富樫敬真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富樫 敬真 Football pictogram.svg
名前
本名 富樫敬真グレイビル[1]
愛称 ケイマン
カタカナ トガシ ケイマン
ラテン文字 TOGASHI Cayman
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-08-10) 1993年8月10日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
身長 178cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 V・ファーレン長崎
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2018 横浜F・マリノス 38 (8)
2018 FC東京 (loan) 19 (1)
2019 FC町田ゼルビア 30 (5)
2020- V・ファーレン長崎
1. 国内リーグ戦に限る。2019年11月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

富樫 敬真(とがし けいまん、1993年8月10日 - )はアメリカ合衆国出身の日本サッカー選手J2リーグV・ファーレン長崎所属。ポジションはフォワード。ミドルネームはグレイビル[2]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

ニューヨーク州生。小学校の頃から横浜市に移住し、横浜市立駒林小学校に通う。横浜市立日吉台西中学校時代に、J1リーグ横浜F・マリノスジュニアユースに入団[3]。しかし、ユースには昇級することができず[4]日本大学高等学校を経て、関東学院大学に進学した。

2015年、練習人数が足りない時の練習生として、横浜FMの練習に参加していたが、8月に横浜FMの特別指定選手に登録される[5]9月19日FC東京戦に後半27分から途中出場でJ1デビューを果たし[6]、後半43分にデビュー戦初ゴールを飾った[7]

横浜F・マリノス[編集]

2016年シーズンよりマリノスに正式に加入。3月12日、公式戦初スタメンとなった第1ステージ第3節のアルビレックス新潟戦にて先制点を挙げ、プロとしての初ゴールを記録した[8][9]。4月4日、静岡合宿に挑むU-23日本代表に初召集された。5月11日、ガーナ代表戦でU-23日本代表の初出場初得点を挙げたが[10]リオデジャネイロオリンピックのメンバーからは外れた。

FC東京[編集]

2018年1月5日FC東京への期限付き移籍が発表された[11]。4月18日、ルヴァンカップ第4節の横浜F・マリノス戦で古巣相手に移籍後初得点あげた[12]

FC町田ゼルビア[編集]

2018年12月21日、FC町田ゼルビアへの完全移籍が発表された[13]。2月24日、開幕戦の東京ヴェルディ戦で得点をきめて勝利に貢献した[14]

V·ファーレン長崎[編集]

2019年12月27日、FC町田ゼルビアからV・ファーレン長崎への完全移籍が発表された。背番号は同じく9を背負う。

人物[編集]

  • 日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれたハーフである[15]。Cayman とアルファベット表記される名前は、両親が新婚旅行に訪れたケイマン諸島が由来という[15]
  • 2019年9月20日、ダンス&ボーカルグループFlowerの中島美央と結婚することを発表した[16]。2020年1月23日、第1子となる女児が誕生[17]

所属クラブ[編集]

アマ経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 横浜FM 37 J1 4 1 - - 4 1
2016 17 18 5 3 1 4 0 25 6
2017 16 2 2 0 4 1 22 3
2018 FC東京 19 1 6 2 3 0 28 3
2019 町田 9 J2 30 5 - 1 0 31 5
2020 長崎 -
通算 日本 J1 57 9 11 3 11 1 79 13
日本 J2 30 5 - 1 0 31 5
総通算 87 14 11 3 12 1 110 18
  • 2015年は特別指定選手

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2018 F東23 17 J3 9 2 9 2
通算 日本 J3 9 2 9 2
総通算 9 2 9 2

代表歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ @Graybil0810 (24 September 2020). "僕本名は富樫敬真グレイビルっていうんですけど、" (ツイート). Twitterより2020年9月25日閲覧
  2. ^ メクル第480号<旬感 V・ファーレン>FW富樫敬真選手(背番号9) チームのため献身的に”. 長崎新聞 (2020年8月22日). 2020年9月25日閲覧。
  3. ^ 富樫敬真選手 JFA・Jリーグ特別指定選手承認のお知らせ(横浜F・マリノス2015年8月5日 9月20日閲覧)
  4. ^ 五輪世代の“新星”富樫ケイマン、途中出場デビュー戦で千金V弾(スポーツニッポン2015年9月20日 当日閲覧)
  5. ^ 富樫は、いまのところ一介の大学生に過ぎない(ザ・ヨコハマ・エクスプレス2015年9月20日)
  6. ^ 公式記録 2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第11節第1日・横浜F・マリノス1-0FC東京(J.League Data Site 2015年9月19日 2015年9月20日閲覧)
  7. ^ 【J1 2nd第11節】横浜FM、富樫デビュー弾で競り勝つ。大久保はJ1通算152得点(フットボールチャンネル2015年9月19日 2015年9月20日閲覧)
  8. ^ 【J1】終了間際の齋藤弾で横浜が今季初勝利! セットプレーから10人で守る新潟を攻略”. サッカーダイジェストWeb (2016年3月12日). 2016年3月12日閲覧。
  9. ^ 【横浜M】富樫プロ初先発1号!遠藤もデビューで初勝利に若手躍動”. スポーツ報知 (2016年3月12日). 2016年3月12日閲覧。
  10. ^ 富樫がループでデビュー戦弾「珍しく冷静になれた」”. 日刊スポーツ (2016年5月12日). 2016年5月13日閲覧。
  11. ^ FC東京、横浜FMからFW富樫敬真を期限付き移籍で獲得「覚悟を持って…」サッカーキング(2018年1月5日)
  12. ^ 富樫がFC東京史上最速12秒弾!古巣・横浜M相手に移籍後初ゴールデイリースポーツ(2018年4月19日)
  13. ^ 富樫敬真選手 加入のお知らせ, FC町田ゼルビア, (2018-12-21), http://www.zelvia.co.jp/news/news-133599/ 2018年12月21日閲覧。 
  14. ^ 悲願のJ1昇格へ! サイバーエージェント元年の町田、“東京クラシック”制して開幕白星ゲキサカ(2019年2月24日)
  15. ^ a b 【横浜M】イケメン大学生・富樫デビューV弾!(スポーツ報知2015年9月20日 当日閲覧)
  16. ^ “ゼルビアFW富樫敬真がFlowerの中島美央との結婚&妊娠を報告。「新たな命を授かっております」”. フットボールチャンネル. (2019年9月20日). https://www.footballchannel.jp/2019/09/20/post339284/ 2019年9月21日閲覧。 
  17. ^ “長崎FW富樫敬真に第一子誕生、昨年9月に入籍「すべてを捧げて産んでくれた妻」”. ゲキサカ. (2020年1月28日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?296792-296792-fl 2020年2月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]