高木大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高木 大輔 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカギ ダイスケ
ラテン文字 TAKAGI Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-10-14) 1995年10月14日(22歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 170cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 レノファ山口FC
ポジション FW
背番号 18
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- 東京ヴェルディ1969 99 (15)
2018- レノファ山口FC (loan)
代表歴
 日本U-17
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高木 大輔(たかぎ だいすけ、1995年10月14日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手。レノファ山口FC所属。

父は元プロ野球選手の高木豊高木三兄弟の三男である。長兄・高木俊幸セレッソ大阪所属、次兄・高木善朗アルビレックス新潟所属。

来歴[編集]

あざみ野F.C.でサッカーをはじめ、東京ヴェルディ1969ジュニアに入団した。小学6年時には第31回全日本少年サッカー大会にキャプテンとして出場し優勝に貢献した。またこの年度、東京ヴェルディジュニアは、全日本少年サッカー大会(11人制)・ダノンネーションズカップ(9人制)・チビリンピック(8人制)・バーモントカップ(フットサル)のジュニア4大全国大会で優勝している(2014年現在この記録は他にどこも成し得ていない)。ジュニアユースに昇格し、中学3年時には天皇杯でトップチームの試合にベンチ入りした。14歳326日でのベンチ入りはJリーグ発足後の史上最年少記録である。また3兄弟がベンチ入りするのも史上初。2011年10月にはU-17日本代表として2011 FIFA U-17ワールドカップに出場し、ベスト8となった[1]

2011年にユースに昇格し、同年3月4日と2012年3月30日にユース所属のまま2種登録された。2013年3月3日、J2第1節のアビスパ福岡戦で2種登録選手としてリーグ戦デビュー、4月5日にはトップチームに昇格してプロ契約を結んだ[2]

2018年よりレノファ山口FCに期限付き移籍で加入[3]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 東京V 21 J2 6 0 - 0 0 6 0
2014 18 15 1 - 0 0 15 1
2015 25 7 - 2 2 27 9
2016 29 6 - 2 1 31 7
2017 24 1 - 1 0 25 1
2018 山口 -
通算 日本 J2 99 15 - 5 3 104 18
総通算 99 15 - 5 3 104 18

タイトル[編集]

クラブ[編集]

東京ヴェルディジュニア

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]