広東省人民体育場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広東省人民体育場
Guangdong Provincial People's Stadium.jpg
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 広東省広州市越秀区較場西路18号
位置 北緯23度07分38秒 東経113度16分43秒 / 北緯23.12711度 東経113.278672度 / 23.12711; 113.278672座標: 北緯23度07分38秒 東経113度16分43秒 / 北緯23.12711度 東経113.278672度 / 23.12711; 113.278672
起工 1916年12月
開場 1932年
修繕 1946年
1950年-1960年代
1990年
2010年
所有者 広東省人民政府
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
広東日之泉(中国サッカー・甲級リーグ)
1991 FIFA女子ワールドカップ
1997 AFC女子選手権
2010年アジア競技大会
収容能力
25,000[1]
広東省人民体育場
各種表記
繁体字 廣東省人民體育場
簡体字 广东省人民体育场
拼音 Guǎngdōng Xǐng Rénmín Tǐyùchǎng
発音: グァンドンシャン リンミン ティーユーチャン
英文 Guangdong Provincial People's Stadium
テンプレートを表示

広東省人民体育場(かんとんしょうじんみんたいいくじょう、簡体字: 广东省人民体育场, : Guangdong Provincial People's Stadium)は、中国広東省広州市にある多目的スタジアムである。

概要[編集]

1932年に設立された。収容人数は25,000人、敷地面積は34,000平方メートル。中国国内に現存する施設の内、有数の古い競技場である。広東省の資料によると、1906年1月10日に広東省大運動会に使用されていたとの記述があり、百年体育場と呼ばれることもある[2]。1932年にスポーツ専用のスタジアムとして建設された。スタジアムのあった場所が明朝清朝の時代に軍隊の訓練場であったことから、建設後暫くは東較場(: East Parade Ground)と呼ばれていたが、中華人民共和国設立後の1950年、名称が広東省人民体育場に変更になった。日中戦争及び国共内戦の際にスタジアムは破壊されており、修復工事が1950年から1960年代頃行われた。改修後、収容人数は8,000人から11,000人まで拡大された。1983年、国際女子サッカートーナメントの開催に伴い改修工事が行われ、4基の照明塔が設置され、収容人数が27,096人に増加。1990年、翌年に開催される第1回FIFA女子ワールドカップに向けて大規模な改修工事が行われ、電光掲示板の設置及び座席の増築が行われた[3]。また、2010年には広州アジア大会に向けてさらなる改修工事が行われた。

用途[編集]

主にサッカーの試合に用いられ、中国サッカー・甲級リーグ(中国甲級聯賽、国内サッカーリーグ2部に相当)に所属する広東日之泉のホームスタジアムとして利用されている。

1991 FIFA女子ワールドカップではグループリーグの会場として用いられた。1997年には1997 AFC女子選手権の会場として使用された。

また、2010年アジア競技大会においてはサッカー競技などが開催された。

アクセス[編集]

広州地下鉄1号線烈士陵園駅より350m[4]


脚注[編集]

  1. ^ worldstadiums.com
  2. ^ 百年体育场--广东省人民体育场
  3. ^ 东较场的前世今生 (中国語) 2010年9月10日掲載、2012年2月18日閲覧。
  4. ^ 广东省人民体育场交通指南 gd.news.sina.com.cn (中国語)

外部リンク[編集]