仲川輝人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仲川 輝人 Football pictogram.svg
名前
愛称 テル、ハマの新幹線、ハマのGTR、てるひと23号
カタカナ ナカガワ テルヒト
ラテン文字 NAKAGAWA Teruhito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-07-27) 1992年7月27日(27歳)
出身地 神奈川県川崎市
身長 161cm
体重 57kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜F・マリノス
ポジション FW (WG、CF) / MF (SH)
背番号 23
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- 横浜F・マリノス 63 (24)
2016 FC町田ゼルビア (loan) 12 (3)
2017 アビスパ福岡 (loan) 18 (0)
代表歴2
2019- 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年12月7日現在。
2. 2019年12月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

仲川 輝人(なかがわ てるひと、1992年7月27日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手Jリーグ横浜F・マリノス所属。ポジションはフォワードミッドフィールダー日本代表

2019年のJリーグ得点王及び最優秀選手賞受賞者。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

2013年、専修大学3年次に関東大学1部リーグ得点王を獲得[1]ユニバーシアード代表にも選出されるなど「大学No.1」とも評されていたが、2014年10月19日、試合中の負傷により右膝前十字靭帯および内側側副靱帯断裂、右膝半月板損傷という大けがを負い、長期間プレイできない状態であったが、2015年、横浜F・マリノスに入団[1][2]

クラブ[編集]

2016年5月25日、Jリーグカップ1次リーグ第6節のアルビレックス新潟戦にフル出場し、後半にプロ初ゴールを記録した[3]。2016年9月6日FC町田ゼルビアへの育成型期限付き移籍が発表された[4][5]。移籍後初戦(9月11日)でフル出場を果たし、2戦目(9月18日)でリーグ戦初ゴールを決めた。2017年1月12日、横浜F・マリノスへの復帰が発表された[6]。7月24日、アビスパ福岡への期限付きが発表された[7]

2018年、横浜F・マリノスに再復帰。5月19日、第15節のV・ファーレン長崎戦ではプロ入り初となる1試合2得点を決めた[8]。9月29日、リーグ第28節のベガルタ仙台戦にて、ハーフウェイライン付近からドリブルを仕掛け、相手DFを股抜きでかわしてゴール。このゴールは9月度の月間ベストゴールに選出された[9]

2019年5月3日、第10節のサンフレッチェ広島戦ではJ1リーグにおいて令和初ゴールを決める[10]など2019年はリーグ戦で15得点を決めた。その結果、チームはJ1優勝し、仲川個人はJ1得点王JリーグMVPベストイレブンを獲得した[11][12]。なおチームメイトであるマルコス・ジュニオールも15点を決め得点王となったが、同一チームに所属する複数の選手が同じ年に得点王に選出されるのはJリーグ史上初の事例となった[11]

日本代表[編集]

2019年12月にEAFF E-1サッカー選手権2019に出場する日本代表に初選出され[13][14]、12月14日の香港戦で代表初出場。

人物・エピソード[編集]

  • 2019年、横浜F・マリノスのオフィシャルパートナーである日産自動車にちなみ、背番号を19から23(日産→にっ・さん)へ変更した[15]
  • 日産・GT-Rの大ファンで、自身のTwitterアカウントなどで度々GT-Rに関するツイートをしていた。「23得点に絡むことが出来たので、日産自動車さんどうかGT-Rを…ご検討お願いします笑」という仲川のツイート[16]がきっかけとなり、2020年1月11日に開催された横浜FMの新体制発表会において、昨季のMVP・得点王獲得の活躍を讃える意味も込められ、生産元の日産自動車よりGT-Rが贈呈された[17]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 横浜FM 19 J1 2 0 0 0 1 0 3 0
2016 4 0 5 1 - 9 1
町田 25 J2 12 3 - - 12 3
2017 横浜FM 19 J1 0 0 4 1 0 0 4 1
福岡 24 J2 18 0 - - 18 0
2018 横浜FM 19 J1 24 9 10 4 3 0 37 13
2019 23 33 15 2 0 1 0 36 15
2020
通算 日本 J1 63 24 21 6 5 0 89 30
日本 J2 30 3 - 0 0 30 3
総通算 93 27 21 6 5 0 119 33

太字はリーグ最多

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2020 横浜FM 23
通算 AFC

タイトル[編集]

クラブ[編集]

横浜F・マリノス

個人[編集]

選抜・代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2019年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2019 2 0
通算 2 0

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 横浜FM仲川輝人、大卒4年目の覚悟。2年連続の期限付き移籍から復帰、その真意”. FOOTBALL CHANNEL (2018年1月30日). 2018年1月30日閲覧。
  2. ^ 仲川輝人選手 2015年加入内定のお知らせ - 2014年10月28日 横浜F・マリノス公式サイト
  3. ^ 横浜M・仲川、貴重なプロ初ゴール「あまり覚えていない」/ナビスコ杯”. SANSPO.COM (2016年5月25日). 2016年5月25日閲覧。
  4. ^ 仲川 輝人選手 FC町田ゼルビアへ育成型期限付き移籍のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2016年9月6日). 2016年9月6日閲覧。
  5. ^ 仲川輝人選手 加入のお知らせ”. FC町田ゼルビア (2016年9月6日). 2016年9月6日閲覧。
  6. ^ 仲川輝人選手 復帰のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2017年1月12日). 2017年1月12日閲覧。
  7. ^ 仲川輝人 選手 横浜F・マリノスより期限付き移籍加入のお知らせ”. アビスパ福岡 (2017年7月24日). 2017年7月25日閲覧。
  8. ^ 横浜FW仲川「ゴールが勝利に」プロ初1試合2発日刊スポーツ(2018年5月19日)
  9. ^ 9月のベストゴールは横浜FMの仲川輝人が受賞! 「インパクト絶大」”. SOCCERKING (2018年10月18日). 2018年10月27日閲覧。
  10. ^ “J1令和初ゴール”の横浜FM仲川輝人、元号またいでの連発弾に「何かしら縁があるのかな」ゲキサカ(2019年5月3日)
  11. ^ a b “2019Jリーグ 各賞発表のお知らせ 最優秀選手賞は仲川 輝人選手(横浜F・マリノス)が初受賞~横浜F・マリノスからの受賞は3人目、得点王とダブル受賞~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月8日), https://www.jleague.jp/release/post-62206/ 2019年12月8日閲覧。 
  12. ^ “2019 J.LEAGUE AWARDS 4部門受賞!” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2019年12月8日), https://www.f-marinos.com/news/category=5_id=6675 2019年12月8日閲覧。 
  13. ^ “遠藤渓太選手・仲川輝人選手・畠中槙之輔選手 EAFF E-1サッカー選手権2019 決勝大会 SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー選出のお知らせ” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2019年12月4日), https://www.f-marinos.com/news/category=5_id=6650 2019年12月7日閲覧。 
  14. ^ “SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール ~EAFF E-1サッカー選手権2019(12/10~18@韓国)~” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年12月4日), https://www.jfa.jp/samuraiblue/news/00023750/ 2019年12月7日閲覧。 
  15. ^ 【横浜】ダジャレ? ノルマ? 仲川輝人の背番号が19から「23」に。その理由とは?”. サッカーダイジェストweb. 日本スポーツ企画出版社 (2019年1月13日). 2020年2月12日閲覧。
  16. ^ 仲川輝人 本人ツイート”. Twitter (2019年12月23日). 2020年2月12日閲覧。
  17. ^ 「GT-Rがほしい」とおねだりツイートしたらサプライズプレゼントされた横浜F・マリノスの仲川輝人選手がうらやましい!”. cliccar.com (2020年1月11日). 2020年1月11日閲覧。
  18. ^ 10月のJ1月間MVPはマリノス仲川輝人。ポステコグルー監督も最優秀監督に”. FOOTBALL CHANNEL (2019年11月8日). 2019年11月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]