ルカ・ヨヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルカ・ヨヴィッチ Football pictogram.svg
FWC 2018 - Group E - SRB v BRA - Photo 113 (cropped).jpg
セルビア代表でのヨヴィッチ(2018年)
名前
ラテン文字 Luka Jović
セルビア語 Лука Јовић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 (1997-12-23) 1997年12月23日(21歳)
出身地 ビイェリナ
身長 181cm
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション FW
背番号 18
ユース
2005-2014 セルビアの旗 レッドスター
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 セルビアの旗 レッドスター 42 (12)
2016-2019 ポルトガルの旗 ベンフィカB 18 (4)
2016-2019 ポルトガルの旗 ベンフィカ 2 (0)
2017-2019 ドイツの旗 フランクフルト (loan) 49 (25)
2019 ドイツの旗 フランクフルト 5 (0)
2019- スペインの旗 レアル・マドリード
代表歴2
2012-2013 セルビアの旗 セルビア U16 12 (10)
2013-2014 セルビアの旗 セルビア U17 19 (16)
2015 セルビアの旗 セルビア U18 1 (1)
2014-2016 セルビアの旗 セルビア U19 13 (10)
2016 セルビアの旗 セルビア U20 1 (0)
2015- セルビアの旗 セルビア U21 14 (7)
2018- セルビアの旗 セルビア 6 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月4日現在。
2. 2019年6月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルカ・ヨヴィッチ(Luka Jović、1997年12月23日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナビイェリナ出身のサッカー選手。ポジションはフォワードレアル・マドリード所属。セルビア代表

クラブ経歴[編集]

レッドスター[編集]

クロアチアセルビアの国境に近いビイェリナにて誕生。セルビア人の父親、ミラン・ヨヴィッチもパルチザン・ベオグラードなどでプレー経験のある元プロサッカー選手であった。幼少期に父親の母国セルビアロズニツァに移住、2005年にレッドスター・ベオグラードのスカウトを受け、同クラブの下部組織に入団。2014年5月のリーグ優勝を賭けた最終節の大一番、FKヴォイヴォディナ・ノヴィサド戦で、同クラブの最年少記録保持者であったデヤン・スタンコビッチを上回る16歳5ヶ月5日でプロデビューを果たしたばかりか、途中出場から3分後にはプロ初ゴールを挙げ、史上最年少得点記録も塗り替えた。さらにこのゴールは値千金の同点弾となり、レッドスターは最終節を引き分けに持ち込み、勝ち点1差でライバルのパルチザンをかわしてリーグ優勝を飾った[1][2]。実質プロ1年目の2014-2015シーズンもリーグ戦6ゴールを挙げ、世代別セルビア代表でも順調にゴールを重ね、レッドスターのズヴェズダン・テルジッチSDはヨヴィッチを「セルビアのファルカオ」と絶賛した[3][4]

ベンフィカ[編集]

その活躍を受け、ポルトガルの強豪クラブ、SLベンフィカが獲得に動き始め、当時18歳であったヨヴィッチは国外移籍は時期尚早と残留を希望していたが、当時のレッドスターは深刻な財政難に陥っており、2016年2月に移籍金600万ユーロ(当時のレートで約8億円)という高額なオファーを受け入れてクラブ間合意、ヨヴィッチはベンフィカと5年契約を結んだ[5]。後にこの移籍は、分割払いを提示したベンフィカ側に対してレッドスターは一括での支払いを求め、ベンフィカ側は大物代理人、ピニ・ザハビに仲介を依頼してキプロスアポロン・リマソールを迂回しての移籍(ヨヴィッチ自身はアポロンではプレーしていない)であったことが報じられている。しかしベンフィカではジョナスラウル・ヒメネスコンスタンティノス・ミトログルという攻撃陣の分厚い選手層に阻まれ、さらにヨヴィッチ自身も適応に苦しんだこともあり、Bチームへの降格を命じられた。ベンフィカBのエウデル・クリストヴァン監督はヨヴィッチを高く評価していたが、トップチームでの出場はわずか2試合に留まり、ヨヴィッチは移籍を志願する。

フランクフルト[編集]

2017年6月、アイントラハト・フランクフルトにレンタル移籍することが発表された。契約期間は2年間で移籍金700万ユーロでの完全移籍オプション付[6][7]。周囲は懐疑的であったが、この移籍は転機となり、同じ旧ユーゴスラビア出身の元プロサッカー選手であるフレディ・ボビッチ取締役のサポートや恩師となるニコ・コヴァチ監督の指導を受け、急成長を遂げ、2017年9月16日のリーグ戦第4節の対FCアウクスブルク戦でフランクフルトでの初ゴールを挙げ、2017-2018シーズンはリーグ戦22試合に出場して8ゴールを記録、特にDFBポカールの準決勝の対シャルケ04戦では決勝進出を決める値千金の決勝点を挙げ、決勝でもフランクフルトはFCバイエルン・ミュンヘンを破り、DFBポカール優勝に貢献した。

2年目の2018-2019シーズンは、恩師のコヴァチは退任したが、後任のアドルフ・ヒュッター監督からも信頼を受け、本格的に才能を開花させる。2018年10月19日の第8節の対フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦では5ゴールを挙げる大活躍を見せ、1試合5ゴールの最年少記録を塗り替えた。2019年4月、フランクフルトは完全移籍オプションを行使し、2023年6月までの契約を結んだことを発表した[8]

レアル・マドリード[編集]

2019年6月4日、レアル・マドリード移籍が発表。契約期間は6年間で移籍金は6000万ユーロ+ボーナス500万ユーロ(当時のレートで最大で約78億円)、この内の30%はベンフィカ側に支払われると報じられている[9][10][11][12]

代表歴[編集]

各年代でセルビア代表に選出されている。2013年12月のクロアチア戦ではハットトリックを達成した[13]。主要大会ではUEFA U-19欧州選手権2014に参加、ゴールも挙げた[14]

2018年5月、フル代表0キャップながら2018 FIFAワールドカップ参加メンバーに選出された[15]。大会直前に開催されたチリ代表戦でフル代表デビュー[16]。ワールドカップ本戦ではブラジル戦に出場した[17]

2019年3月、ドイツ代表との親善試合で代表初ゴールを挙げた[18]

成績[編集]

クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
レッドスター 2013-14 1 1 0 0 0 0 1 1
2014-15 22 6 2 0 0 0 24 6
2015-16 19 5 2 1 2 0 23 6
通算 42 12 4 1 2 0 0 0 48 13
ベンフィカB 2015-16 7 2 7 2
2016-17 11 2 11 2
通算 18 4 0 0 0 0 0 0 18 4
ベンフィカ 2015-16 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0
2016-17 1 0 0 0 0 0 1 0 2 0
通算 2 0 0 0 1 0 1 0 4 0
フランクフルト(loan) 2017-18 22 8 5 1 0 0 0 0 27 9
2018-19 27 17 1 0 11 8 1 0 43 25
フランクフルト 5 0 3 2 5 2
通算 54 25 6 1 14 10 1 0 75 36
通算 116 41 10 2 17 10 2 0 145 53

タイトル[編集]

クラブ[編集]

レッドスター
ベンフィカ
フランクフルト
個人
  • ヨーロッパリーグ 優秀選手 2018-19

脚注[編集]

  1. ^ Todorović, N. (2014年5月28日). “Zvezda je rođena: Luka Jović srušio rekord Dekija Stankovića” (Serbian). 2014年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  2. ^ "Luka Jović neće otići dok ne napuni 18"”. Mondo Portal. 2016年3月20日閲覧。
  3. ^ 1試合5発の20歳、ルカ・ヨヴィッチとは何者か…セルビアの神童からブンデス屈指のゴールハンターに”. Goal.com (2018年11月24日). 2019年6月5日閲覧。
  4. ^ ビッグクラブが熱視線を送る21歳の大器…ルカ・ヨヴィッチとは何者なのか?”. Goal.com (2019年4月25日). 2019年6月5日閲覧。
  5. ^ Jović: "Aprender e melhorar todos os dias"” [Jović: "To learn and improve everyday"] (Portuguese). S.L. Benfica (2016年2月2日). 2016年2月2日閲覧。
  6. ^ “Fix: Eintracht leiht Jovic von Benfica aus” (German). kicker Online. (2017年6月27日). http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/startseite/700477/artikel_fix_eintracht-leiht-jovic-von-benfica-aus.html 2017年6月27日閲覧。 
  7. ^ “Luka Jovic no Eintracht Frankfurt” (Portuguese). (2017年6月27日). http://www.slbenfica.pt/30/news/info/Nan6iq1DhUCZJ-LoPcyJbg 2017年7月4日閲覧。 
  8. ^ “Eintracht Frankfurt exercise option to purchase Luka Jović”. Eintracht Frankfurt. (2019年4月17日). https://www.eintracht.de/en/news/article/eintracht-frankfurt-exercise-option-to-purchase-luka-jovic-72250/ 2019年4月18日閲覧。 
  9. ^ 公式声明:ルカ・ヨビッチ選手について”. レアル・マドリードCF (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
  10. ^ マドリーがヨビッチ移籍でフランクフルトとクラブ間合意公式発表!”. 超ワールドサッカー (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
  11. ^ マドリーが長谷部の同僚FWヨビッチと正式契約!移籍金は78億円と現地紙報じる”. サッカーダイジェスト (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
  12. ^ レアル、フランクフルトの21歳FWヨヴィッチを獲得…今季27得点で大ブレイク”. サッカーキング (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
  13. ^ Mozzart Sport (author name unknown) (2013年12月11日). “Luka Jović terorisao Hrvate u Pazovi!” (Serbian). 2015年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  14. ^ [1] Novosti: Na Paunovićevom spisku po četiri igrača Zvezde, Vojvodine i OFK Beograda, tri Partizana... (Serbian) 8 July 2014
  15. ^ “Један тим, срцем свим – Младен Крстајић одабрао” (Serbian). Football Association of Serbia. (2018年5月24日). http://www.fss.rs/index.php?id=2021&aid=13898 2018年5月24日閲覧。 
  16. ^ Serbia vs. Chile - 4 June 2018”. 2018年6月4日閲覧。
  17. ^ Andrew Das (2018年6月27日). “World Cup: Brazil cruises into next round with easy victory”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/06/27/sports/world-cup/brazil-vs-serbia.html 2018年6月27日閲覧。 
  18. ^ Germany 1 Serbia 1”. BBC Sport (2019年3月20日). 2019年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]