吉丸絢梓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉丸 絢梓 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケンシン
カタカナ ヨシマル ケンシン
ラテン文字 YOSHIMARU Kenshin
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-03-27) 1996年3月27日(25歳)
出身地 宮崎県都城市
身長 184cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ギラヴァンツ北九州
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2020 ヴィッセル神戸 3 (0)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 15 (0)
2016 大分トリニータ (loan) 0 (0)
2018 徳島ヴォルティス (loan) 0 (0)
2021- ギラヴァンツ北九州 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

吉丸 絢梓(よしまる けんしん、1996年3月27日 - )は、宮崎県都城市出身のプロサッカー選手Jリーグギラヴァンツ北九州所属。ポジションは、ゴールキーパー

来歴[編集]

中学校卒業後、地元・宮崎県を離れヴィッセル神戸U-18へ入団。2012年岐阜国体に兵庫県選抜として出場し優勝を果たした[1]2013年は、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグJリーグユース選手権大会を制して2冠獲得に貢献。また、同年シーズンはトップチームに2種登録されていた[2]

2014年より、トップチームへ昇格[3]。同年2月、J3に参戦するJリーグ・アンダー22選抜に選手登録された[4]

2016年、J3・大分トリニータ期限付き移籍[5]。試合出場機会は無くシーズン終了後に神戸に復帰した。

2018年、ルヴァンカップサガン鳥栖戦に先発出場し、トップチームでの公式戦初出場を果たした[6]。同年8月10日からはJ2徳島ヴォルティスへ育成型期限付き移籍[7]。1ヶ月後の9月10日に移籍期間終了により神戸に復帰した[8]

2019シーズンは外国人枠の影響もあって韓国代表キム・スンギュがメンバーから外れることが多かったために自身はメンバー入りを続けており、5月26日に行われた第13節の湘南ベルマーレ戦で第2GK前川黛也に代わって先発に抜擢されJ1リーグ初出場を果たした。 続く第14節のジュビロ磐田戦でも先発出場を果たしたが、以降はキムや前川が起用されたため自身はメンバーから外れた。

2020シーズンもメンバーには入れていなかったが、10月15日に行われたJ1リーグ第22節大分トリニータ戦で1年ぶりの出場を果たした。

2020年12月29日、ギラヴァンツ北九州に完全移籍することが発表された[9]。 加入後からある程度レギュラーに定着し、開幕スタメンを獲得。以降は同じく新加入の加藤有輝とポジションを争いながら出場を続けている。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 神戸 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 大分 31 J3 0 0 - 0 0 0 0
2017 神戸 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 0 0 1 0 0 0 1 0
徳島 40 J2 0 0 - - 0 0
神戸 28 J1 0 0 - - 0 0
2019 2 0 1 0 0 0 3 0
2020 1 0 0 0 - 1 0
2021 北九州 1 J2 -
通算 日本 J1 3 0 2 0 0 0 4 0
日本 J2 0 0 - - 0 0
日本 J3 0 0 - 0 0 0 0
総通算 3 0 2 0 0 0 5 0
  • 2013年は2種登録選手

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 8 0 8 0
2015 7 0 7 0
通算 日本 J3 15 0 15 0
総通算 15 0 15 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2020 神戸 28 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

兵庫県国体選抜
ヴィッセル神戸U-18
大分トリニータ

代表[編集]

U-19日本代表

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]