この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

田中陽子 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田中 陽子 Football pictogram.svg
名前
愛称 ようこ、たなよう
カタカナ タナカ ヨウコ
ラテン文字 TANAKA Yoko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-07-30) 1993年7月30日(25歳)
出身地 山口県山口市
身長 157cm
体重 47kg
選手情報
在籍チーム ノジマステラ神奈川相模原
ポジション MF
背番号 8
利き足 右足
ユース
FCレオーネ
2006-2011 JFAアカデミー福島
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2014 INAC神戸レオネッサ 34 (8)
2015- ノジマステラ神奈川相模原 63 (32)
代表歴2
2013- 日本の旗 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年10月7日現在。
2. 2013年9月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田中 陽子(たなか ようこ、1993年7月30日 - )は、山口県山口市出身の女子サッカー選手。JFAアカデミー福島1期生。ノジマステラ神奈川相模原所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴

ユース時代

山口県山口市小郡出身。地元のジュニアユースクラブであるFCレオーネ(現・レノファ山口FCアカデミー)でサッカーを始める[1]原川力は小学2年から6年までレオーネで一緒にプレーした幼なじみである[2]。2006年、山口市立小郡小学校を卒業後、日本サッカー協会が運営する中高一貫教育のエリート選手育成機関JFAアカデミー福島に1期生として入学[3]

2008年のU-17女子W杯には、岩渕真奈らと共に飛び級となる15歳で選出された[4]。2010年にも同大会に選出され、全試合にスタメン出場。ボランチながらミドルシュートで6試合4ゴールを挙げる活躍を見せ、日本の準優勝に貢献した。

INAC神戸レオネッサ

2012年アカデミー卒業後、INAC神戸レオネッサに入団した[5]。3月15日、日韓女子リーグチャンピオンシップの高陽大教ヌンノピ戦でINACでの公式戦初出場を果たし、6月23日、なでしこリーグカップ福岡J・アンクラス戦で公式戦初ゴールを挙げた。

同年日本で開催されたU-20女子ワールドカップでは、本来のトップ下、ボランチのほかに、サイドハーフ、サイドバックといった様々なポジションで起用されながらも、全6試合で6ゴール2アシストの活躍を見せ、日本を同大会初の銅メダルへと導いた。中でもグループリーグ、スイス戦では、前半に右足、後半には左足と、左右両足で直接フリーキックを決めた[6]。同大会で挙げた6ゴールは得点ランク2位となりシルバーシューズ賞を受賞した。その活躍から山口市スポーツ特別表彰を受賞した[7]

2013年、アルガルヴェ・カップ2013に出場するサッカー日本女子代表メンバーに選出され、初のA代表招集となった[8]。3月6日のノルウェー戦で、A代表初出場を果たした。2014年、山口ふるさと大使に就任した[1]

ノジマステラ神奈川相模原

2015年、当時なでしこリーグ2部に所属していたノジマステラ神奈川相模原へ移籍[9][10]。リーグを2位で終え、同年12月にスペランツァFC大阪高槻とのなでしこリーグ1部、2部入れ替え戦に挑んだが、2戦合計2-2ながらアウェーゴール数で下回り、チームの1部昇格はならなかった[11]

2016年10月、なでしこリーグ2部で優勝を果たし、チームの1部昇格に貢献した[12]

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2008 JFAアカデミー福島 19 - - - 1 0 1 0
2009 - - - 1 0 1 0
2010 13 チャレンジEAST 11 4 - 2 0 13 4
2011 10 13 7 - 2 2 15 9
2012 INAC神戸レオネッサ 20 なでしこ 6 2 1 1 2 1 9 4
2013 14 6 9 1 3 1 26 8
2014 14 0 - 1 0 15 0
2015 ノジマステラ神奈川相模原 なでしこ2部 27 26 - 2 0 29 26
2016 8 18 5 7 5 3 1 28 11
2017 なでしこ1部 18 1 8 2 5 0 31 3
通算 日本 1部 52 9 18 4 14 3 84 16
日本 2部 69 42 7 5 6 2 82 49
日本 その他 - - 2 0 2 0
総通算 121 51 25 9 22 5 168 65

タイトル

所属チーム

個人

代表歴

出場大会

試合数


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2013 4 0
通算 4 0

(2013年9月22日現在)

出演

スポーツ番組

コーナー「夢を応援!情熱アスリート」に登場
  • 夢はなでしこ!〜陽子とはるな 2人の成長物語〜 (テレビ静岡 2012年12月2日)
川島はるなとともに出演
なでしこJAPANの澤穂希川澄奈穂美と共に出演

雑誌その他

  • 2012/12/3(月) 10:00- 三ノ宮駅南側広場にて葺合警察一日署長のお披露目イベント :京川舞仲田歩夢と共に制服姿で参加
  • 2013/1/1(火)スポーツニッポン :京川舞、仲田歩夢
  • 2013/1/3(木)サンケイスポーツ :京川舞、仲田歩夢
  • 2013/1/10(木)Number

脚注

  1. ^ a b 山口ふるさと大使からの便り 第7回 田中陽子さん山口きらめーる 2015年6月12日号、2017年12月22日閲覧。
  2. ^ 意外な関係”. サンガ日記. 京都サンガF.C. (2012年9月6日). 2016年1月23日閲覧。
  3. ^ JFAアカデミー1期生 福島から旅立つニッカンスポーツ.2012.3.3付、2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 【ヤングなでしこ】 田中陽子という才能は、いかにして育ってきたのか?Web Sportiva.2012.8.29付、2017年12月22日閲覧。
  5. ^ 【新加入】京川舞選手、田中陽子選手、仲田歩夢選手 新加入のお知らせINAC神戸レオネッサ公式サイト.2012.1.11付、2017年12月22日閲覧。
  6. ^ ヤングなでしこ、田中陽子という驚き U−20スイス女子代表 0−4 U−20日本女子代表Sportsnavi.2012.8.27付、2017年12月22日閲覧。
  7. ^ 田中陽子選手に山口市スポーツ特別表彰を贈りました 山口市公式サイト 2013年2月1日付、2017年12月22日閲覧。
  8. ^ なでしこジャパン、来月開幕のアルガルベ杯に向けたメンバー23人を発表…田中陽子が初選出ゲキサカ.2013.2.18付、2017年12月22日閲覧。
  9. ^ 田中陽子選手 移籍のお知らせINAC神戸レオネッサ公式サイト.2015.1.10付、2017年12月22日閲覧。
  10. ^ INAC神戸レオネッサより、田中陽子選手、新加入のお知らせノジマステラ神奈川相模原公式サイト.2015年1月10日付、2017年12月22日閲覧。
  11. ^ ノジマステラ神奈川相模原、なでしこ1部昇格逃すニッカンスポーツ.2015.12.12付、2017年12月12日閲覧。
  12. ^ 元ヤングなでしこ田中陽子の目に涙。ノジマステラが悲願の2部優勝Web Sportiva. 2016.10.10付、2017年12月22日閲覧。

外部リンク