望月彦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
望月 彦男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県清水市
生年月日 (1943-01-15) 1943年1月15日(76歳)
身長
体重
177 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト6位
初出場 1972年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

望月 彦男(もちづき ひこお、1943年1月15日 - )は、静岡県清水市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

東海大第一高校から、社会人野球いすゞ自動車に入社。同時に肩の強さを買われて、一塁手から投手に転向した。

1964年電気化学に移籍し8年間在籍して公式戦150試合に登板。防御率1.59、463奪三振を記録。左腕であるゆえにボールをかつぐクセがあるが、これが欠点にならずに変則モーションとして打者のタイミングを狂わせた。重い速球と切れのよいカーブやシュートを武器にして、エースとして活躍。電気化学野球部が解散となった1971年に退社。

西鉄ライオンズが即戦力としてマークしており、1971年のプロ野球ドラフト会議で6位指名を受け入団。

1年目の1972年から一軍登板を果たすが、翌1973年限りで現役を引退。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 西鉄 15 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 73 14.1 21 2 10 0 1 5 0 0 15 14 9.00 2.16
通算:1年 15 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 73 14.1 21 2 10 0 1 5 0 0 15 14 9.00 2.16

背番号[編集]

  • 48 (1972年 - 1973年)

関連項目[編集]