エミリオ・ブトラゲーニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はブトラゲーニョ第二姓(母方の)はサントスです。
エミリオ・ブトラゲーニョ Football pictogram.svg
Emilio Butragueño 2015 (cropped).jpg
2015年のブトラゲーニョ
名前
本名 エミリオ・ブトラゲーニョ・サントス
Emilio Butragueño Santos
愛称 エル・ブイトレ (El Buitre)
ラテン文字 Emilio BUTRAGUEÑO
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1963-07-22) 1963年7月22日(54歳)
出身地 マドリード
身長 170cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW
ユース
1981-1982 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1984 スペインの旗 カスティージャCF 65 (36)
1984-1995 スペインの旗 レアル・マドリード 341 (123)
1995-1998 メキシコの旗 アトレティコ・セラヤ 91 (29)
代表歴
1983-1984 スペインの旗 スペイン U-21 5 (2)
1984-1994 スペインの旗 スペイン 69 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エミリオ・ブトラゲーニョ・サントスEmilio Butragueño Santos1963年7月22日 - )は、スペインマドリード出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード

人物[編集]

「エル・ブイトレ」(ハゲワシ)のあだ名を持ち、当時のスペイン代表レアル・マドリードを代表する選手の一人。1980年代後半のキンタ・デル・ブイトレと呼ばれたレアル・マドリードの中心人物であり、2004年にはFIFAペレが選ぶ「偉大なサッカー選手100人」であるFIFA100にも選ばれた。

サッカー選手としては決して恵まれた体格ではなかったが、並外れたゴールへの嗅覚と反応のよさ、そして一瞬のスピードを武器に活躍し、1990-91年にはリーグ得点王を獲得。当時のスペイン代表最多得点記録を持つなど高い決定力を誇った。また、フォワードながらパスの技術も高く、他の選手を使うことにも長け、レアル・マドリードで2トップを組んだウーゴ・サンチェスの決定力を最大限に引き出した。キャリアの中で1枚もレッドカードを受けたことがなく、紳士的なプレイヤーでもあった。

経歴[編集]

1963年7月22日に、スペインの首都マドリードで生まれる。幼少期は、両親が経営する香水店の手伝いをしながら、週末には家族や友人とサッカーを楽しんでいる程度であった[1]

15歳の頃、学校のサッカーで活躍したことをきっかけにアトレティコ・マドリードのトライアルを受けることを勧められる。アトレティコ・マドリードとの契約をする直前、レアル・マドリードのジュニアチームの監督をしていた家族の友人に、テストをするため結論を伸ばすよう説得された。そして、テストの結果レアル・マドリードと練習生の契約を結んだ。その後、練習試合をたまたま見に来ていたルイス・モロウニーは、リカルド・ガジェゴを探しだして「前線でプレーしているあの変な選手は誰だ?どこで見つけてきたんだ?彼は天才だよ」と叫んだという[1]

1980年にレアル・マドリードとアマチュア契約を交わす。その翌シーズンからはカスティージャCFでプレーするようになり、1983-84シーズンには2部リーグ優勝を経験する。そのシーズンにブトラゲーニョはリーグ21得点を記録し、ヘセ・ロドリゲスが2012-13シーズンに22得点を挙げて更新するまでカスティージャにおけるリーグ最多得点となった[2]

その後、アルフレッド・ディ・ステファノによって1984-85シーズンにカディスCF戦でトップチームデビューを飾る。2-0でリードを許した状態でサンティリャーナとの交代で後半から出場したブトラゲーニョは、デビュー戦で2ゴール1アシストを記録しチームの逆転勝利に貢献した。キンタ・デル・ブイトレの5人の中では、マヌエル・サンチス・オンティジュエロマルティン・バスケスミゲル・パルデサに次いで4番目のデビューであった。また、1984年10月17日ウェールズ戦で代表デビューを果たした。以来翌シーズンからキンタ・デル・ブイトレの中心としてリーガ5連覇など数々のタイトル獲得に貢献。個人としても1985年1986年と2年連続でブラヴォー賞に選ばれた。黄金期の一角を担うとともに1985年、1986年と2年連続で1位こそ逃したものの、バロンドール投票で3位を獲得した。

レアル・マドリードではフアニートが出場している試合は背番号8番などを着用していたが[3]、フアニートの移籍後は背番号7番を継ぎ、その後フアニートと並ぶ背番号7のアイコンの一人となった。

1986年のメキシコW杯ではデンマーク戦で4得点を挙げるなど活躍を見せた。ワールドカップでの1試合4得点は、イングランドW杯の準々決勝にてエウゼビオ北朝鮮代表を相手に決めて以来の快挙である。最終的に5得点を記録しディエゴ・マラドーナカレカらと並んでシルバーボールに輝いた。

1990-91シーズンには19得点を挙げてリーガ得点王を獲得するとともに、イタリアW杯にも出場。1994年アメリカW杯に出場後、17歳でデビューを飾ったラウル・ゴンサレスにポジションを奪われる形となり、1995年は8試合にしか出場できず1ゴールに止まった。その年の6月15日エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われたASローマとの親善試合を最後にレアル・マドリードを去り、メキシコのアトレティコ・セラヤへと移籍。3年間プレーした後、1998年に現役を引退した。

現役引退後は古巣レアル・マドリードにフロント入りし、かつてのチームメイトであるホルヘ・バルダーノの後任としてスポーツディレクターに就任し強化担当を務めていたが、2006年に会長の交代により退団した。しかし、2009年にフロレンティーノ・ペレスが会長に復帰したことによりブトラゲーニョも再び役員に就任した[4]

エピソード[編集]

  • レアル・マドリードの練習生に加わったばかりのころ、毎日スクーターで練習に通っていたブトラゲーニョに対し、アルフレッド・ディ・ステファノは「選手は自分の体には気を付けなければならない。何か他の手段で通うべきだ」と諭した。その後、土曜日の夜に、友人に会うためにベスパに乗っていたところをディ・ステファノに見つかり、罵声を浴びせられた。その後、ブトラゲーニョはすぐさまバイクを売った[1]
  • 1988年、レアル・マドリード所属時に自身の名を冠したテレビゲームが発売された[5]

個人成績[編集]

シーズン クラブ 国内リーグ 国内カップ1 UEFA2 通算
試合数 得点数 試合数 得点数 試合数 得点数 試合数 得点数
1981-82 カスティージャCF 6 3 6 3
1982-83 38 13 38 13
1983-84 21 21 21 21
カスティージャCF通算 65 37 0 0 0 0 65 37
1983-84 レアル・マドリード 10 4 2 2 0 0 12 6
1984-85 29 10 4 0 11 4 44 14
1985–86 31 10 6 2 12 2 49 14
1986–87 35 11 3 3 7 5 45 19
1987–88 32 12 3 1 8 2 43 15
1988–89 33 15 8 3 8 4 49 22
1989–90 32 10 6 2 2 2 40 14
1990–91 35 19 4 2 4 4 43 25
1991–92 35 14 6 4 9 1 50 19
1992–93 34 9 3 1 6 1 43 11
1993–94 27 8 2 1 4 2 33 11
1994–95 8 1 0 0 4 0 12 1
レアル・マドリード通算 341 123 47 21 75 27 463 171
1995-96 アトレティコ・セラヤ 34 17 34 17
1996–97 26 2 26 2
1997–98 31 10 31 10
アトレティコ・セラヤ通算 91 29 0 0 0 0 91 29
トップチーム通算 432 152 47 21 75 27 554 200

1コパ・デル・レイ, スーペルコパ・デ・エスパーニャ, コパ・デ・ラ・リーガ. 2UEFAカップ, UEFAチャンピオンズリーグ, UEFAカップウィナーズカップ.

獲得タイトル[編集]

クラブタイトル[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c フィル・ボール 『レアル・マドリー ディ・ステファノからベッカムまで』 野間けい子、ネコパブリッシング、2004年ISBN 4-7770-5036-X
  2. ^ ロナウドやベイルを凌ぐ賞賛の声。レアルファンが夢託す若き才能は“モウリーニョの遺産” - livedoor NEWS
  3. ^ History Real Madrid 5-1 Köln - UEFA.com
  4. ^ ペレス会長が推し進めるR・マドリーの歴史的な大改革 - ocn sports
  5. ^ Juegos de fútbol: Emilio Butragueño Fútbol - notasdefutbol

外部リンク[編集]