の旗 香港代表
1978 イランの旗 シャフバズ
1979-1980 インドネシアの旗 NIACミトラインドネシア語版
1979 香港の旗 インドネシア代表
1984 サウジアラビアの旗 アル・ナフダ(サウジアラビア)英語版
1995-1997 日本の旗 アルビレオ新潟FC/アルビレックス新潟
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランツ・ファン・バルコムオランダ語:Frans van Balkom、1939年10月23日 - 2015年9月2日)は、オランダサッカー選手・サッカー指導者。リンブルフ州出身。

来歴[編集]

1939年10月29日、オランダ、リンブルフ州ケルクラーデで生まれる。現役時代はローダJCの前身ラピドJCでディフェンダーとしてプレー。[1] 引退後はドイツサッカー連盟デットマール・クラマーの師事のもと指導者となり[2]1972年から1975年まで読売クラブ監督に就任。読売時代は当時高校1年生のGKだった松木安太郎をDFにコンバートしトップチームに昇格させている。

1976年には香港代表監督に就任。[3] 1977年のワールドカップアジア予選で順調に勝ち進んだが、最終予選で全敗で敗退。[4] 1978年退任。その後イランペルセポリスインドネシア代表香港東昇、菱電の監督を務めた。

1993年、松木安太郎が監督に就任したJリーグヴェルディ川崎のヘッドコーチに就任し、ヴェルディ川崎のJリーグ初代王者に貢献。1994年に新潟県の外国人スポーツ指導者招待事業で来県。現在のアルビレックス新潟の前身となる新潟イレブンSCヘッドコーチに就任し、1995年のアルビレオ新潟FC監督、1997年のアルビレックス新潟監督を歴任。

新潟時代には全国社会人サッカー選手権大会準優勝、北信越サッカーリーグ2連覇、全国地域リーグ決勝大会準優勝でクラブをJFL昇格に導いている。

1998年悲願のJFL昇格を果たしたアルビレックス新潟の監督を勇退。その後はベルギー、イギリス、オランダのクラブでも監督を歴任し指揮を執った。

2015年9月2日、かねてより前立腺がんの病気療養中だったがスキン・オプ・フールオランダ語版にて死去。享年74歳[5]。同年12月19日、かつてバルコムの指導を受けた新潟の元選手が中心となり、当時のスタッフや関係者等を集めた「バルコムさんを偲ぶ会」が新潟市内のホテルにて行われた。

参考文献[編集]

  1. ^ Frans van Balkom
  2. ^ 相川亮一さんの逝去を悼む - 牛木素吉郎のビバ!スポーツ時評
  3. ^ 前荷蘭國家隊領隊教過港隊
  4. ^ 鍾楚維寄語新掌舵人要夠膽
  5. ^ Overlijdensbericht Frans van Balkom De Limburger/ Limburgs Dagblad d.d. 3 september 2015 op Mensenlinq.nl