中村航輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 航輔 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカムラ コウスケ
ラテン文字 NAKAMURA Kosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-02-27) 1995年2月27日(22歳)
出身地 東京都北区
身長 184cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 柏レイソル
ポジション GK
背番号 23
利き足 右足
ユース
2004-2012 柏レイソル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- 柏レイソル 28 (0)
2014-2015 Jリーグ・U-22選抜 3 (0)
2015 アビスパ福岡 (loan) 20 (0)
代表歴2
2009 日本の旗 日本 U-15 1 (0)
2010 日本の旗 日本 U-16 13 (0)
2011  日本 U-17 9 (0)
2011 日本の旗 日本 U-18 3 (0)
2012-2014 日本の旗 日本 U-19 13 (0)
2015 日本の旗 日本 U-22 2 (0)
2016  日本 U-23 6 (0)
2017- 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月6日現在。
2. 2017年6月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 航輔(なかむら こうすけ、1995年2月27日 - )は、東京都北区出身のサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属。ポジションはゴールキーパー日本代表

来歴[編集]

クラブ[編集]

柏レイソル[編集]

2002年日韓共催ワールドカップドイツ代表オリバー・カーンの活躍を見てゴールキーパーを始め[1]、9歳の時から柏レイソルの下部組織に所属。2013年に同期の秋野央樹小林祐介木村裕と共にトップチームへ昇格したが[2]、前年の第36回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会直前に右腕を骨折して以来負傷が続き[3][4][5]、出場機会は得られなかった。

アビスパ福岡[編集]

2015年J2アビスパ福岡期限付き移籍[6]。第10節ジュビロ磐田戦で移籍後初出場を果たすと、第24節大宮アルディージャ戦からスターティングメンバーに定着した[7]。同年のリーグ戦では、2010年以降J2で1,000分以上出場したゴールキーパーの中でトップとなるシュートセーブ率87.3%を記録[8]J2リーグ月間MVPを受賞した9月以降は、出場した全12試合のうち9試合を無失点に抑えた。最終順位は得失点差で自動昇格圏に届かず3位に終わったが、J1昇格プレーオフでもビッグセーブを連発し[7][9]、クラブ5年ぶりのJ1復帰に大きく貢献した。

柏レイソル復帰[編集]

2016年、アビスパ福岡への期限付き移籍期間が満了し、J1・柏レイソルへ復帰した[10][11]。前年まで正GKを務めていた菅野孝憲京都サンガF.C.へ移籍したこともあり、開幕からスターティングメンバーに定着すると、シーズンを通じて安定したパフォーマンスを続け、同年のJリーグ優秀選手賞を受賞した[12]

代表[編集]

中学時代から各世代の年代別日本代表に選出され、2011 FIFA U-17ワールドカップでベスト8進出を果たした「94ジャパン」の絶対的守護神として活躍した[13]

2012年には飛び級でU-19日本代表の正GKを務め[14][15]AFC U-19選手権2012の代表メンバーに招集されたが、同年7月と10月に右腕の同じ箇所を骨折した影響で辞退した[4][16]。2年越しの参加となったAFC U-19選手権2014では全4試合に出場したが、準々決勝北朝鮮戦でPK戦の末敗退し、2015 FIFA U-20ワールドカップの出場権は獲得出来なかった[15]

2016年のリオデジャネイロ五輪では予選から櫛引政敏が正GKとして起用されていたが、本大会1次リーグ初戦ナイジェリア戦で5失点を喫し敗れたことで、第2戦コロンビア戦からスターティングメンバーに名を連ねた[17]。第3戦スウェーデン戦では完封勝利に貢献したものの、チームは1次リーグで敗退した[18]

同年10月、日本代表史上初めて実施されたゴールキーパーのみの代表候補合宿に参加[19]2017年5月、キリンチャレンジカップ2017ならびに2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選のメンバーとしてA代表に初招集された[20]

人物[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2011 柏U-18 1 - - - 1 0 1 0
2012 - - 0 0 0 0
2013 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 0 0 0 0 0 0 0 0
2015 福岡 23 J2 20 0 - 1 0 21 0
2016 J1 28 0 1 0 3 0 32 0
2017
通算 日本 J1 28 0 1 0 3 0 32 0
日本 J2 20 0 - 1 0 21 0
日本 - - 1 0 1 0
総通算 48 0 1 0 5 0 54 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 31 0 0
通算 AFC 0 0
その他の公式戦
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算
出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 3 0 3 0
2015 3 0 0 0
通算 日本 J3 3 0 3 0
総通算 3 0 3 0

出場歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

柏レイソルU-12
柏レイソルU-15
柏レイソルU-18
柏レイソル

代表[編集]

U-19日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原田大輔 (2014年10月8日). “【中村航輔 -柏レイソル-】後編「ケガは苦しかった。でも結局は自分自身」”. SOCCER PUSH UP!. 2017年5月6日閲覧。
  2. ^ “柏レイソルU-18所属 秋野 央樹選手、木村 裕選手、小林 祐介選手、中村 航輔選手が来季新加入” (プレスリリース), 柏レイソル, (2012年12月7日), http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014576.html 2017年5月6日閲覧。 
  3. ^ 川端暁彦 (2012年7月29日). “【adidas CUP日本クラブユース選手権(U-18)】太陽王子の守護神。その勇姿は、見えずとも”. EL GOLAZO. 2017年5月6日閲覧。
  4. ^ a b 鈴木潤 (2014年10月8日). “守護神・中村航輔。太陽王の「未来」を背負う男は3度の大ケガを経て、帰ってきた”. J論. 2017年5月6日閲覧。
  5. ^ 舩木渉 (2015年12月7日). “苦難乗り越えた守護神・中村航輔。太陽王が生んだ“最高傑作”の覚醒なくして福岡の昇格なし”. フットボールチャンネル. 2017年5月6日閲覧。
  6. ^ “中村 航輔選手 アビスパ福岡へ期限付き移籍” (プレスリリース), 柏レイソル, (2015年1月7日), http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013240.html 2017年5月6日閲覧。 
  7. ^ a b 児玉幸洋 (2015年12月6日). “どうなる去就…J1昇格福岡の堅守支えた守護神中村航輔「集大成という意味では…」”. ゲキサカ. 2017年5月6日閲覧。
  8. ^ J2史上最強の3位。福岡の2015年を振り返る”. Football LAB (2015年12月21日). 2017年5月6日閲覧。
  9. ^ U-22代表GK中村航輔、神セーブ連発!「信じてやった結果がJ1」”. スポーツニッポン (2015年12月6日). 2015年12月6日閲覧。
  10. ^ “中村 航輔 選手 期限付き移籍期間 満了のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2016年1月5日), http://www.avispa.co.jp/release/post-1205 2017年5月6日閲覧。 
  11. ^ “中村 航輔選手 柏レイソルへ復帰” (プレスリリース), 柏レイソル, (2016年1月5日), http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014211.html 2017年5月6日閲覧。 
  12. ^ “2016Jリーグ優秀選手賞 受賞選手 決定” (プレスリリース), Jリーグ, (2016年11月18日), https://www.jleague.jp/release/post-46834/ 2017年5月6日閲覧。 
  13. ^ [U-17W杯]U-17日本代表特別名鑑:GK中村航輔”. ゲキサカ (2011年6月17日). 2014年10月1日閲覧。
  14. ^ U19日本代表に待望の中村航輔が復帰、浦和の関根も選出”. サッカーキング (2014年5月16日). 2014年10月1日閲覧。
  15. ^ a b 安藤隆人 (2016年7月11日). “次代の守護神候補はストイックの塊。中村航輔、リオへの道程で得た哲学。”. Number Web. 2017年5月6日閲覧。
  16. ^ a b “中村 航輔選手が『U-19日本代表』を辞退” (プレスリリース), 柏レイソル, (2012年10月22日), http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014388.html 2017年5月6日閲覧。 
  17. ^ 飯尾篤史 (2016年8月25日). “【手倉森ジャパン徹底検証/前編】すべてを変えたナイジェリア戦の真実”. サッカーキング. 2017年5月6日閲覧。
  18. ^ 小田智史 (2016年8月14日). “【ポジション別検証】GL敗退を余儀なくされたリオ五輪で日本に突きつけられた課題とは?”. サッカーダイジェストWeb. 2017年5月6日閲覧。
  19. ^ “日本代表候補 GKトレーニングキャンプ (10/17~19@J-Green堺) メンバー・スケジュール” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年10月13日), http://www.jfa.jp/news/00011225/ 2017年5月6日閲覧。 
  20. ^ “中村 航輔選手が『日本代表』に選出” (プレスリリース), 柏レイソル, (2017年5月25日), http://blog.reysol.co.jp/news/2017/015645.html 2017年5月25日閲覧。 
  21. ^ 田川拓洋 (2016年5月25日). ““欧州への挑戦状” 次にJから海を渡る者たち Vol.2 中村航輔”. Shooty. 2017年5月6日閲覧。
  22. ^ 上田悠太 (2016年7月5日). “GK中村は理詰めでセーブ 将棋の羽生3冠会いたい”. 日刊スポーツ. 2017年5月6日閲覧。
  23. ^ a b 【柏】J屈指の将棋通GK中村「飛車筋を止められた…」プロに4枚落ちで勝利も納得せず”. スポーツ報知 (2017年7月23日). 2017年7月25日閲覧。
  24. ^ “中村 航輔 選手 U-23日本代表 離脱のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2015年12月30日), http://www.avispa.co.jp/news/post-1146 2017年5月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]