ネオム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネオム
NEOM

نيوم
ネオム NEOMの位置(サウジアラビア内)
ネオム NEOM
ネオム
NEOM
サウジアラビアにおけるネオムの位置
座標:北緯28度0分23秒 東経35度12分9秒 / 北緯28.00639度 東経35.20250度 / 28.00639; 35.20250座標: 北緯28度0分23秒 東経35度12分9秒 / 北緯28.00639度 東経35.20250度 / 28.00639; 35.20250
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
タブーク
発表 2017年10月24日 (5年前) (2017-10-24)
創設者 ムハンマド・ビン・サルマーン
Seat サウード家
政府
 • 責任者 ナドミ・アル・ナスル英語版[1]
面積
 • 合計 26,500 km2
等時帯 UTC+03 (アラビア標準時)
ウェブサイト 公式ウェブサイト

ネオム英語: NEOMアラビア語: نيومNeom, [nɪˈjo̞ːm])は、サウジアラビア北西部のタブーク州に建設中の計画都市である。スマートシティの技術を導入し、観光地としての機能も持たせる計画である。また、この都市を建設・運営する企業の名称でもある。

サウジアラビア政府は、2020年までに主要な部分を完成させ、2025年までに全ての工事を完了させる予定としていたが、諸事情により予定より遅れている[2][3][4]。プロジェクトにかかる費用は総額で推定5千億米ドルである[5]。2019年1月29日、サウジアラビア政府は「ネオム」という非公開のジョイント・ストック・カンパニーを設立したと発表した[6]。この会社は、サウジアラビアのソブリン・ウエルス・ファンドであるパブリック・インベストメント・ファンドが全額を出資しており、ネオムの経済圏を開発することを目的としている[7]。このプロジェクトは、再生可能エネルギーを全面的に利用する計画である[8]

多くの専門家は、このメガプロジェクトの実現性に懐疑的である[9]。2022年の『エコノミスト』誌の報道によれば、これまでに建設された建物はわずか2棟であり、計画予定地のほとんどは砂漠のままであるという[4]

プロジェクトの発足[編集]

2017年10月24日、サウジアラビアのリヤドで開催されたフューチャー・インベストメント・イニシアティブ会議において、サウジアラビア王太子英語版ムハンマド・ビン・サルマーンがネオムプロジェクトを発表した[10]。このプロジェクトは、サウジアラビアの経済を多角化させて石油への依存度を下げる計画「サウジビジョン2030」の一部として生まれたものである[11]

ムハンマドは、この都市は「既存の政府の枠組み」から独立して運営され、独自の税法や労働法、自律的な司法制度を持つと述べた[12]。計画では、警備、物流、配送、介護などはロボットが担当し[13]、電力は風力と太陽光のみでまかなうこととしている[12]。また、都市をゼロから設計するため、様々な革新的な技術の導入も提案されている。政府系ファンドのパブリック・インベストメント・ファンドと国外の投資家から5千億ドルの資金が投入される[14]。2025年に第一期工事が完了する予定としていた[15]

2018年、エジプト政府はネオムプロジェクトのために自国の土地の一部を提供することを発表した[16]。2020年7月、アメリカ合衆国のエアプロダクツ英語版社がサウジアラビアに世界最大のグリーン水素プラントを建設すると発表した。エアプロダクツ社は、サウジアラビアのACWA電力およびネオムと共同で50億米ドルのプロジェクトを保有する[17]。2022年5月、インドのコングリマリットであるラーセン&トゥブロが、ネオムから2390メガワットの太陽光発電所、1370メガワットの風力発電所、400メガワットの蓄電システム、および190キロメートルの送電網の建設を受注した[18]

名称[編集]

「ネオム」(NEOM)という名称は、2つの単語を組み合わせたものである。"NEO"は古代ギリシャ語で「新しい」を意味する接頭辞νέο(neo-)に由来する。"M"は、アラビア語で「未来」を意味する単語مستقبل(mustaqbal)の1文字目に対応するラテンアルファベットである[19][20]オールキャップスで"NEOM"と表記されることが多い。

立地[編集]

計画予定地は、サウジアラビア北西部のタブーク州にある[21][22]紅海の北側のアカバ湾沿岸に位置し、湾を挟んで西にはエジプトが、北にはヨルダンがある。ビーチや珊瑚礁のある延長468キロメートルの紅海の海岸線に沿い、標高2,500メートルに達する山のある内陸部まで、直線距離で170キロメートルに及び、総面積は26,500平方キロメートルである[23]

責任者[編集]

2017年10月24日のネオムプロジェクト発足の際、クラウス・クラインフェルド英語版が初代責任者に指名されたことが発表された[24]

2018年6月3日、クラインフェルドは、同年8月1日よりムハンマド王太子の顧問に就任すると発表した。クラインフェルドの後任の責任者にはナドミ・アル・ナスル英語版が就任した[24]

広報活動[編集]

アメリカ合衆国司法省外国代理人登録法(FARA)に基づいて提出した書類によると、ネオム社はスマートシティプロジェクトに関する広報活動の支援のために、アメリカの広報・マーケティングコンサルタント会社のエデルマン英語版と契約した。ネオムとエデルマンは3か月契約を結び、月に7万5千ドルを支払っていた。この契約で、エデルマンはPR会社は、戦略的助言、利害関係者の特定と交渉、メディア対応、コンテンツ開発など、様々な分野におけるコミュニケーション支援を行った。ネオムとエデルマンは、この契約についてコメントを拒否した。2019年からの2年間で、エデルマンのほか、BCW、ルーダー・フィン、テネオがPR会社として契約していた。

2020年7月、ネオムがLeague of Legends European Championship英語版のスポンサーを務めると発表されたが、参加するゲーマーや大会スタッフからの大きな反発を招いた。これは、サウジアラビア政府による人権侵害英語版、特にLGBTに対する扱いに対してのものだった[25]。発表から数時間で、スポンサーを降りると発表された[26]

ネオムプロジェクトの広報にシンガポールガーデンズ・バイ・ザ・ベイの写真が使われており、コメンテーターから「サウジアラビアで建設中のプロジェクトにシンガポールの実在の写真を使用するのは奇妙な選択だ」と指摘された[27][28]

2020年3月、ネオムはフォーミュラEメルセデスEQ・フォーミュラEチームとパートナーシップ契約を結んだ[29]。その2年後の2022年、同チームがマクラーレンに売却されたため、ネオムはマクラーレンの電気モータースポーツ部門全体のスポンサーとなり、フォーミュラEとエクストリームEのチーム名称に「ネオム」が冠されることになった[30]

2021年3月、ネオムはアジアサッカー連盟(AFC)と4年間のAFC主催代表チーム大会(AFCアジアカップのほかAFCアジア予選AFC女子アジアカップAFC U23アジアカップなど)とAFCチャンピオンズリーグの公式グローバルパートナー契約を結んだ[31]

2022年2月、ネオムでエクストリームEの大会2022 Desert X-Prixが開催された。また、同年7月にサルデーニャで開催された2022 Island X-Prixの命名権を購入し、大会の正式名称に「ネオム」が冠された[32][33]

施設[編集]

ザ・ライン[編集]

2021年1月、ネオムに長さ170キロメートル、幅200メートルの線状都市「ザ・ライン」を建設することが発表された。収容人口は900万人の予定で、内部では自動車は使わず、必要なサービスに徒歩で5分以内に到達できるように設計される[34][35]

2022年7月に設計が変更され、複数のビルを直線状に並べるのではなく、高さ500メートル、幅200メートル、長さ170キロメートルの1つの巨大な建造物に集約されることとなった[36]

ネオム湾[編集]

ネオム湾の開発は、ネオムの第一期工事の一部として、2019年の第1四半期に開始され、2020年までに完了する予定だった[37]。この開発には、リヤド=ネオム間の定期便が就航する空港英語版のシャルマでの建設も含まれていた[38]。ネオム湾開発の計画には、第一期工事の一部として、ネオム初の住宅地の建設も予定されている[39]

ネオム空港[編集]

2019年1月、滑走路長3,757メートルのネオム空港英語版が完成し、最初の旅客として、ネオムで働くことになるサウジアラビア人130人を迎え入れた[40][41][42]国際航空運送協会(IATA)による空港コードはNUMである[41]

ネオムには、この他に国際空港が建設される予定である。

ネオム工業都市(オキサゴン)[編集]

ネオム工業都市(Neom Industrial City, NIC)は、ドゥバーの北約25キロメートルの位置に建設される。面積は約40平方キロメートルで、ドゥバー港の拡張を中心に、製造拠点や産業研究・開発拠点を誘致するプロジェクトである[43]

2021年11月、ネオム工業都市はオキサゴン(OXAGON)と改名された。オキサゴンは八角形を意味する英語octagonから名付けられたものであり、海上に正八角形の工業団地を作り、完成後は世界最大の港としても機能すると説明された[44]。ムハンマド王太子は、オキサゴンは、「将来の人類の生活と仕事のあり方を再定義する」というネオムの戦略に基き、将来の製造拠点の新しいモデルを示すものであると主張した[44][45][46]

農業[編集]

ネオム内には6,500ヘクタールの農地が設けられ[47]遺伝子組み換え作物を重点的に生産する予定である[48]

トロジェナ[編集]

2022年3月3日、ムハンマド王太子は、アラビア半島初の大規模屋外スキー場となる「トロジェナ」(TROJENA)のプロジェクトを立ち上げた。予定地はアカバ湾から約50キロメートル内陸のサウジアラビアの最高地点の近くであり、標高は1,500~2,600メートルである。この場所は、ネオムの他の地域よりも冷涼である[49][50][51][52][53]

アジアオリンピック評議会(OCA)は2029年アジア冬季競技大会をトロジェナで開催することを決定した。この決定に対し、環境への影響を批判する声が上がった。フランスの滑降選手で、北京冬季オリンピックで銀メダルを獲得したヨアン・クラレイ英語版はラジオ番組にて「これは我々の競技にとって最悪だ」と述べた。また、国際スキー・スノーボード連盟事務局長のミシェル・ヴィオン英語版も、この決定に驚きを示した[54]

問題点[編集]

2018年10月にジャーナリストのジャマル・カショギが暗殺された後、ムハンマド王太子は「これで数年間は(このプロジェクトに)誰も投資しないだろう」と述べた[55]。この一件以降、ダニエル・ドクトロフ英語版[56]ノーマン・フォスターなどの王太子のアドバイザーが、このプロジェクトや「毒舌」として知られる王太子から距離を置いたと報じられた[57]。また、王太子の構想には、空飛ぶ車、ロボットメイド、巨大人工衛星など、現状実現していない技術が多く含まれていると指摘されている[58]

ネオムの開発に伴いベドウィンなど約2万人の移住が必要になると推測されており[59]、人権団体の報告によれば、サウジアラビアの住民は反対を続けている。また、移住を拒否した住民が政府により射殺されたと報告されており、人道的な懸念が高まっている[60][61][62]

ハウイタット族の強制移住[編集]

2020年4月13日、ハウェイタット族英語版のアブドゥル・ラヒム・アル=フワイティが、サウジアラビアの治安部隊がネオムの開発のためにハウイタット族を居住地から追い出そうとしているという内容の動画をインターネットで公開した[20][63]。ロンドンに住むハウェイタット族の人権活動家アリヤ・アブタヤ・アルワイティが、この動画の存在を広めた[63]。動画の中でアブドゥルは、政府当局が自分に罪を追わせるために自宅に武器を仕掛けるだろうが、立ち退き命令には従わないと述べていた。後にアブドゥルは政府の治安部隊により殺害されたが、治安部隊はアブドゥルの側から発砲を受けたと主張した。アブドゥルのいとこのアリヤ・アルワイティは、アブドゥルは銃器を所持していないはずだと治安部隊の主張に反論した。アブドゥルの葬儀には、治安部隊の襲撃を受ける可能性があったにもかかわらず、多くの人が参列した[63]

アブドゥルの従兄弟8人が立ち退き命令に抗議して逮捕され、アリヤ・アルフワイティは、彼女と欧米の人権活動家は逮捕に異議申し立てが行われることを望んでいると述べた。ハウェイタット族は、ネオムの開発自体には反対していないが、父祖の地からの立ち退きに対して反対している。アリヤ・アルワイティは、ムハンマド王太子の支持者と称する人物からの殺害予告を受けた[63]。この脅迫は、イギリスの警察に対して報告された[63]

2020年6月、ムハンマド王太子は、ネオムに対する批判に対抗するために、アメリカの広報・ロビー活動会社のルーダー・フィン英語版と170万ドルで契約した[64]

2020年11月、ネオムの開発で立ち退きを命じられたベドウィンを代弁したイギリスの弁護士が、ドミニク・ラーブ外務大臣に対しサウジアラビアで開催されるG20サミットに参加しないよう主張した。同弁護士は、イギリスには人権問題をめぐってサウジアラビアに立ち向かうべき道徳的要請英語版があると述べた[65]

2022年10月、サウジアラビアの特別刑事裁判所英語版は、2020年にネオムのために命じられた立ち退きに抵抗したとして逮捕されたハウイタット族の3人に対して、死刑を宣告した。そのうちの1人は、2020年4月に治安部隊に殺害されたアブドゥル・ラヒム・アル=フワイティの弟だった[66][67]

企業文化[編集]

ビジネスウィーク』誌と『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙はネオム社の元従業員の発言として、同社CEOのナドミ・アル・ナスル英語版が「エクスパットを軽く扱い、非現実的な要求をし、職場における差別を見て見ぬ振りする」ような職場文化を推進したと報じた[20][68]。また、元CEOアンドリュー・ワース英語版の辞表でも、ナスルによる「一貫して軽蔑を含み、不適切に見下げ、侮辱的に爆発させる」ようなリーダーシップに対する非難が書かれている。ムハンマド王太子からネオムの責任者に任命されたナスルが、従業員を叱りつけ、怯えさせていたことが現役従業員や元従業員の証言により明らかになっている。この報道に対し、サウジアラビア政府はコメントを拒否した。ネオム社は、ナスルの回答や取材依頼を拒み、会社として、ナスルやネオム社の企業文化を擁護する声明を発表した。

ネオム社の元幹部のアンソニー・ハリスは、「ナドミ(・アル・ナスル)は上司の真似をしており、ネオム社の他の社員はナドミの真似をする」として、ナスルの上司に当たるムハンマド王太子に原因があると批難している。『ウォール・ストリート・ジャーナル』によれば、ナスルはかつて会議の場で「私は皆を奴隷のように扱い、それで誰かが倒れたら、私はそれを祝う。それが私のプロジェクトのやり方だ」と述べたという。2020年の新型コロナウイルス感染症の流行に伴うロックダウンの際に、ナスルは国外に留まっている従業員を解雇すると脅した[68]

住民の監視[編集]

ザ・ライン人工知能(AI)の補助により街を運営するスマートシティとして設計されており、データを通貨として各種インフラを管理する計画が発表されている。各所に設置された顔認証カメラやセンサー、住民のスマートフォンなどからデータを取得し、AIが住民の需要を予測してその生活の質を高めるとしている[69]

しかし、デジタル権の専門家は、人権があまり尊重されていない[70]サウジアラビアにおいては、住民を監視しプライバシーを侵害することにつながる可能性があると指摘している[71]。技術の社会への影響を研究しているヴィンセント・モスコは、政府に監視されるという懸念は妥当であり、これは事実上の監視都市であると述べた[69]。それに対してジョセフ・ブラッドリーは、ネオムにおいてはプライバシー問題を解決しており、また、サウジアラビアには個人情報保護法があると反論した[69]

脚注[編集]

  1. ^ PROFILE: Who is Nadhmi al-Nasr, the new CEO of Saudi Arabia's NEOM?” (英語). Al Arabiya English (2018年7月3日). 2022年7月16日閲覧。
  2. ^ “Saudi Arabia to Begin Building Homes in $500 Billion Futuristic City Neom”. Bloomberg News. (2019年1月16日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-01-16/saudi-arabia-to-begin-building-homes-in-futuristic-city-neom 2020年3月10日閲覧。 
  3. ^ Bostock, Bill. “Everything we know about Neom, a 'mega-city' project in Saudi Arabia with plans for flying cars and robot dinosaurs”. Business Insider. 2020年3月10日閲覧。
  4. ^ a b Pelham, Nicolas (2022年7月28日). “MBS: despot in the desert”. The Economist. ISSN 0013-0613. https://www.economist.com/1843/2022/07/28/mbs-despot-in-the-desert 2022年7月28日閲覧。 
  5. ^ Said, Justin Scheck, Rory Jones and Summer (2019年7月25日). “A Prince's $500 Billion Desert Dream: Flying Cars, Robot Dinosaurs and a Giant Artificial Moon” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/a-princes-500-billion-desert-dream-flying-cars-robot-dinosaurs-and-a-giant-artificial-moon-11564097568 2020年3月10日閲覧。 
  6. ^ “UPDATE 1-Saudi NEOM set up as joint stock company run by state fund...” (英語). Reuters. (2019年1月29日). https://uk.reuters.com/article/saudi-neom-idUKL5N1ZT4C9 2019年1月29日閲覧。 
  7. ^ Saudi Arabia announces creation of Neom Company” (英語). Arab News (2019年1月29日). 2019年1月29日閲覧。
  8. ^ Submerged floating bridge wins 'Dream NEOM' contest in KSA” (英語). Arab News (2019年4月13日). 2019年4月14日閲覧。
  9. ^ “Neom: What's the green truth behind a planned eco-city in the Saudi desert?” (英語). BBC News. (2022年2月22日). https://www.bbc.com/news/blogs-trending-59601335 
  10. ^ “Saudi Arabia Just Announced Plans to Build a Mega City That Will Cost $500 Billion”. Bloomberg News. (2017年10月24日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-10-24/saudi-arabia-to-build-new-mega-city-on-country-s-north-coast 
  11. ^ Saudi Arabia Reveals NEOM, its Planned Futuristic Megacity”. Inverse (2017年10月25日). 2022年10月30日閲覧。
  12. ^ a b “Saudis set $500 billion plan to develop zone linked with Jordan and Egypt”. CNBC. (2017年10月24日). https://www.cnbc.com/2017/10/24/saudis-500-billion-plan-to-neom-business-city.html 
  13. ^ “Saudi Arabia's new city, Neom, a mecca for robots”. The Washington Times. (2017年10月24日). https://www.washingtontimes.com/news/2017/oct/24/saudi-arabias-new-city-neom-mecca-robots/ 
  14. ^ “Saudi Arabia's new super city: Fast facts”. Fox Business. (2017年10月24日). http://www.foxbusiness.com/features/2017/10/24/saudi-arabias-new-super-city-fast-facts.html 
  15. ^ NEOM - Frequently Asked Questions”. 2017年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  16. ^ “NEOM: A new channel for Egyptian-Saudi cooperation”. EgyptToday. (2018年8月16日). https://www.egypttoday.com/Article/1/56096/NEOM-A-new-channel-for-Egyptian-Saudi-cooperation 
  17. ^ “Can Saudi's Neom be a blueprint of a hydrogen-run city?”. H2 Bulletin. (2021年1月12日). https://www.h2bulletin.com/saudi-neom-blueprint-hydrogen-city/ 
  18. ^ India's L&T ahead for NEOM $6.4-bn hydrogen renewables facilities: MEED”. Arab News (2022年5月29日). 2022年6月9日閲覧。
  19. ^ “What does Saudi Arabia's mega project 'NEOM' actually stand for?”. Alarabiya. (2017年10月24日). http://english.alarabiya.net/en/business/economy/2017/10/24/What-does-NEOM-mean-.html 
  20. ^ a b c Nereim, Vivian (2022年7月14日). “MBS's $500 Billion Desert Dream Just Keeps Getting Weirder” (英語). Bloomberg Businessweek. https://www.bloomberg.com/features/2022-mbs-neom-saudi-arabia/ 2022年7月16日閲覧。 
  21. ^ Energy Transition in Metropolises, Rural Areas and Deserts - ISTE”. www.iste.co.uk. 2022年7月16日閲覧。
  22. ^ السعودية تطلق مشروع "نيوم" بدعم يتجاوز 500 مليار دولار” (アラビア語). سكاي نيوز عربية. 2022年7月16日閲覧。
  23. ^ WHERE IS NEOM? THE UNIQUE LOCATION”. NEOM SAUDI CITY (2017年10月25日). 2022年10月30日閲覧。
  24. ^ a b “Klaus Kleinfeld named adviser to Saudi crown prince, NEOM appoints new CEO”. Arabnews. Retrieved 03 July 2018.. http://www.arabnews.com/node/1332281/saudi-arabia 
  25. ^ LEC ends NEOM partnership following staff outrage” (英語). ESPN.com (2020年7月30日). 2021年1月24日閲覧。
  26. ^ LoL Esports”. lolesports.com. 2021年1月24日閲覧。
  27. ^ VICE uses a picture of Gardens by the Bay in a story about a Saudi Arabia megacity, leaving people perplexed | Coconuts” (英語). coconuts.co/. 2022年7月16日閲覧。
  28. ^ Saudi Arabia Is Building a $643-Billion, Green-Powered Megacity” (英語). www.vice.com. 2022年7月16日閲覧。
  29. ^ NEOM becomes Principal Partner of Mercedes-Benz EQ Formula E Team”. Mercedes-Benz Group Media. 2022年10月30日閲覧。
  30. ^ McLAREN RACING AND NEOM ANNOUNCE STRATEGIC TITLE PARTNERSHIP”. McLaren Racing. 2022年10月30日閲覧。
  31. ^ AFC and NEOM announce four-year global sponsorship rights deal” (英語). the-AFC. 2022年1月28日閲覧。
  32. ^ “NEOM to host opening race of Extreme E season 2”. Arab News. (2021年12月22日). https://www.arabnews.com/node/1991231/sport 2022年7月8日閲覧。 
  33. ^ “Revamped Extreme E set for NEOM Island X Prix in Sardinia”. Arab News. (2022年7月1日). https://www.arabnews.com/node/2114881/sport 2022年7月8日閲覧。 
  34. ^ Avery, Dan (2021年1月26日). “Saudi Arabia Building 100-Mile-Long "Linear" City” (英語). Architectural Digest. 2021年1月29日閲覧。
  35. ^ THE LINE: Work begins on Saudi Arabia's 170-km vehicle-free city”. Daily Sabah (2021年11月3日). 2022年7月16日閲覧。
  36. ^ “Saudi Arabia plans 100-mile-long mirrored skyscraper megacity” (英語). the Guardian. (2022年7月27日). https://www.theguardian.com/world/2022/jul/27/saudis-unveil-eye-popping-plan-for-mirrored-skyscraper-eco-city 
  37. ^ Saudi Arabia to start first phase of Neom project” (英語). Arab News (2019年1月16日). 2019年1月21日閲覧。
  38. ^ Saudi Arabia gives green light for development of NEOM Bay” (英語). english.alarabiya.net (2019年1月16日). 2019年1月21日閲覧。
  39. ^ Bloomberg. “Saudi Arabia to begin building homes in futuristic city Neom” (英語). ArabianBusiness.com. https://www.arabianbusiness.com/construction/411511-saudi-arabia-to-begin-building-homes-in-futuristic-city-neom 2019年1月21日閲覧。 
  40. ^ Saudi civil aviation announces the opening of NEOM Bay airport” (英語). Arab News (2019年6月25日). 2019年6月29日閲覧。
  41. ^ a b Neom airport wins IATA classification as commercial facility” (英語). Saudigazette (2019年5月22日). 2019年6月29日閲覧。
  42. ^ Saudi Arabia's NEOM airport set to receive first commercial flight on June 30” (英語). english.alarabiya.net (2019年6月29日). 2019年6月29日閲覧。
  43. ^ U.S Saudi Businesses Cooperation (2021年4月29日). “parsons-corporation-awarded-neom-contract/”. 2022年10月30日閲覧。
  44. ^ a b “Saudi Arabia announced a wild plan to build a floating, 8-sided city”. businessinsider.com. https://www.businessinsider.com/saudi-arabia-oxagon-floating-eight-sided-city-2021-11 
  45. ^ “NEOM to see world's largest floating industrial complex OXAGON”. ArabNews. https://www.arabnews.com/node/1969241/business-economy 
  46. ^ OXAGON”. Neom. 2022年10月30日閲覧。
  47. ^ Worth, Robert F. (2021年1月28日). “The Dark Reality Behind Saudi Arabia's Utopian Dreams”. The New York Times. 2021年12月6日閲覧。
  48. ^ The future of food”. Neom (2021年9月6日). 2021年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  49. ^ NEOM launches TROJENA, mountain tourism project, slated for 2026 completion”. Construction Week. 2022年10月30日閲覧。
  50. ^ “Saudi Crown prince announces”. Alarabiya News. https://english.alarabiya.net/News/gulf/2022/03/03/Saudi-Crown-Prince-announces-TROJENA-in-NEOM-for-mountain-tourism 
  51. ^ “Trojena: How Saudi Arabia plans to redefine mountain tourism”. Arabian Business. https://www.arabianbusiness.com/industries/travel-hospitality/trojena-how-saudi-arabia-plans-to-redefine-mountain-tourism 
  52. ^ “MBS announces TROJENA, new global destination for mountain tourism in NEOM”. Saudi gazzet. https://saudigazette.com.sa/article/617721 
  53. ^ “Saudi Arabia unveils new mountain tourism destination Trojena in Neom”. Gulf News. https://gulfnews.com/business/tourism/saudi-arabia-unveils-new-mountain-tourism-destination-trojena-in-neom-1.86166288 
  54. ^ Choice Of Saudi For Winter Games Reflects Worsening Environment For Major Events”. Barron’s. 2022年10月5日閲覧。
  55. ^ Saudi prince's flagship plan beset by doubts after Khashoggi death | …”. archive.ph (2018年12月13日). 2022年7月16日閲覧。
  56. ^ Business, Zahraa Alkhalisi, CNN (2018年10月10日). “Top tech execs will help Saudi Arabia build its mega city of the future”. CNN. 2022年7月16日閲覧。
  57. ^ Khashoggi killing derails Bin Salman's flagship project” (英語). Middle East Monitor (2018年12月12日). 2022年7月16日閲覧。
  58. ^ “A Prince's $500 Billion Desert Dream: Flying Cars, Robot Dinosaurs and a Giant Artificial Moon”. The Wall Street Journal. (2019年7月25日). オリジナルの2019年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/2019.08.06-210715/https://www.wsj.com/articles/a-princes-500-billion-desert-dream-flying-cars-robot-dinosaurs-and-a-giant-artificial-moon-11564097568 2019年8月16日閲覧。 
  59. ^ Saudi Arabia Crown Prince's $500B city aims for futuristic 'Jetsons'-like amenities”. FOXBusiness (2019年7月26日). 2022年10月30日閲覧。
  60. ^ Saudis hire world's largest PR firm for help with megacity project”. Foreign Lobby (2020年11月24日). 2020年11月24日閲覧。
  61. ^ Saudi Arabia Hires Edelman To Handle Global PR For Megacity”. Saudi Arabia News (2020年11月27日). 2020年11月27日閲覧。
  62. ^ “Saudi tribe challenges crown prince's plans for tech city”. BBC News. (2020年4月23日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-52375343 2020年4月23日閲覧。 
  63. ^ a b c d e Gardner, Frank (2020年4月23日). “Saudi tribe challenges crown prince's plans for tech city”. BBC News. https://www.bbc.com/news/world-middle-east-52375343 2020年4月23日閲覧。 
  64. ^ Saudi prince defends trophy projects amid crisis”. Asia Times (2020年7月2日). 2020年7月2日閲覧。
  65. ^ Rothwell, James (2020年11月10日). “Dominic Raab urged to boycott G20 over Saudi Arabia's bid to evict Bedouin tribe from homeland”. https://www.telegraph.co.uk/news/2020/11/10/dominic-raab-urged-boycott-g20-saudi-arabias-bid-evict-bedouin/ 2020年11月10日閲覧。 
  66. ^ Neom: Saudi Arabia sentences tribesmen to death for resisting displacement”. Middle East Eye. 2022年10月7日閲覧。
  67. ^ “Death sentences for men who refused to make way for Neom” (英語). www.alqst.org. (2022年10月10日). https://www.alqst.org/en/post/death-sentences-for-men-who-refused-to-make-way-for-neom 
  68. ^ a b “Expatriate Executives Flee Saudi Arabia's Bad Bosses”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/expatriate-executives-flee-saudi-arabias-bad-bosses-crown-prince-mohammed-mbs-neom-nasr-11654008823 2022年5月31日閲覧。 
  69. ^ a b c “FEATURE-Saudi 'surveillance city': Would you sell your data to The Line?”. (2022年8月23日). https://www.reuters.com/article/saudi-city-surveillance-idAFL8N2ZL0CM 2022年8月23日閲覧。 
  70. ^ Ten ways that Saudi Arabia violates human rights”. Amnesty International. 2020年5月18日閲覧。
  71. ^ Ex-Twitter employee found guilty of spying on Saudi dissidents”. The Guardian (2022年8月10日). 2022年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ネオムに関するカテゴリがあります。