サウード家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サウード家(آل سعودĀl Saʿūd)は、サウジアラビア王家

名称[編集]

サウジアラビアの英語名に含まれる Saudi、アラビア語名に含まれる السعوديةal-Suʿūdīya は、いずれも「サウード家の」という意味である。

歴史[編集]

第一次サウード王国[編集]

元来、サウード家はアラブ人のスンナ派のアナイザ族英語版に属するアラビア半島中部のディルイーヤの支配者だった。18世紀中頃、ムハンマド・イブン=サウード英語版(在位: 1744年 - 1765年)がイスラームの純化を唱えるムハンマド・イブン=アブドゥルワッハーブ英語版と盟約を結んで、ワッハーブ主義の保護者となる代わりにワッハーブ派勢力の世俗支配者としての正統性を認められて、勢力を拡大した。ムハンマドの興した第一次サウード王国は、マッカ(メッカ)・マディーナ(メディナ)を征服し、19世紀初頭までにアラビア半島の大部分を支配するまでに成長した。

オスマン・サウジ戦争[編集]

オスマン・サウジ戦争英語版1811年 - 1818年)ではワッハーブ主義の拡大を恐れたオスマン帝国とそのエジプトen:Egypt Eyaletムハンマド・アリー朝)太守ムハンマド・アリーの派遣した討伐軍により首都ディルイーヤが攻略され、崩壊した。

第二次サウード王国[編集]

その後、トゥルキー・ビン・アブドゥッラー英語版リヤドに移って1824年第二次サウード王国を復興したがナジュド中南部の小勢力に留まり、Royal Civil Warとも呼ばれる1891年1月24日en:Battle of Mulaydaではナジュド北部の支配者ラシード家英語版によって首都を奪われ、アブドゥッラフマーン・ビン・ファイサル・アール=サウード英語版クウェートに亡命し、ジャバル・シャンマル王国がナジュドを支配した。

ナジュド及びハッサ王国[編集]

1902年リヤドの戦い英語版に至ってアブドゥルアズィーズ・イブン=サウードがリヤドを奪還してサウード王国を復興した(ナジュド及びハッサ王国)。その後、en:Battle of Dilamサウード・ラシード戦争英語版en:Battle of Unaizah (1904)en:Battle of Bekeriyah (1904)en:Battle of Shinanah (1904)en:Battle of Rawdat Muhanna (1906)en:Battle of Tarafiyah (1907))が続いた。

1915年en:Battle of Jarraben:Al-Khurma dispute1918年 - 1919年)。クウェート・ナジュド国境戦争英語版1919年 - 1920年)。

ナジュド・スルタン国[編集]

1921年にはラシード家を滅ぼしてナジュド・スルタン国が成立した(en:Conquest of Ha'il)。en:Ikhwan raids on Transjordan1922年 - 1924年)。

ナジュド及びヒジャーズ王国[編集]

ヒジャーズからハーシム家フサインヒジャーズ王国勢力を駆逐し(en:Saudi conquest of Hejaz)、1926年には現サウジアラビアの版図を征服(ナジュド及びヒジャーズ王国)。en:Ikhwan Revolt1927年 - 1930年)。en:Ikhwan raid on Busayyaen:Battle of Sabillaen:Battle of Jabal Shammar (1929)

サウジアラビア[編集]

1932年、アブドゥルアズィーズ・イブン=サウードが勅令によりサウジアラビアの建国を宣言、初代国王に就任した。1934年サウジ・イエメン戦争英語版en:Idrisid Emirate of Asirを併合。

一夫多妻制のため、初代国王アブドゥルアズィーズには、数は不確定ながら50人~200人の子供がいるといわれ、王位継承権を持つ第2世代の王子は1900年生まれから1947年生まれまで36人を数えた。第2代国王サウード、第3代国王ファイサル、第4代国王ハーリド、第5代国王ファハド、第6代国王アブドゥッラー、第7代国王サルマーンのいずれもこの第2世代の王子であり、異母兄弟若しくは同母兄弟が年長順に王位継承を続けてきた。次期国王と目されているムクリン皇太子も第2代から第7代国王までの異母兄弟である。1975年には第3代国王ファイサルが甥のファイサル・ビン・ムサーイド英語版王子に暗殺された。

1992年に制定された基本法により、サウジアラビア国王は初代国王アブドゥルアズィーズの男系の子孫であることが定められた。王族はワッハーブ派のムスリムとしか結婚が許されないため、海外の王侯貴族との政略結婚などはあまり行われていない。

サウード家はサウジアラビアにおいて、ワッハーブ主義の保護者として正統性から絶大な地位を持ち、安定した政権を保ちつづけているが、第5代国王ファハドの即位以来、「スデイリー・セブン」と呼ばれる国内の有力豪族スデイリー部族の母を持つ第5代国王ファハドの同母兄弟が中央政界で力を持っており、異母弟である第6代国王アブドゥッラーなどその他の王族と微妙な関係にあるとされた。

第3世代となる初代国王の孫の世代は男性だけでも254人が公式に確認されており、王位継承問題が深刻化すると見られていたが、2015年に第7代国王サルマーンが、ナーイフ元皇太子の息子のムハンマド・ビン・ナーイフを王位継承順第2位となる副皇太子に就任させたことによって、初めて第3世代が王位継承者に挙がることとなった。これにより第3世代への王位継承問題に道筋がつけられた。

なお、2009年時点までに第6世代まで誕生している。一夫多妻制により鼠算式に王族が増えていった結果、第6世代まで含めたサウード王家の総数は一万人を超えるとも言われており、単純に総人口で割ると国民2700人前後に1人の割合で王族が居ることになる。

関連項目[編集]