スデイリー・セブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スデイリー・セブンアラビア語: السديريون السبعةAs-Sudayrīyūn as-Sabʿah英語: Sudairi Seven)とは、サウジアラビアの王家サウード家のうち、初代サウジアラビア国王アブドゥルアズィーズ・イブン・サウードと彼が最も寵愛したスデイリー家出身の女性ハッサとの間に生まれた7人の男子のこと。

王位継承権を持つ7人の男子と、彼らの子や孫が王家の中で権勢を振るい、実際に7人のうち4人が王位継承順第1位となる皇太子に指名され、このうち即位前に病死しなかった2人が国王に即位した。2015年に第6代国王アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズが死去し、スデイリー・セブンの一人であるサルマーンが即位した際には、スデイリー閥によって前国王アブドゥッラーの人脈が排除され、王室内でのスデイリー閥の主導権が強められたとされている。また、男子の他にハッサ妃は4人の女子ももうけた。

構成[編集]

王位継承順に挙がった人物を太字で記す。

  1. ファハド・ビン・アブドゥルアズィーズ(1921年 - 2005年)、皇太子(1975年 - 1982年)、第5代国王(1982年 - 2005年)
  2. スルターン・ビン・アブドゥルアズィーズ(1929年 - 2011年)、皇太子(2005年 - 2011年、王位即位前に病死)
  3. アブドゥッラフマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ(1931年 - 2017年)、防衛副大臣(1978年 - 2011年)
  4. ナーイフ・ビン・アブドゥルアズィーズ(1934年 - 2012年)、皇太子(2011年 - 2012年、王位即位前に病死)
  5. トゥルキー・ビン・アブドゥルアズィーズ(1934年 - 2016年)、防衛副大臣(1968年 - 1978年)
  6. サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ(1935年 - )、皇太子(2012年 - 2015年)、第7代国王(2015年 - )
  7. アフマド・ビン・アブドゥルアズィーズ(1942年 - )、内務大臣(2012年)

スデイリー・セブンの子[編集]

王位継承順に挙がった人物を太字で記す。スデイリー・セブンの子は初代国王の孫の世代で、「第3世代」となる。