神戸学院大学附属中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神戸学院大学附属中学校・高等学校
Kobe-Gakuin-Univ-HighSchool-2017050401.jpg
過去の名称 森高等女学校
神戸市森高等女学校
神戸森高等学校
神戸学院女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人神戸学院
校訓 照顧脚下・切磋琢磨
設立年月日 1912年
創立者 森わさ
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 28513H
所在地 650-0046
北緯34度40分3.5秒 東経135度12分35.3秒 / 北緯34.667639度 東経135.209806度 / 34.667639; 135.209806座標: 北緯34度40分3.5秒 東経135度12分35.3秒 / 北緯34.667639度 東経135.209806度 / 34.667639; 135.209806
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
神戸学院大学附属中学校・高等学校の位置(兵庫県内)
神戸学院大学附属中学校・高等学校

神戸学院大学附属中学校・高等学校(こうべがくいんだいがくふぞくこうとうがっこう)は、兵庫県神戸市中央区にある私立高等学校。略称は、神院大附、神戸学院、と呼ばれる。

略歴[編集]

1912年に森わさが日本婦人本来の美徳を身につけた女性の育成を志し、「報恩感謝・自治勤労」を校訓として創立した森裁縫女学校を起源とし、1923年に裁縫学校に併設された森高等女学校の伝統を受け継ぐ。1949年の学制改革により神戸森高等学校となり、1966年に森わさの長男である森茂樹によって神戸学院大学が開設されると、その系列校として神戸学院女子高等学校と改名する。2001年に大学の附属化するとともに共学に改編し、学校名も神戸学院大学附属高等学校となった。

会下山の旧校舎は築80年以上経過しており校地も手狭なため、ポートアイランドみなとじま駅前の旧神戸市看護大学短期大学部敷地及び関西電力ポートアイランドグラウンドを買い取り、2016年4月に移転した。この場所は神戸学院大学ポートアイランドキャンパスに近く、学習やクラブ活動などでの大学との連携が期待されている[1][2]。また、敷地は以前の約5倍の広さとなった。

2017年4月より中学校が併設された。

沿革[編集]

神戸学院発祥の地碑(神戸市兵庫区五宮町)
会下山校舎(2014年1月)


特色[編集]

  • 高大連携教育 
  • 教育の情報化 
  • きめ細やかな教育 
  • 国際的視野 
  • 社会との出会い 

設置学科[編集]

高等学校

  • 全日制普通科(2015年度入学生まで)
    • 特別進学理数コース
    • 特別進学文理コース
  • 全日制普通科(2016年度入学生から)
    • 特進サイエンス(理数)コース
    • 特進アカデミック(文理)コース
    • 総合進学コース(2年次よりクラス選択)   
      • サイエンスクラス(理系)
      • アカデミッククラス(文系)
    • 特進グローバルコース

中学校

年間行事[編集]

クラブ活動[編集]

著名な出身者[編集]

交通アクセス[編集]

東門

出典[編集]

  1. ^ キャンパス移転”. 高校公式HP. 2014年8月10日閲覧。
  2. ^ 神戸市、看護大跡地売却へ 神戸学院が付属高移転”. 神戸新聞HP. 2013年11月27日閲覧。
  3. ^ 出典は山路ふみ子:『命あるかぎり贈りたい 山路ふみ子自伝』草思社、1994年5月、P16 ISBN 4794205538
  4. ^ 出典はももなり高溝口敦笠井和弘『実録・山口組武闘史 血と抗争!菱の男たち 第1巻』竹書房、2002年、ISBN 4-8124-5658-4 のP.70
  5. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1938年6月号、P118

関連項目[編集]

外部リンク[編集]