2022 FIFAワールドカップ・グループH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2022 FIFAワールドカップグループステージ・グループHは、2022年11月24日から12月2日にかけて行われる[1]。このグループには、ポルトガルガーナウルグアイ韓国の計4ヶ国が入る。上位2ヶ国が決勝トーナメント(ラウンド16)に進出する[2]

出場チーム[編集]

Pos チーム Pot 連盟 予選成績 出場決定日 出場回数 前回
出場
最高成績 FIFAランキング
3月 10月
H1  ポルトガル 1 UEFA 2次予選パスC 勝者 2022年3月29日 8回目 2018 3位 (1966) 8 9
H2  ガーナ 4 CAF 3次予選 勝者 2022年3月29日 4回目 2014 準々決勝 (2010) 60 61
H3  ウルグアイ 2 CONMEBOL 南米予選 3位 2022年3月24日 14回目 2018 優勝 (1930, 1950) 13 14
H4  韓国 3 AFC 3次予選A組 2位 2022年2月1日 11回目 2018 4位 (2002) 29 28
出場チームに関する注釈

順位表[編集]

チーム 出場権
1  ポルトガル 3 2 0 1 6 4 +2 6 ノックアウトステージ進出
2  韓国 3 1 1 1 4 4 0 4
3  ウルグアイ 3 1 1 1 2 2 0 4
4  ガーナ 3 1 0 2 5 7 −2 3
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方法

試合結果[編集]

開催時刻は全てカタール時間 (UTC+3)

ウルグアイ vs 韓国[編集]

両者はワールドカップ本大会での2度の対戦(1990年イタリア大会グループE・韓国0-1ウルグアイ、2010年南アフリカ大会ラウンド16・ウルグアイ2-1韓国)を含む8回の対戦経験がある。

ウルグアイ
韓国
GK 23 セルヒオ・ロシェ
RB 22 マルティン・カセレス 57分に警告 57分
CB 3 ディエゴ・ゴディン キャプテン
CB 2 ホセ・マリア・ヒメネス
LB 16 マティアス・オリベラ 79分に交代退場 79分
CM 15 フェデリコ・バルベルデ
CM 5 マティアス・ベシーノ 79分に交代退場 79分
CM 6 ロドリゴ・ベンタンクール
RF 8 ファクンド・ペリストリ 88分に交代退場 88分
CF 9 ルイス・スアレス 64分に交代退場 64分
LF 11 ダルウィン・ヌニェス
控え
FW 21 エディンソン・カバーニ 64分に交代出場 64分
MF 7 ニコラス・デ・ラ・クルス 79分に交代出場 79分
DF 17 マティアス・ビーニャ 79分に交代出場 79分
DF 13 ギジェルモ・バレラ 88分に交代出場 88分
監督
ウルグアイの旗 ディエゴ・アロンソ
URU-KOR 2022-11-24.svg
GK 1 キム・スンギュ
RB 15 キム・ムナン
CB 4 キム・ミンジェ
CB 19 キム・ヨングォン
LB 3 キム・ジンス
CM 6 ファン・インボム
CM 5 チョン・ウヨン
RW 17 ナ・サンホ 74分に交代退場 74分
AM 10 イ・ジェソン 74分に交代退場 74分
LW 7 ソン・フンミン キャプテン
CF 16 ファン・ウィジョ 74分に交代退場 74分
控え
FW 9 チョ・ギュソン 88分に警告 88分 74分に交代出場 74分
MF 13 ソン・ジュンホ 74分に交代出場 74分
MF 18 イ・ガンイン 74分に交代出場 74分
監督
ポルトガルの旗 パウロ・ベント 90+8分に警告 90+8分

Man of the Match:
ウルグアイの旗 フェデリコ・バルベルデ

副審:
フランス ニコラス・ダノス
フランス シリル・グランゴア
第4の審判:
ルーマニア イシュトヴァーン・コヴァーチ
予備副審:
ルーマニア ヴァシレ・マリネスク
ビデオ副審:
フランス ジェローム・ブリサード
アシスタントビデオ副審:
フランス ブノワ・ミロー
セネガル ジブリル・カマラ
モロッコ レドゥアン・ジェド
スタンバイビデオ副審:
ドイツ ラファエル・フォルティン

ポルトガル vs ガーナ[編集]

両者は2014年6月26日に2014年ブラジル大会グループG最終節で対戦したのが唯一で、2-1でポルトガルが勝利している。

ポルトガル 3 - 2 ガーナ
Report (FIFA)
ポルトガル
ガーナ
GK 22 ディオゴ・コスタ
RB 20 ジョアン・カンセロ
CB 4 ルベン・ディアス
CB 13 ダニーロ・ペレイラ 90+1分に警告 90+1分
LB 5 ラファエル・ゲレイロ
DM 18 ルベン・ネヴェス 77分に交代退場 77分
CM 8 ブルーノ・フェルナンデス 90+5分に警告 90+5分
CM 25 オタヴィオ 56分に交代退場 56分
AM 10 ベルナルド・シウバ 88分に交代退場 88分
CF 11 ジョアン・フェリックス 88分に交代退場 88分
CF 7 クリスティアーノ・ロナウド キャプテン 88分に交代退場 88分
控え
MF 14 ウィリアム・カルヴァーリョ 56分に交代出場 56分
FW 15 ラファエル・レオン 77分に交代出場 77分
MF 14 ジョアン・パリーニャ 88分に交代出場 88分
FW 15 ゴンサロ・ラモス 88分に交代出場 88分
FW 15 ジョアン・マリオ 88分に交代出場 88分
監督
ポルトガルの旗 フェルナンド・サントス
POR-GHA 2022-11-24.svg
GK 1 ローレンス・アティ=ジギ
CB 18 ダニエル・アマーティ
CB 23 アレクサンデル・ジク 90+2分に交代退場 90+2分
CB 4 モハメド・サリス
RWB 26 アリドゥ・セイドゥ 57分に警告 57分 66分に交代退場 66分
LWB 17 ババ・ラーマン
CM 5 トーマス・パーテイ
CM 20 モハメド・クドゥス 45+1分に警告 45+1分 77分に交代退場 77分
CM 21 サリス・アブドゥル・サメド 90+2分に交代退場 90+2分
CF 10 アンドレ・アイェウ キャプテン 49分に警告 49分 77分に交代退場 77分
CF 19 イニャキ・ウィリアムズ 90+1分に警告 90+1分
控え
DF 2 タリク・ランプティ 66分に交代出場 66分
MF 11 オスマン・ブカリ 77分に交代出場 77分
FW 9 ジョルダン・アイェウ 77分に交代出場 77分
MF 8 ダニエル=コフィ・キエレ 90+2分に交代出場 90+2分
FW 25 アントワーヌ・セメニョ 90+2分に交代出場 90+2分
監督
ガーナの旗 オットー・アッド

Man of the Match:
ポルトガルの旗 クリスティアーノ・ロナウド

副審:
アメリカ合衆国 カイル・アトキンス
アメリカ合衆国 コーリー・パーカー
第4の審判:
フランス ステファニー・フラパール
予備副審:
メキシコ カレン・ディアス・メディナ
ビデオ副審:
アメリカ合衆国 アルマンド・ビジャレアル
アシスタントビデオ副審:
カナダ ドリュー・フィッシャー
イタリア アレッサンドロ・ジャラティーニ
オーストラリア ショーン・エヴァンス
スタンバイビデオ副審:
カメルーン エルヴィ・ヌピュ

韓国 vs ガーナ[編集]

両者は国際親善試合で8度の対戦経験があり、直近では2014年に対戦し、ガーナが4-0で勝利している。

韓国 2 - 3 ガーナ
Report (FIFA)
韓国
ガーナ
GK 1 キム・スンギュ
RB 15 キム・ムナン
CB 4 キム・ミンジェ 90+2分に交代退場 90+2分
CB 19 キム・ヨングォン 77分に警告 77分
LB 3 キム・ジンス
CM 6 ファン・インボム
CM 5 チョン・ウヨン 27分に警告 27分 78分に交代退場 78分
RW 22 クォン・チャンフン 57分に交代退場 57分
AM 25 チョン・ウヨン 46分に交代退場 46分
LW 7 ソン・フンミン キャプテン
CF 9 チョ・ギュソン
控え
MF 17 ナ・サンホ 46分に交代出場 46分
MF 18 イ・ガンイン 57分に交代出場 57分
FW 16 ファン・ウィジョ 78分に交代出場 78分
DF 20 クォン・ギョンウォン 90+2分に交代出場 90+2分
監督
ポルトガルの旗 パウロ・ベント Red card 90+12分
KOR-GHA 2022-11-28.svg
GK 1 ローレンス・アティ=ジギ
RB 2 タリク・ランプティ 73分に警告 73分 78分に交代退場 78分
CB 18 ダニエル・アマーティ 21分に警告 21分
CB 4 モハメド・サリス
LB 14 ギデオン・メンサー 88分に交代退場 88分
DM 21 サリス・アブドゥル・サメド
CM 5 トーマス・パーテイ
CM 20 モハメド・クドゥス 83分に交代退場 83分
RF 10 アンドレ・アイェウ キャプテン 78分に交代退場 78分
CF 19 イニャキ・ウィリアムズ
LF 9 ジョルダン・アイェウ 78分に交代退場 78分
控え
MF 22 カマルディーン・スレマナ 78分に交代出場 78分
MF 8 ダニエル=コフィ・キエレ 78分に交代出場 78分
DF 3 デニス・オドイ 78分に交代出場 78分
DF 23 アレクサンデル・ジク 83分に交代出場 83分
DF 17 ババ・ラーマン 88分に交代出場 88分
監督
ガーナの旗 オットー・アッド

Man of the Match:
ガーナ モハメド・クドゥス

副審:
イングランド ゲイリー・ベスウィック
イングランド アダム・ナン
第4の審判:
ペルー ケビン・オルテガ
予備副審:
ペルー ミチャエル・オルエ
ビデオ副審:
ポーランド トマシュ・クヴィアトコフスキ
アシスタントビデオ副審:
スペイン アレハンドロ・エルナンデス・エルナンデス
アメリカ合衆国 カイル・アトキンス
スペイン リカルド・デ・ブルゴス
スタンバイビデオ副審:
アメリカ合衆国 コーレイ・パーカー

ポルトガル vs ウルグアイ[編集]

両者は2018年ロシア大会ラウンド16での対戦(ウルグアイ2-1ポルトガル)を含めて3度の対戦経験がある。

ポルトガル
ウルグアイ
GK 22 ディオゴ・コスタ
RB 20 ジョアン・カンセロ
CB 4 ルベン・ディアス 89分に警告 89分
CB 3 ペペ
LB 19 ヌーノ・メンデス 42分に交代退場 42分
DM 18 ルベン・ネヴェス 38分に警告 38分 69分に交代退場 69分
CM 10 ベルナルド・シウバ
CM 14 ウィリアム・カルヴァーリョ 82分に交代退場 82分
AM 8 ブルーノ・フェルナンデス
CF 7 クリスティアーノ・ロナウド キャプテン 82分に交代退場 82分
CF 11 ジョアン・フェリックス 77分に警告 77分 82分に交代退場 82分
控え
DF 5 ラファエル・ゲレイロ 42分に交代出場 42分
FW 15 ラファエル・レオン 69分に交代出場 69分
MF 23 マテウス・ヌネス 82分に交代出場 82分
FW 26 ゴンサロ・ラモス 82分に交代出場 82分
MF 6 ジョアン・パリーニャ 82分に交代出場 82分
監督
ポルトガルの旗 フェルナンド・サントス
POR-URU 2022-11-28.svg
GK 23 セルヒオ・ロシェ
CB 2 ホセ・ヒメネス
CB 3 ディエゴ・ゴディン キャプテン 62分に交代退場 62分
CB 19 セバスティアン・コアテス
DM 6 ロドリゴ・ベンタンクール 6分に警告 6分
CM 15 フェデリコ・バルベルデ
CM 5 マティアス・ベシーノ 62分に交代退場 62分
RW 13 ギジェルモ・バレラ
LW 16 マティアス・オリベラ 44分に警告 44分 86分に交代退場 86分
CF 11 ダルウィン・ヌニェス 72分に交代退場 72分
CF 21 エディンソン・カバーニ 72分に交代退場 72分
控え
FW 8 ファクンド・ペリストリ 62分に交代出場 62分
MF 10 ジョルジアン・デ・アラスカエタ 62分に交代出場 62分
FW 18 マクシミリアーノ・ゴメス 72分に交代出場 72分
FW 9 ルイス・スアレス 72分に交代出場 72分
DF 17 マティアス・ビーニャ 86分に交代出場 86分
監督
ウルグアイの旗 ディエゴ・アロンソ

Man of the Match:

副審:
イラン モハンマドレザ・マンスリー
イラン モハンマドレザ・アボルファズリ
第4の審判:
カタール アブドゥルラフマン・アル=ジャシム
予備副審:
カタール サウド・アル=マカリー
ビデオ副審:
カタール アブドゥッラ・アル=マッリ
アシスタントビデオ副審:
オーストラリア ショーン・エヴァンス
オーストラリア アントン・シュチェティニン
モロッコ レドゥアヌ・ジイェド
スタンバイビデオ副審:
オーストラリア アシュレイ・ビーチャム

ガーナ vs ウルグアイ[編集]

両者の対戦は2010年7月2日に行われた2010 FIFAワールドカップ準々決勝での対戦が唯一で、この時は延長でも決着がつかず[注釈 1]、PK戦の末ウルグアイが準決勝に駒を進めた。

韓国 vs ポルトガル[編集]

両者の対戦は2002年6月14日に行われた2002年日韓大会グループDでの対戦が唯一で、ポルトガルが2名の退場者を出したこともあり韓国が1-0で勝利している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この試合の延長終了間際にウルグアイのFWルイス・スアレスがガーナFWドミニク・アディアーのシュートをハンドで阻止し、これで得られたPKをアサモア・ギャンがクロスバーに当てて外すという大会を象徴するようなシーンがあった[3]

出典[編集]

  1. ^ FIFA World Cup Qatar 2022 – Match Schedule (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2022年4月1日). 2022年4月1日閲覧。
  2. ^ Regulations – FIFAワールドカップ Qatar 2022 (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2021年12月15日). 2022年3月30日閲覧。
  3. ^ 衝撃のハンドから悪夢のPK失敗 今も消えぬガーナ英雄の後悔「眠れなくて」”. the WORLD (2020年4月20日). 2022年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]