山下敬大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下 敬大 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケイタ
カタカナ ヤマシタ ケイタ
ラテン文字 YAMASHITA Keita
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-03-13) 1996年3月13日(25歳)
出身地 福岡県田川郡
身長 184 cm
体重 80 kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サガン鳥栖
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
2011-2013 九州国際大付高
2014-2017 福岡大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2018-2019 レノファ山口FC 72 (16)
2020 ジェフユナイテッド市原・千葉 34 (7)
2021- サガン鳥栖
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山下 敬大(やました けいた、1996年3月13日 - )は福岡県田川郡出身のサッカー選手Jリーグサガン鳥栖所属。ポジションはFWMF

来歴[編集]

九州国際大学付属高校では2年でチームのエースナンバー14を背負い[1]、3年次には主将を務める。卒業後は福岡大学に進学し、サッカー部に入部するが、1年生の夏に股関節手術、2年生のインカレ前に半月板損傷、3年生に軟骨の手術を行うなど相次ぐ怪我に苦しむが、大学最後の試合となった第66回全日本大学サッカー選手権大会準々決勝・流通経済大学戦では主将として2ゴールを挙げるなど意地を見せた[2]

2018年、レノファ山口FCに加入[3]。開幕戦で途中交代出場。2年目の2019年には37試合出場でチーム最多となる11得点を挙げた。

2019年12月17日、2020シーズンよりジェフユナイテッド千葉への完全移籍が発表された[4]。走力のあるFWとして期待されたが、終盤戦では出番を減らし、34試合出場も7ゴールに終わった。

2020年12月29日、2021年シーズンよりサガン鳥栖に完全移籍する事が発表された[5]。3月6日、第2節の浦和レッズ戦でJ1初ゴールを含む2得点を決めた。[6]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 山口 24 J2 35 5 - 2 1 37 6
2019 37 11 - 2 1 39 12
2020 千葉 34 7 - - 34 7
2021 鳥栖 9 J1
通算 日本 J1
日本 J2 106 23 - 4 2 110 25
総通算 106 23 - 4 2 110 25

脚注[編集]

  1. ^ [MOM592]九州国際大付MF山下敬大(新2年)_エース番号背負う期待の大型MF”. 講談社 (2012年4月2日). 2018年2月26日閲覧。
  2. ^ 幾度の怪我を乗り越えた福岡大FW山下敬大、大学最後の試合で見せた不屈の2得点”. 講談社 (2017年12月20日). 2018年2月26日閲覧。
  3. ^ “山下敬大選手 福岡大学より加入のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2018年1月23日), http://www.renofa.com/archives/29904/ 2018年2月26日閲覧。 
  4. ^ 千葉、山口FW山下敬大を獲得! 今季リーグ戦37試合11得点の高精度シューター”. ゲキサカ (2019年12月17日). 2020年12月29日閲覧。
  5. ^ “山下敬大選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2020年12月29日), http://www.sagan-tosu.net/news/p/5142/ 2020年12月30日閲覧。 
  6. ^ 鳥栖、新加入・山下敬大のJ1初弾を含む2ゴールで浦和に快勝! 2連勝でスタートダッシュを決める!サッカーダイジェスト(2021年3月6日)2021年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]