川又堅碁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川又 堅碁 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケンゴ、フィジカルモンスター
カタカナ カワマタ ケンゴ
ラテン文字 KAWAMATA Kengo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-10-14) 1989年10月14日(29歳)
出身地 愛媛県西条市
身長 184cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション FW
背番号 20
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 愛媛FC (特別指定) 2 (0)
2008-2014 アルビレックス新潟 75 (26)
2010 カタンドゥヴェンセ (loan)
2012 ファジアーノ岡山 (loan) 38 (18)
2014-2016 名古屋グランパス 65 (18)
2017- ジュビロ磐田 65 (25)
代表歴2
2015- 日本の旗 日本 9 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
2. 2018年10月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

川又 堅碁(かわまた けんご、1989年10月14日 - )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。日本代表

経歴[編集]

クラブ歴[編集]

愛媛県立小松高校在学中の2006年、地元の愛媛FC特別指定選手に登録される。同年、J2リーグ第41節水戸ホーリーホック戦で現役高校生ながらもJリーグデビューを果たし、第42節モンテディオ山形戦では田中俊也のゴールをアシストした。

高校卒業後はアルビレックス新潟に入団し、2010年はブラジルのサンパウロ州2部リーグに所属するカタンドゥヴェンセに半年間の期限付き移籍。2011年はリーグ戦こそ23試合に出場して無得点に終わったが、シーズンを通して試合出場を重ね、ヤマザキナビスコカップ準々決勝・名古屋グランパス戦でプロ初ゴールを決めた。

2012年はファジアーノ岡山に期限付き移籍。得点ランキングで2位となる18得点を挙げた。

2013年に新潟へ復帰。第9節の清水エスパルス戦でJ1初得点を決めると、第11節のサガン鳥栖戦では、プロ入り初となるハットトリックを達成。第30節の湘南ベルマーレ戦では、ザッケローニ代表監督が視察する前で[1] 二度目のハットトリックを達成。 同試合でリーグ20点目を決めたが、これは前年J2所属の日本人選手としては初である[2]。最終的にリーグ2位となる23ゴールを記録し、Jリーグアウォーズでは優秀選手賞を受賞。新潟の選手としては2010年のマルシオ・リシャルデス以来、日本人選手では初のベストイレブンにも選出された[3]

2014年も新潟でプレーを続けたが、W杯による中断明け以降は、ベンチ外要員となり、8月、名古屋グランパスへ完全移籍となった[4]

2017年シーズンより名古屋からジュビロ磐田へ完全移籍する事が発表された[5]。3月11日、第3節の大宮アルディージャ戦で移籍後初得点を決めた。昨シーズンまで在籍したジェイが昨季14得点に対して川又は昨季5得点しか決めておらず、名波浩監督の元にも「『点を取っていないFWを獲ってどうするんだ』という声が自分まで届いてきた」と批判的な声もあったが、「外国人FWを獲らないということは、川又に対する『お前が年間を通して出続けなければいけないんだぞ』『そういう覚悟を持って、練習から常に全力でやれよ』という無言のメッセージでもあります」、「興梠慎三佐藤寿人前田遼一とか、多くのストライカーが30歳あたりから改めて点を取り出している。それを考えれば、27歳はまだ若い。にもかかわらず、外国人FWを獲ってしまえば、その可能性にフタをしてしまうことになりかねない」と川又を信頼し[6]、第24節のヴィッセル神戸戦で自身4シーズンぶりの2桁得点をマークした[7]。最終的には、昨季のジェイと同じシーズン14得点を挙げた。

2018シーズンは、浦和レッズ戦でシーズン初得点を記録[8]。第10節・V・ファーレン長崎、第11節・セレッソ大阪戦、第13節・柏レイソル戦で得点を挙げ、チームを暫定5位へ押し上げた[9]。10月30日、ルヴァンカップ王者の湘南ベルマーレと対戦。前半34分に決勝点を挙げ、チーム7戦ぶりの勝利と自身初のJ1リーグ2年連続2桁得点を達成[10][11]。11月3日、J1第32節・サンフレッチェ広島戦で得点を挙げたが、後半27分に負傷交代[12]。12月1日、J1第34節・川崎フロンターレ戦でスタメン復帰した[13]が、得点は挙げられず、チームは16位に転落。J1参入プレーオフに回った[14]。プレーオフでは、足の調子が良くなかった[15]ことから、ベンチスタートとなった。自身の出場は最後まで無かったが、先制点を挙げた小川航基について「代わりに航基がしっかり決めてくれたから。最高です」と喜んだ[16]

代表歴[編集]

2015年3月、負傷の小林悠に代わって日本代表に招集され、27日のチュニジア戦でA代表デビューを果たし、31日のウズベキスタン戦で初ゴールを記録。

2017年12月4日、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017に挑む日本代表メンバーに2年4ヶ月ぶりに追加招集された[17]

2018年10月8日、FW浅野拓磨の怪我による不参加に伴い、キリンチャレンジカップ2018パナマ戦・ウルグアイ戦に追加召集された[18]。10月12日、パナマ戦に南野拓実と交代で66分から出場し、85分には自身A代表2点目となる追加点を挙げたと見られたが、オウンゴールに訂正された[19][20]

エピソード[編集]

  • プロデビュー戦の2008年ナビスコカップ第4節横浜F・マリノス戦ではわずか11分で交代となった[21]
  • 2011年Jリーグ第11節柏レイソル戦でブルーノ・ロペスの離脱により、リーグ戦初先発の可能性があったが、胃腸炎になり出場出来なかった。代わりに酒井宣福が初先発となり、チームは0対3で敗れた[22]
  • 2011年のナビスコカップ準々決勝、対名古屋戦で「誰だよ、お前? 名前を教えてくれよ」と田中マルクス闘莉王にすごまれた[23]
  • 2011シーズンまではゴールを決めることが出来ず、ポストを叩くことが多かったため、「ポストマン」というアダ名がつけられていた[24]
  • 特技は習字であり[25]、その腕前を生かし、2013年の初めに向こう3年の目標を、1年ごとに書にしたためた。「その内容は絶対に言いたくない」という[23]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 愛媛 29 J2 2 0 - 0 0 2 0
2007 0 0 - 0 0 0 0
2008 新潟 18 J1 1 0 1 0 1 0 3 0
2009 1 0 1 0 0 0 2 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2010 カタンドゥヴェンセ サンパウロ州2部
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 新潟 18 J1 4 0 0 0 2 0 6 0
2011 23 0 2 1 2 2 27 3
2012 岡山 20 J2 38 18 - 2 0 40 18
2013 新潟 J1 32 23 6 1 2 0 40 24
2014 14 3 5 0 1 0 20 3
名古屋 32 15 4 - 0 0 15 4
2015 33 9 6 2 1 0 40 11
2016 17 5 6 1 1 0 24 6
2017 磐田 20 34 14 0 0 2 2 36 16
2018 31 11 2 1 2 3 35 15
通算 日本 J1 205 69 29 6 14 7 248 82
日本 J2 40 18 - 2 0 42 18
ブラジル サンパウロ州2部
総通算 245 87 29 6 16 7 290 100

タイトル[編集]

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 9試合 1得点 (2015年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2015 5 1
2017 3 0
2018 1 0
通算 9 1

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2015年3月31日 日本調布 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン ○5-1 JALチャレンジカップ2015

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ ザック「1トップ巡礼」の旅、“新潟のゴン”川又堅碁の視察へ
  2. ^ 新潟川又ハット ザックに見せた
  3. ^ 2013Jリーグアウォーズ Archived 2007年8月18日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 川又堅碁選手、移籍新加入のお知らせ 名古屋グランパス公式サイト 2014年8月12日
  5. ^ 川又 堅碁選手が完全移籍加入 ジュビロ磐田公式サイト 2016年11月29日
  6. ^ 枠があっても「外国人FWはいらない」というジュビロ名波監督の思惑スポルティーバ 2017年7月27日
  7. ^ 磐田川又4季ぶり2桁得点「とりあえずという感じ」日刊スポーツ 2017年8月27日
  8. ^ 白星遠い浦和、開幕5戦未勝利…FW川又2発の磐田が逆転勝利!!”. ゲキサカ (2018年4月1日). 2018年12月1日閲覧。
  9. ^ 柏の猛攻を耐えた磐田がエースの一発で逆転勝利!決勝弾の川又堅碁は今季5点目”. SOCCER DIGEST Web (2018年5月5日). 2018年12月1日閲覧。
  10. ^ 磐田川又初の2年連続2桁得点 7戦ぶり勝利で前進”. 日刊スポーツ (2018年10月31日). 2018年12月1日閲覧。
  11. ^ 磐田、7試合ぶり白星で13位浮上!川又が2年連続2桁弾”. サンスポ (2018年10月31日). 2018年12月1日閲覧。
  12. ^ 追撃弾の川又が負傷交代も…磐田、小川航基のJ1初弾で劇的逆転勝利!広島は4連敗に”. ゲキサカ (2018年11月3日). 2018年12月1日閲覧。
  13. ^ 2018年 試合速報 明治安田J1 第34節 vs. 川崎フロンターレ”. ジュビロ磐田. 2018年12月1日閲覧。
  14. ^ J1磐田プレーオフへ 川崎に敗れる”. 毎日新聞 (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  15. ^ 2018 J1参入プレーオフ 決定戦vs.東京ヴェルディ”. ジュビロ磐田. 2018年12月17日閲覧。
  16. ^ 磐田FW川又はベンチで残留決定見守る「代わりに航基が決めてくれた。最高です」”. ゲキサカ (2018年12月9日). 2018年12月17日閲覧。
  17. ^ 2年4カ月ぶり代表復帰の川又堅碁にハリル流祝福日刊スポーツ 2017年12月4日
  18. ^ SAMURAI BLUE(日本代表)選手変更のお知らせ~キリンチャレンジカップ2018【10/12@新潟 vsパナマ代表、10/16@埼玉 vsウルグアイ代表】~JFA.jp 2018年10月8日閲覧。
  19. ^ スタメン/試合結果JFA.jp 2018年10月12日閲覧。
  20. ^ 川又堅碁、3年半ぶりの代表戦ゴールかと思いきやオウンゴールに訂正デイリースポーツonline 2018年10月12日付。
  21. ^ Jリーグ公式記録
  22. ^ EL GOLAZO1301号
  23. ^ a b ザッケローニ監督も注目!新潟のFW、川又堅碁って何者?
  24. ^ EL GOLAZO1301号[要ページ番号]
  25. ^ 川又 堅碁|トップチーム選手・スタッフ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]