広州地下鉄3号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広州地下鉄3号線 (南北快線)
3号線体育西路駅ホーム
3号線体育西路駅ホーム
基本情報
路線網 広州地下鉄
起点 機場南駅天河客運駅
終点 番禺広場駅体育西路駅
駅数 28駅
開業 2005年12月26日
運営者 広州市地下鉄道総合公司
路線データ
路線距離 36.3 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 複線
電化方式 直流1,500V 架空電車線方式
最高速度 120 km/h
テンプレートを表示

広州地下鉄3号線(こうしゅうちかてつ3ごうせん)、別名南北快線は、中華人民共和国広東省広州市を走る広州市地下鉄道総合公司地下鉄である。ラインカラー

概要[編集]

広州地下鉄3号線は機場南駅番禺広場駅間を結ぶ本線と、天河客運駅体育西路駅間を結ぶ支線から成る路線である。ただし、運転系統は天河客運駅番禺広場駅間と、機場南駅体育西路駅間の2系統である。
1号線2号線と比べ、車体規格やトンネル断面積が小さい。営業最高速度は120km/h(車両最高速度は135km/h)で、地下路線としては中国大陸最速である。

路線データ[編集]

沿革[編集]

使用車両[編集]

開業当初はシーメンス製の3両編成の車両を使用していた。しかし3両では混雑が激しく、2010年より3両編成を2本連結して6両で使用している。この場合、3両目と4両目の間は車内での通り抜けはできない。後に増備された車両は6両固定となっている。(詳細は中国語版を参照)

駅一覧[編集]

本線[編集]

  • 駅名欄の背景色がで、駅名が斜体字で表示されている駅は未開業の駅であることを表す。
駅番号 駅名 営業
キロ
接続路線・備考 所在地
日本語 簡体字中国語 英語
L3/01 機場北駅 机场北站 Airport North -30.470 未開業 広東省広州市 花都区
L3/02 機場南駅 机场南站 Airport South -29.309  
L3/03 高増駅 高增站 Gaozeng -25.764 9号線 白雲区
L3/04 人和駅 人和站 Renhe -23.330  
L3/05 竜帰駅 龙归站 Longgui -17.930  
L3/06 嘉禾望崗駅 嘉禾望岗站 Jiahe Wanggan -11.650 2号線
L3/07 白雲大道北駅 白云大道北站 Baiyun Dadaobei -9.527  
L3/08 永泰駅 永泰站 Yongtai -8.597  
L3/09 同和駅 同和站 Tonghe -5.178  
L3/10 京渓南方医院駅 京溪南方医院站 Jingxi Southern Hospital -3.807  
L3/11 梅花園駅 梅花园站 Meihuayuan -2.478  
L3/12 燕塘駅 燕塘站 Yantang -0.567 6号線 天河区
L3/13 広州東駅 广州东站 Guangzhou East Railway Station 0.454 1号線
中国国鉄
L3/14 林和西駅 林和西站 Linhexi 1.561 APM線
L3/15 体育西路駅 体育西路站 Tiyu Xilu 2.741 1号線
3号線支線
L3/16 珠江新城駅 珠江新城站 Zhujiang New Town 4.024 5号線
L3/17 広州塔駅 广州塔站 Canton Tower 5.505 APM線 海珠区
L3/18 客村駅 客村站 Kecun 6.686 8号線
L3/19 大塘駅 大塘站 Datang 8.744  
L3/20 沥滘站 Lijiao 11.415  
L3/21 厦滘站 Xiajiao 12.843   番禺区
L3/22 大石駅 大石站 Dashi 15.300  
L3/23 漢渓長隆駅 汉溪长隆站 Hanxi Changlong 18.494  
L3/24 市橋駅 市桥站 Shiqiao 24.663  
L3/25 番禺広場駅 番禺广场站 Panyu Square 28.361  

支線[編集]

駅番号 駅名 営業
キロ
接続路線・備考 所在地
日本語 簡体字中国語 英語
L10/01 天河客運駅 天河客运站 Tianhe Coach Terminal 支0.433 6号線 広東省広州市 天河区
L10/02 五山駅 五山站 Wushan 支2.748  
L10/03 華師駅 华师站 South China Normal University 支4.302  
L10/04 崗頂駅 岗顶站 Ganding 支5.188  
L10/05 石牌橋駅 石牌桥站 Shipanqiao 支6.011  
L3/15 体育西路駅 体育西路站 Tiyu Xilu 支7.500 1号線
3号線本線

安全性に関するリーク情報[編集]

2010年10月30日に広州白雲国際空港方面へ開業した地下鉄3号線の北部延伸部について、技術者の鍾吉章がその安全性に関して、当局は「問題なし」としたものの、会社は報告する際の数字を偽造しており、トンネル強度など安全基準をまったく満たしていないと発表した[1][2]。安全検査会社が6カ所を調べ、1カ所のみかろうじて基準を満たしていたが、その他の箇所については、基準値を大きく下回っていたという[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b “技術者が暴露…基準以下の広州地下鉄が報告偽造で合格、30日開業”. サーチナ. (2010年10月13日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1013&f=national_1013_061.shtml 
  2. ^ “广州地铁3号线被曝工程不合格 月底如期开通” (中国語). CHINADAILY 京華時報. (2010年10月13日). http://www.chinadaily.com.cn/dfpd/2010-10/13/content_11406961.htm 

関連項目[編集]