ディルク・カイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディルク・カイト Football pictogram.svg
Dirk Kuijt-Feyenoord-DSC 0058.jpg
2015年のカイト
名前
愛称 Mr. Duracell
President
ラテン文字 Dirk KUIJT
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1980-07-22) 1980年7月22日(36歳)
出身地 カトウェイク
身長 184cm
体重 83kg
選手情報
ポジション FW (WG, CF)
MF (SH, WB)
利き足 右足
ユース
1985-1998 オランダの旗 クイック・ボーイズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2003 オランダの旗 ユトレヒト 160 (51)
2003-2006 オランダの旗 フェイエノールト 101 (71)
2006-2012 イングランドの旗 リヴァプール 208 (51)
2012-2015 トルコの旗 フェネルバフチェ 95 (26)
2015-2017 オランダの旗 フェイエノールト 62 (31)
通算 632 (233)
代表歴
2004-2014 オランダの旗 オランダ 104 (24)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディルク・カイト: Dirk KuijtNl-Dirk Kuijt.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]1980年7月22日 - )は、オランダ南ホラント州カトウェイク出身の元サッカー選手オランダ代表でもあった。現役時代のポジションはフォワード。名前は国外向けにDirk Kuytと綴られることもある。

経歴[編集]

FC ユトレヒト[編集]

カイトはアマチュアのクイック・ボーイズでフットボール・キャリアをスタート。1998年にトップチームに上がりホーフトトクラッセで6試合に出場、3得点を決めた。同年の内にチームメイト ヘドライク・ファン・ベーレンと共にFC ユトレヒトへ移籍。すぐにスタメンに定着し、観衆のアイドルに。2002-03シーズンには20得点を挙げる活躍を見せた。FC ユトレヒトでの最後の試合は2003年6月1日のKNVBベーカーの決勝。相手は将来 彼のクラブとなるフェイエノールトだった。FC ユトレヒトはこの試合4-1で勝利し、カイトも1ゴールを決めている。

フェイエノールト[編集]

2003-2004[編集]

カイトは移籍金100万ユーロでフェイエノールトへ移籍。当初疑問視されていたが、フェイエノールトでも観客の人気者に。2003年9月14日のAZとのアウエーゲームでフェイエノールトでの初ゴールを決めた(この試合2得点、内1点はPK)。

2004-2005[編集]

リーグ戦29得点でエールディヴィジの得点王となる。新監督 ルート・フリットはカイトに大きな信頼を置き、彼に相手ペナルティエリア内だけでプレーし、正真正銘のゴールゲッターとなることを命じると、このシーズン第1節のデ・フラーフスハップ戦でカイトはフェイエノールトの最初の3得点を決めてチームは6-1で勝利と、即座にその効果が表れた。このシーズンのカイトは2トップでプレーしたサロモン・カルーと見事なクリックを見せ、お互いに多くのゴールをアシスト。ガールグループのK3にちなみ、二人はK2と名付けられた[1]

2005-2006[編集]

シーズンスタートをカイトは監督 エルヴィン・クーマンのもとでキャプテンに就任。フェイエノールトはこのシーズン6連勝と好スタートを切り、カイト自身もこの間6得点を決めた。第3節のアヤックスとのアウエーゲームでフェイエノールトが1-2で勝利した後、カイトは移籍せずにこのシーズン残りをフェイエノールトでプレーしたいという気持ちを明かした。コールシンゲルに立ちたいという野望を持っていたカイトと共に、フェイエノールトはこのシーズン長くリーグタイトルを争ったが、シーズン後半戦で結局PSVとのレースに敗れ、POでもアヤックス相手に完敗してUEFA チャンピョンズ・リーグの出場権も得られなかった。カイトはこの試合後、落胆から感情を抑えられず、涙を流しながらピッチを去っている。クラブでの栄光を得られなかったカイトだが、このシーズン デ・テレフラーフとCCVSが主催するエールディヴィジのスペーラー・ファン・ヘット・ヤール・クラッセメントでハウデン・スヒューンを獲得、自身2回目の同賞受賞。このシーズン後にLiverpoolとNewcastle Unitedへの移籍について報じられる。

カイトがフェイエノールトで欠場したのは2006年4月12日のPSVとのアウエーゲームの1試合のみ。2001年3月から2006年4月12日までカイトは1試合も欠場することはなく、179試合に連続出場している。

数年後にカイトはフェイエノールトTVのインタビューに対しフェイエノールトでの時間はとても楽しかったと語っている。フットボール選手としても人間としてもこのクラブで成長したと話、選手としてもう一度このクラブに戻りたい気持ちを明かしている。また、カイトはフェイエノールトでの(第1期の)トップ3ゴールを挙げている。

  • 1. 2006年2月5日 フェイエノールト-アヤックス(3-2)における3-1のカイトのゴール
  • 2. 2004年4月11日 フェイエノールト-アヤックス(1-1)における1-1のカイトのゴール
  • 3. 2005年9月18日 フェイエノールト-sc ヘーレンフェーン(5-1)における1-1のカイトのゴール

リヴァプール FC[編集]

リヴァプールでのカイト

2006年夏、プレミアリーグリヴァプールに移籍した。移籍金は1800万ユーロ(約26億6400万円)。移籍してまもなくレギュラーとして活躍し始め、2006-07シーズンは、ピーター・クラウチクレイグ・ベラミールイス・ガルシアらと2トップを組み、チーム最多となる12得点を記録した。チャンピオンズリーグでは決勝に進出したが、ミランに敗れ優勝はならず[2][3]

2007-08シーズン、開幕前にチームはフェルナンド・トーレスアンドレイ・ヴォロニンといったワールドクラスの選手を前線に補強。しかし、トーレスとの2トップは機能したとは言い切れず、リヴァプールはスタートダッシュに失敗。優勝戦線からの早期脱落を余儀なくされると、チームはシステムを4-4-2から、スティーヴン・ジェラードをトップ下に配置する4-2-3-1に変更する。これに伴い、1トップの座をトーレスに譲ると、カイト自身は右WGとして新境地を開拓し、本職であるヨッシ・ベナユンジャーメイン・ペナントを差し置いて、レギュラーとして活躍を続ける。ポジションがゴールから離れた位置に変更されたこともあり、リーグ戦でのゴール数は極端に減少(32試合で3ゴール)したものの、UEFAチャンピオンズリーグではゴールを量産(11試合で5ゴール)した。

2008-09シーズンは、開幕当初から右WGに固定され、トーレスの不在時には代役を完璧にこなすなど、抜群の存在感を示した。 リーグでは12ゴールを記録したが、チームは2位となりプレミアリーグの優勝には届かなかった。

2010-11シーズンは、チーム最多のリーグ戦13ゴールを記録。3月6日のマンチェスターU戦ではハットトリックを達成した[4]

2011-12シーズンは、指揮官ケニー・ダルグリッシュが英国出身選手を重用したことや、これまでの活躍の基盤となっていた圧倒的な運動量に衰えが見えはじめたこともあり、出場機会が減少した。しかし、リーグカップ決勝のカーディフ戦では、途中出場からゴールを決め、PK戦でもPKを成功させて優勝に貢献。リヴァプールでの初のタイトル獲得、そして唯一のタイトルとなった。[5]

シーズン終了後の6月、フェネルバフチェSKへの移籍が発表された。契約は3年間、背番号は「11」。

フェネルバフチェ SK[編集]

フェイエノールトへ帰還[編集]

2015-16シーズン[編集]

フェイエノールトのオファーを断ってトルコ行きを選択したことでデ・カイプへの帰還の可能性は消えたかと思えたが、フェネルバフチェとの契約が終了した2015年夏にフェイエノールトでタイトルを獲るという夢を叶えるためにデ・カイプへ戻ることを遂に決断、1年契約を結んだ。背番号は「7」。

ヨルディ・クラーシの移籍を受けてキャプテンマークを巻いたカイトはエールディヴィジに復帰した2015年8月8日の第1節 FC ユトレヒトとのホームゲームで後半早々に10人になったチームを牽引。自らもPKで復帰後初ゴールを決めて3-2での勝利に貢献し、FOX.nlでのマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

シーズン序盤は低調なチームの中でカイトもPKを確実に決める以外に存在感を示せず(5試合でPK以外枠外シュート0などリーグのFWで最低の数字を記録)批判を浴びたが、9月24日のKNVBベーカー2回戦 PEC ズヴォレとのホームゲームで初めてPK以外でのゴールを決めて2得点で勝利にはっきりとした形で貢献すると、その後はリーグ戦でも流れの中でのゴールを決めて10月18日のsc ヘーレンフェーンとのアウエーゲームではハットトリックを達成。エールディヴィジでの通算得点(129)でオフェ・キントファルに、フェイエノールトの選手としてのエールディヴィジ通算得点(78)でクーン・ムーラインにそれぞれ並んだ[6]。1週間後の10月25日のAZとのホームゲームでもカイトはハットトリックを決めてフェイエノールトでのエールディヴィジ通算得点(81)でヴィレム・ファン・ハネヘムに並び、アルヘメーン・ダッハブラッドで週間最優秀選手に選ばれている[7]

ウィンターストップ明けのチームの連敗の中、カイトもチームを牽引する役割という期待に応えられないでいたが、ディック・アドフォカートのアドバイザー就任を転機に右サイドから10番のポジションに移ると再びゴールを決め始め、2016年2月21日のローダ戦でフェイエノールトでの公式戦通算100ゴールを記録した。最終的にリーグ戦19得点、ベーカー戦4得点と共にこのシーズンのクラブ最多得点者となり、クラブ8年ぶりのタイトルとなるベーカー獲得に貢献。契約延長は長く保留していたが、シーズン終了後に「一つタイトルを獲ればもっと欲しくなるもの」と新たな1年契約にサインした[8]

2016-2017シーズン[編集]

ELグループステージもこなしながらの長いシーズンを見越して後半途中での交代が多くなったが、第2節FC トゥエンテ戦で途中交代に失望の表情を見せ、試合後のメディア対応をしなかったことなどでまたも議論の的に。キャリア通算リーグ戦600試合目となった第4節のエクセルシオールとのホームゲームで2得点を決め、依然チームにとって重要な存在であることを示したが、初めて休息以外の戦術的理由でスタメンから外された12月11日のAZとのアウエーゲーム(0-4)でチームがベストゲームを見せたこと、カイト自身ウィンターストップ明けに低調なプレーが続いていたことでイェンス・トールンストラ、スティーヴン・ベルフハイスとのポジション争いが論争になり、2月11日のFC フローニンゲン戦でスタメンを外されると、試合後にカメラの前で「僕はキャプテンとして特別扱いされると思っていた」[9]と発言した事が一部抜き出されてさらに議論を起こした。

シーズン後半戦は数ヶ月間控えが続いたカイトだが、最終節のヘラクレス・アルメロとのホームゲームでトニー・フィレーナの出場停止によって再び攻撃的MFでスタメン起用されると開始40秒で先制点(フェイエノールトでのエールディヴィジ通算100ゴール目)、さらに12分目に2点目を決めてチームを勝利に導いただけでなく、84分にPKを決めてハットトリックを達成[10][11]。自身の夢でもあったフェイエノールトでのリーグ優勝を成し遂げ、ロスタイムには感情を抑えられずに涙を流した[12]。この活躍によりフットボール・インターネットとアルへメーン・ダッハブラッドで共に『キング・カイト』との表現で週間最優秀選手に選ばれた[13][14]。このシーズン カイトは12得点を決めている。

優勝を決めた翌日、マサラタウンでのセレモニーを行い、さらにその翌日に引退を発表[15]。そのままフェイエノールトに残り、将来のテクニカル・ディレクター候補としてテクニカル・マネージメントに関わる役職に就くことが発表された。引退を決めた理由については、シーズン後半のスタメン落ちが苦痛だったことを挙げている[16]

代表歴[編集]

当時代表監督であったマルコ・ファン・バステンよりロイ・マカーイパトリック・クライファートといったストライカーが多くいたオランダ代表に初招集を受けた。2004年9月3日のリヒテンシュタイン戦では代表デビューを果たした。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では12試合中試合をスタメンで出場し、本戦出場に貢献した。

2006 FIFAワールドカップではベンチに降格してしまう。グループステージ1戦目のセルビア・モンテネグロ戦で後半14分にルート・ファン・ニステルローイに代わって出場した。2戦目終了時点でグループステージ突破が決まったため、3戦目のアルゼンチン戦ではスタメンで出場した。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦ではファン・ニステルローイに代わりスタメンのチャンスが回ってきたがゴールは挙げられず1-0で敗れチームは敗退した。

2008年にはUEFA EURO 2008のメンバーに選出され、6月9日に行われたグループステージ1戦目のイタリア戦でヴェスレイ・スナイデルジョバンニ・ファン・ブロンクホルストのゴールをアシストしチームの勝利に大きく貢献した。6月13日のフランス戦では前半9分にゴールを挙げ勝利に貢献した。しかしチームは決勝トーナメント1回戦のロシア戦で敗れ敗退した。

2010 FIFAワールドカップではオランダの7試合に全て出場1得点3アシストを記録、グループリーグ1戦目のデンマーク戦で2点目のゴールを挙げ、自身ワールドカップ初得点となった。

2012年にはUEFA EURO 2012のメンバーに選出されたが、2試合に途中出場したのみに終わる。

2014FIFAワールドカップのメンバーに選出され、ラウンド16のメキシコ戦で代表100試合出場を飾った。また同試合では不慣れな左ウイングバックで先発したが、試合途中にはフォワードとして、その後右サイドバックでもプレーした[17]。準々決勝、準決勝、3位決定戦にも出場、オランダの3位に貢献した。

10月3日、オランダサッカー協会から代表引退が発表された[18]。カイト自身は「怪我人などでどうしても必要があれば呼んでもらって構わない」と危機的状況での代表復帰の可能性は消していなかったため、2015年10月の欧州選手権予選でPO進出がかかったオランダ代表に代表監督 デニー・ブリントはカイトに復帰を打診したが、「ロッカールームでの重要な存在になれると思ったが、彼はスタメンの保証を求め、私にはそれはできなかった」と断られたと後日経緯を明かした[19]。カイトはそれに対して「僕が価値を持てるのはピッチ内だけであり、ピッチ外ではない。それにブリントから連絡があったのはすでに代表が集まって二日経ってからだった。彼との話は外に出さないという約束だったのに、なぜ彼が公表したのか、僕には推測することしかできない」とコメントしている[20]

評価[編集]

ヴィレム・フィッセルスは「最も美しいスポーツ・ストーリィの一つ。1年目でベーカーを獲り、2年目でチームから外され、ファン・ブロンクホルスト監督と緊張関係になりながらも控え役を受け入れ、最終戦で3得点を決める。こんなストーリーは考えて作れる物では無い」と評し、ピエール・ファン・ホーイドンクは「本物の王。カイトはフェイエノールトそのものであり、45.000人全てが自らを自己投影できる存在」と賞賛した[21]

リヴァプール時代のチームメイト ジェイミー・キャラガーはカイトの引退を受けてDaily Mailでのコラムの中で「ディルクはハードワークによって何を成し遂げられるかの証拠と言われてきたが、ハードワークだけでは何にもならない。トップにおいて違いを作るのはメンタリティであり、毎日毎日自分を最大限へと押し上げようとする意思の力だ。ディルクはそれを、それ以上のことをした」と讃えた[22]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ UEFA その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ユトレヒト 1998-99 28 5 2 1 - 0 0 - 30 6
1999-2000 32 6 4 4 - 0 0 - 36 10
2000-01 32 13 5 3 - 0 0 - 37 16
2001-02 34 7 3 3 - 4 1 - 41 11
2002-03 34 20 4 2 - 2 1 - 40 23
通算 160 51 18 13 0 0 6 2 0 0 184 66
フェイエノールト 2003-04 34 20 2 1 - 4 1 - 40 22
2004-05 34 29 3 4 - 7 3 - 44 36
2005-06 33 22 1 0 - 2 1 2 2 38 25
通算 101 71 6 5 0 0 13 5 2 2 127 83
リヴァプール 2006-07 34 12 1 1 2 0 11 1 - 48 14
2007-08 32 3 4 1 0 0 12 7 - 48 11
2008-09 38 12 2 0 0 0 11 3 - 51 15
2009-10 37 9 2 0 1 0 13 2 - 53 11
2010-11 33 13 1 0 0 0 7 2 - 41 15
2011-12 34 2 6 1 5 2 - - 45 5
通算 208 51 16 3 8 2 54 15 0 0 286 71
フェネルバフチェ 2012-13 31 8 7 1 1 1 17 7 - 56 17
2013-14 32 10 0 0 1 0 4 0 - 37 10
2014-15 32 8 4 2 1 0 - - 37 10
通算 95 26 11 3 3 1 21 7 0 0 130 37
フェイエノールト 2015-16 32 19 6 4 - - - 38 23
2016-17 30 12 2 3 0 0 5 0 1 0 38 15
通算 62 31 8 7 0 0 5 0 1 0 76 37
通算 オランダ 323 153 32 25 0 0 24 7 3 2 344 172
イングランド 208 51 16 3 8 2 54 15 0 0 286 71
トルコ 95 26 11 3 3 1 21 7 0 0 130 37
総通算 626 230 59 31 11 3 99 29 3 2 798 295

試合数[編集]

2014年10月3日現在

代表国 出場 得点
2004  オランダ 5 1
2005 10 2
2006 12 2
2007 8 1
2008 13 3
2009 11 4
2010 14 4
2011 11 7
2012 8 0
2013 6 0
2014 6 0
通算 104 24

タイトル[編集]

クラブ
FCユトレヒト
リヴァプールFC
フェネルバフチェSK
フェイエノールト
  • KNVBカップ 2015-16
  • エールディヴィジ 2016-17
個人

エピソード[編集]

  • フェイエノールト復帰が決まった契約の日から最初の公式戦である第1節 FC ユトレヒト戦までを追ったドキュメンタリィ番組 "Dirk Kuyt terug op Zuid"("ザイト"はロッテルダム・ザイトのこと)をFox.nlが制作、2015年8月18日に放送された。
  • フェイエノールトのオープンダッハでヘリコプターに2回乗ったのはカイトとヨン・ダール・トマソンの2人だけ。

脚注[編集]

  1. ^ "K2: Kuyt and Kalou"
  2. ^ カイトは決勝でゴールを決めた。
  3. ^ Inzaghi inspires Milan to glory”. UEFA (2007年5月24日). 2012年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月16日閲覧。
  4. ^ Kuyt derails bid for 19th title”. ESPN Soccernet (2011年3月6日). 2011年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月7日閲覧。
  5. ^ Wallace, Sam (2012年2月27日). “Liverpool class finally tells to deny Mackay's battlers”. The Independent (London). オリジナル2012年2月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120228221521/http://www.independent.co.uk/sport/football/fa-league-cups/liverpool-class-finally-tells-to-deny-mackays-battlers-7441243.html 2012年2月27日閲覧。 
  6. ^ http://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoord-en-kuyt-slechten-mijlpalen-tegen-heerenveen
  7. ^ http://www.ad.nl/ad/nl/5619/Feyenoord/article/detail/4171149/2015/10/26/Hattrick-man-Kuyt-heeft-ambitie-Ik-wil-hier-iets-winnen.dhtml
  8. ^ https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/kuyt-ook-volgend-seizoen-speler-van-feyenoord
  9. ^ http://nos.nl/artikel/2157795-reserve-kuijt-baalt-dacht-als-leider-een-streepje-voor-te-hebben.html
  10. ^ Feyenoord 3-1 Heracles Almelo” (2017年5月14日). 2017年5月14日閲覧。
  11. ^ https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/uitslagen/feyenoord-heracles-almelo-netherlands-eredivisie-2016-2017/verslag
  12. ^ エールディヴィジの優勝決定試合でゴールを決めたヨハン・クライフ(37歳11日フェイエノールトで)に次ぐ最年長選手(36歳296日)であり、優勝決定試合でのハットトリックは1999-2000シーズンのアルノルド・ブルヒンク(PSV)以来の快挙だった。
  13. ^ https://www.vi.nl/nieuws/speler-van-de-week-katwijkse-krijger-kuijt-koning-van-de-kuip-
  14. ^ http://www.ad.nl/nederlands-voetbal/cijfers-van-kampioen-feyenoord-king-kuyt-blinkt-uit~a13da597/
  15. ^ https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/dirk-kuyt-be%C3%ABindigt-voetbalcarri%C3%A8re
  16. ^ https://www.telesport.nl/artikel/98962/feyenoord/mijn-hoofd-voelde-ik-nu-wel-de-vermoeidheid
  17. ^ “Netherlands 0–0 Costa Rica”. (2014年6月5日). オリジナル2014年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140703082524/http://www.bbc.com/sport/0/football/28069208 2014年6月6日閲覧。 
  18. ^ http://www.onsoranje.nl/nieuws/artikel/18919/einde-interlandloopbaan-kuyt?type=actueel
  19. ^ http://www.ad.nl/ad/nl/1049/Oranje/article/detail/4176548/2015/11/02/Blind-polst-Kuyt-vergeefs-voor-Oranje.dhtml
  20. ^ http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/oranje/24691768/__Kuyt_baalt_van_uitleg_Blind__.html
  21. ^ http://nos.nl/artikel/2173221-kuijt-is-feyenoord-daar-kunnen-fans-zich-mee-identificeren.html
  22. ^ http://www.dailymail.co.uk/sport/article-4523620/No-trophy-play-s-cup-final.html

外部リンク[編集]