ラーセン&トゥブロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーセン&トゥブロ
Larsen & Toubro Limited
種類 公開株式会社
市場情報 NSE:LT
BSE:500510
本社所在地 インドの旗 インド
ムンバイ
設立 1938年
業種 建設業
事業内容 建設機械重化学工業原子力発電情報機器防衛機器
売上高 約1341億ルピー(2005)
営業利益 約164億ルピー(2005)
従業員数 19,800人(2005)
外部リンク http://www.larsentoubro.com/
テンプレートを表示

ラーセン&トゥブロ英語Larsen & Toubro Limited)は、インドマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置く先端資本財の製造と建設系コングロマリット建設業電子工学エンジニアリング事業の3つを主軸としている。

概要[編集]

1938年、ムンバイにてヘニング・ホルク=ラーセンen:Henning Holck-Larsen)とソレン・クリスチャン・トゥブロen:Søren Kristian Toubro)両名の技術者により設立される。現在は建設業のみならず、原子力発電事業、軍民向け造船重化学工業情報通信サービス事業など多岐に渡っている。その後、牽引事業のひとつであったセメント事業を分離し、建設エンジニアリング、製造、情報通信サービス事業に特化することを目標とする経営方針に転換する。さらに世界的規模への拡大を目指している。

売上の8割強はエンジニアリング・建設部門が出している。

主要事業体[編集]

  • L&Tエンジニアリング・コンストラクション
    • 建設事業の実行中核体。
  • L&Tパワー
    • 石炭およびガス発電事業から始まり、現在では原子力発電事業に進化している。日本三菱重工業と蒸気タービン発電機の合弁事業を形成し、アメリカ合衆国サージャント&ランディSargent & Lundy)と発電所の合弁事業をはじめ、2008年から2009年にかけて超臨界ボイラーの製造施設を建設する方向性を固めた。2010年1月に三菱重工業と超臨界ボイラーの建造に関する契約が結ばれる[1]
  • L&T造船所
  • L&T建設技術契約事業部
  • L&Tインフォテック
    • 100%子会社で、ソフトウェアソリューションやサービスを提供している。
  • L&Tマニファクチャ
    • 鉱業用建設機械のサポートシムテムの提供や、重機の製造など。
  • L&T電子製品部門
    • 電子製品のほか、発電、セメント、石油化学製品、製錬所に供される産業用配電盤や、自動制御システムの提供などを行っている。これ以外に医療用システムにも着手しており、先進超音波スキャナ、患者監視システムなどを提供している。

関連子会社[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 新華ファイナンスジャパン:編『中国・インド企業データ 2006-2007』毎日新聞社、2006年

外部リンク[編集]