アル=ワリード・ビン・タラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アル=ワリード・ビン・タラール・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール・サウードアラビア語: الوليد بن طلال بن عبد العزيز آل سعودal-walīd bin ṭalāl bin ‘abd al-‘azīz ’āl su‘ūd, ラテン文字表記:Al-Walid bin Talal bin Abdul Aziz Al Saud, 1955年3月7日 - )は、サウジアラビアの王家サウード家の一員で起業家、投資家。日本のマスコミでは、ワリード・ビンタラール王子と呼ばれることも少なくない。

経歴[編集]

株式および土地への投資によって富を築いた。アメリカ人(及びアメリカへの移民)以外で最も成功した投資家である。2006年時点で資産は米ドルでおよそ200億ドルであり、世界で8番目の資産家、アラブ世界では一番の資産家である。2008年の総資産は133億ドルで、世界長者番付22位となっている。『タイム』誌によって「アラブのウォーレン・バフェット」と名づけられた。

祖父はサウジアラビアの初代国王アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード、父は王位継承権を放棄したタラール王子、母はモナ・アッ=スルフ王女(父はレバノンの初代首相リヤード・アッ=スルフ)。サウジアラビアの第2代国王サウード・ビン・アブドゥルアズィーズのダラール王女を含め3度の婚姻歴があるが、現在は独身。子供はハリード王子(1978年生まれ)とリーム王女(1982年生まれ)の2人。

リヤド士官学校を経てアメリカのメンロ大学、シラキュース大学に留学し、帰国後に事業を開始した。投資事業拡大により資産が40億ドルを超えて、サウジアラビア一の富豪になった。

リヤドにあるサウジアラビア一のビル(高さ303m)キングダムセンターの最上階に執務室がある。このビルならびにキングダム・ホールディング・カンパニーのオーナーである。

2007年11月12日エアバス社の最新鋭旅客機A380を3億ドルでプライベート機として購入した。1億ドルの改装費をかけ、機内には2つのダイニングやゲームルーム、主寝室などを設置した。ミサイル防衛システムなども装備しており、エアバス社では"The Flying Palace"(空飛ぶ宮殿)と呼んでいる。

2015年12月、自身のツイッターでイスラム教徒入国禁止発言をした米共和党のドナルド・トランプ大統領候補のアカウントに「おまえは共和党だけでなく全米の恥だ。おまえの勝利はありえないから大統領選から撤退しろ」(You are a disgrace not only to the GOP but to all America. Withdraw from the U.S presidential race as you will never win.)[1]と罵るメッセージをおくり、トランプから「まぬけ王子」と罵り返されるなど応酬を繰り広げて注目された[2]

参考文献[編集]

  • リズ・カーン『アラビアのバフェット"世界第5位の富豪" アルワリード王子の投資手法』パンローリング社、2007年、 ISBN 978-4-7759-7092-8

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]