河野淳吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河野 淳吾 Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
生年月日 (1982-07-09) 1982年7月9日(35歳)
国籍 日本の旗 日本
チーム情報
所属 日本競輪選手会神奈川支部
期別 99期
分野 競輪
役割 選手
アマ所属チーム
2001-2008
(元プロサッカー選手
プロ所属チーム
2011-
日本競輪選手会神奈川支部
最終更新日
2010年11月1日
河野 淳吾 Football pictogram.svg
名前
カタカナ コウノ ジュンゴ
ラテン文字 KONO Jungo
基本情報
選手情報
ポジション DF
ユース

1995-1997
1998-2000
湯河原サッカースポーツ少年団
東海大第一中学
清水商業高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003
2003-2004
2005
2006
2007-2008
サンフレッチェ広島
横浜FC
横浜FC
水戸ホーリーホック
徳島ヴォルティス
00 (0)
040 (1)
019 (2)
040 (2)
022 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

河野 淳吾(こうの じゅんご、1982年7月9日 - )は、神奈川県足柄下郡湯河原町出身の競輪選手日本競輪選手会神奈川支部に所属。

人物[編集]

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)でプレーした元プロサッカー選手としては初の競輪選手[1]。 サッカー選手時代は、空中戦と1対1に強いセンターバック[2]

河野水軍の子孫[3]。実弟に河野直人

来歴[編集]

サッカー選手として[編集]

地元の湯河原サッカースポーツ少年団でサッカーを始める。中学から隣県の静岡県に越境入学し、1995年に東海大第一中学、1998年に清水商業高校へと進学する[4]。高校同期に小林大悟佐野裕哉秋本倫孝ら。2000年高校3年時には全日本ユース選手権で優勝を果たす。[1]

2001年、サンフレッチェ広島に入団、同期に林卓人、トゥーリオ(現・田中マルクス闘莉王)、西嶋弘之寺内良太梅田直哉李漢宰[4]。広島での公式戦試合出場は、ナビスコ杯に2試合出場に留まった。

2003年、Jサテライトリーグでプレーしていた時にピエール・リトバルスキーの目に留まり、同年6月に横浜FC期限付き移籍[5] し、本来のDFだけでなく、MFやFWでも起用され、ポジションを問わずユーティリティに使われ続けた。7月26日の第24節大宮アルディージャ戦では前半1分に退場処分になった菅野孝憲の代わりに89分間GKのポジションを務めた。 翌2004年も移籍期間を延長して横浜FCに在籍するも、なかなか出番の無い時期が続いていた。しかしリーグ終盤の4試合にフル出場するなど貴重な戦力として活躍、翌2005年に横浜FCに完全移籍した[6]

2006年、水戸ホーリーホックに期限付き移籍した[7]。「水戸ナチオ」と呼ばれた水戸の硬い守備陣の中でリーダーとして活躍した[2]

2007年、徳島ヴォルティスへ完全移籍し[7] 主力として活躍したが、同年6月16日対コンサドーレ札幌戦の時にダヴィとの激突(河野からボールを取りに行き、河野がファールの判定を受けた)により右足下腿骨骨折開放性骨折)により離脱する[8]。復帰が大幅にズレこみ懸命にリハビリを続け2008年11月に復帰する[2] も、以前のプレーが出来ないことから同シーズン終了後現役を引退した[1]

競輪選手として[編集]

2009年、地元の神奈川県に戻って競輪への転向を目指し、同県の競輪選手である高木隆弘の元へ住み込みで弟子入りした[1][2]

同年7月17日日本競輪学校第99期一般入学試験(適性試験)に合格した[9]。同年11月25日入学。2010年10月15日、同校を卒業[1][2]。在校競走成績は74戦1勝で第44位[10]

同年11月1日付で競輪選手登録された。

2011年1月5日、小田原競輪場でデビューし6着。2012年2月12日京都向日町競輪場で初勝利を挙げた。

個人成績[編集]

サッカー[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 広島 22 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 0 0 2 0 0 0 2 0
2003 J2 0 0 - - 0 0
横浜FC 27 22 1 - 3 0 25 1
2004 14 18 0 - 2 0 20 0
2005 19 2 - 0 0 19 2
2006 水戸 4 40 2 - 0 0 40 2
2007 徳島 2 20 1 - 0 0 20 1
2008 2 0 - 0 0 2 0
通算 日本 J1 0 0 2 0 0 0 2 0
日本 J2 121 6 - 5 0 126 6
総通算 121 6 2 0 5 0 128 6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 元広島DF河野が、競輪選手に転向”. 日刊スポーツ (2010年10月19日). 2010年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e 【J2日記】水戸:河野淳吾、プロの競輪選手に”. J's GOAL (2010年10月19日). 2010年10月21日閲覧。
  3. ^ '四国のチーム・徳島ヴォルティスに移籍した際に、現地の水軍子孫会から宴会に招かれた。
  4. ^ a b サンフレ新人素描”. 中国新聞 (2001年2月11日). 2010年10月21日閲覧。
  5. ^ 河野 淳吾選手の期限付き移籍について”. J's GOAL (2003年6月21日). 2010年10月21日閲覧。
  6. ^ 河野 淳吾選手 サンフレッチェ広島より完全移籍”. J's GOAL (2004年12月22日). 2010年10月21日閲覧。
  7. ^ a b 河野 淳吾選手 横浜FCより移籍加入決定のお知らせ”. 徳島ヴォルティス公式 (2007年1月11日). 2010年10月21日閲覧。
  8. ^ 河野淳吾選手の負傷について”. J's GOAL (2007年6月20日). 2010年10月21日閲覧。
  9. ^ 日本競輪学校第99回生徒一般入学試験合格者の発表について”. KEIRIN.JP (2009年7月17日). 2009年7月17日閲覧。
  10. ^ 第99回生競走成績 (PDF)”. KEIRIN.JP. 2010年10月19日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]