堀米勇輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
堀米 勇輝 Football pictogram.svg
名前
本名 堀米 勇輝
カタカナ ホリゴメ ユウキ
ラテン文字 HORIGOME Yuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-12-13) 1992年12月13日(24歳)
出身地 山梨県甲府市[1]
身長 168cm[1]
体重 62kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府
ポジション MF
背番号 11
利き足 左足
ユース
2005-2007 ヴァンフォーレ甲府U-15
2009-2010 ヴァンフォーレ甲府U-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2015 ヴァンフォーレ甲府 36 (1)
2013 ロアッソ熊本 (loan) 25 (4)
2014 愛媛FC (loan) 42 (8)
2016 京都サンガF.C. 37 (7)
2017- ヴァンフォーレ甲府
代表歴
2009  日本 U-17
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

堀米 勇輝(ほりごめ ゆうき、1992年12月13日 - )は山梨県出身[2]のサッカー選手。ポジションミッドフィールダー

来歴[編集]

2007年にU-15日本代表に初選出されて以降、プラチナ世代と呼ばれる激戦区において常に世代別代表に選出[3]2009 FIFA U-17ワールドカップでは全試合で先発出場している[4]

中学生のときよりヴァンフォーレ甲府のアカデミーで育ち、U-18在籍中の2010年4月に2種登録選手としてトップチームに登録され[5]、同年8月にプロC契約を結んだ[6]

2011年の開幕戦で途中出場しJリーグデビュー。この年は途中出場で3試合に出場するも、チームはJ2に降格した。 2012年城福浩監督が就任し、開幕戦で先発出場を果たすなど大きく期待されたが徐々に出場機会が減少したものの、シーズン21試合に出場した。また、8月12日水戸ホーリーホック戦でJ初ゴールを挙げた。

2012年12月に呂比須ワグナーが監督を務めるブラジルコメルシアウFC英語版へ2週間の留学[7]。期限付き移籍の話も出たが就労ビザの問題によって断念したと報じられた[8]

2013年シーズン途中でロアッソ熊本へ期限付き移籍。期間は2013年5月1日より8月26日までであった[9]が、8月6日に、期限付き移籍期間延長が発表された[10]。新しい期限は2014年1月1日までである。2013年12月11日、期限付き移籍満了が発表された。

2014年より愛媛FCへ1年間の期限付き移籍[11]。この年はチームで唯一の全試合フル出場を果たした[12]。2015年は甲府に復帰し、主に試合途中から起用され12試合に出場した[13]

2016年より京都サンガF.C.に完全移籍した[1]。「移籍を決めた一番の理由」として同クラブの監督が愛媛時代に指導を受けた石丸清隆であることをあげた[14]。攻撃陣の中心選手としてプレーし、得点数はチームトップの7点を記録[15]

2017年より完全移籍でヴァンフォーレ甲府へ復帰[16]4月30日、第9節のヴィッセル神戸戦でJ1初得点を決めた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2010 甲府 32 J2 0 0 - 0 0 0 0
2011 24 J1 3 0 0 0 2 0 5 0
2012 J2 21 1 - 1 0 22 1
2013 J1 0 0 3 0 - 3 0
熊本 28 J2 25 4 - 1 0 26 4
2014 愛媛 14 42 8 - 3 0 45 8
2015 甲府 J1 12 0 6 1 3 0 21 1
2016 京都 11 J2 37 7 - 2 0 39 7
2017 甲府 J1
通算 日本 J1 15 0 9 1 5 0 29 1
日本 J2 125 20 - 7 0 132 13
総通算 140 20 9 1 12 0 161 14

その他公式戦

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “堀米勇輝選手 ヴァンフォーレ甲府より完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2015年12月24日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/31808 2015年12月24日閲覧。 
  2. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.102
  3. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.103
  4. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.105
  5. ^ “堀米勇輝選手 トップチーム二種登録のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2010年4月9日), オリジナル2011年10月28日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111028113429/http://ventforet.co.jp/information/press/2010047.html 2016年12月28日閲覧。 
  6. ^ “堀米勇輝選手 プロC契約締結のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2010年8月2日), オリジナル2011年10月28日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111028084147/http://ventforet.co.jp/information/press/2010081.html 2016年12月28日閲覧。 
  7. ^ “堀米勇輝選手 ブラジル短期留学について” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2012年12月1日), オリジナル2013年3月31日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130331235723/http://www.ventforet.co.jp/information/news/2012121.html 2016年12月28日閲覧。 
  8. ^ コメルシアルFCが甲府の堀米勇輝獲得を断念(Globoesporte、ポルトガル語)
  9. ^ 堀米勇輝選手、ヴァンフォーレ甲府より期限付き移籍加入のお知らせ - ロアッソ熊本公式サイトリリース 2013年4月26日
  10. ^ 堀米勇輝選手、期限付き移籍期間延長のお知らせ - ロアッソ熊本公式サイトリリース 2013年8月6日
  11. ^ 堀米 勇輝選手 加入のお知らせ - 2014年1月7日愛媛FC公式HP
  12. ^ 『2014Jリーグ総集編』 日本スポーツ企画出版社、2014年、195頁。
  13. ^ 『2015Jリーグ総集編』 日本スポーツ企画出版社、2015年、57頁。
  14. ^ “サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2016年1月6日), http://www.sanga-fc.jp/blogs/mailmagazine/6739/ 2016年12月28日閲覧。 
  15. ^ 『2016Jリーグ総集編』 日本スポーツ企画出版社、2016年、127頁。
  16. ^ “堀米 勇輝選手 京都サンガF.C.より完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2016年12月26日), http://www.ventforet.jp/news/press_release/513016 2016年12月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]