FC東京小平グランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FC東京小平グランド
Kodairaground clubhouse.jpg
施設情報
所在地 東京都小平市大沼町3-14-1
位置 北緯35度44分26.77秒
東経139度29分58.89秒
座標: 北緯35度44分26.77秒 東経139度29分58.89秒
開場 2002年
拡張 2006年
所有者 東京フットボールクラブ株式会社
グラウンド 天然芝 2面 (ティフトンライグラスブルーグラス+ライグラス[1])
使用チーム、大会
FC東京
収容能力
アクセス
西武新宿線小平駅より徒歩15分から20分
FC東京小平グランドの位置(東京都区部および多摩地域内)
所在地
所在地
東京都
FC東京・小平グランド 見学スペース
武蔵野苑・多目的グランド

FC東京小平グランド (FCとうきょうこだいら―)は、東京都小平市にあるサッカーグラウンドで、JリーグFC東京所有の練習場である。

2002年1月に東京ガスからの働きかけを受け[2]FC東京深川グランドからより広い練習施設を有する当地へ移転した[1]。ピッチとスタンドの間に設置されている防護ネットの支柱は、同クラブのチームカラーである青と赤に塗り分けられている[1]

当地は元々、東京ガスの福利厚生施設である「東京ガス武蔵野苑」であり[2]、グランドに隣接して多くのテニスコートが存在していたが、2006年8月からこのスペースを人工芝のサッカーグランドとして再整備し、2007年1月より利用している[3]。この人工芝グランドは「多目的グランド」と名付けられ、FC東京U-18の活動拠点が深川からこの多目的グランドへと移された[3]。また、ユースの公式戦・高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグの試合などでも多目的グランドが使用される。 2012年7月からは小平市文化スポーツ課を窓口とし、多目的グランドの一般団体利用も可能となった(有料、平日のみ、小平市在住・通学・勤務者に限る)[4]

現在もテニスコート数面やミニゴルフなど福利施設としての機能も一部に残されている。

施設概要[編集]

  • 所在地:小平市大沼町3-14-1
  • 敷地面積 約2万坪
  • クラブハウス:選手用ロッカー・食堂、クラブ事務所、社長室、監督室、強化スタッフルームなど
  • メイングランド:収容人数:300人(全席座席)
  • サブグランド(B面):収容人数:200人(全席座席)
  • 室内練習場:フィジカルトレーニングルーム、記者会見場、ミーティングスペースなど

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2002』 毎日新聞社2002年、110-111頁。
  2. ^ a b 小平市にFC東京タウン - ウェイバックマシン(2001年12月18日アーカイブ分) スポーツ報知 (2001年9月3日)
  3. ^ a b 『FC東京ファンブック2007』 毎日新聞社、94-95頁。
  4. ^ 東京ガス武蔵野苑グランドが利用できます - 小平市ホームページ 地域振興部スポーツ振興担当 (2014年8月14日)

外部リンク[編集]