畑喜美夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畑 喜美夫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハタ キミオ
ラテン文字 HATA Kimio
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-11-27) 1965年11月27日(52歳)
出身地 広島県広島市
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

畑喜美夫(はた きみお、1965年11月27日 - )は、広島県広島市南区出身のサッカー選手・指導者である。現役時代のポジションはミッドフィルダー。

広島県立広島観音高等学校教員・サッカー部監督。

現在は広島県立安芸南高等学校に勤めている

来歴[編集]

小学校2年生から広島大河フットボールクラブでサッカーを始める。その後、東海大一高校(現・東海大静岡翔洋高校)へ越境入学。静岡県選抜で長谷川健太らと国体2位。U-17日本代表にも選ばれる。

順天堂大学に進学し、2年時にU-20日本代表を経験。4年時に関東選手権、総理大臣杯インカレ三冠に貢献。

卒業後は、腰の怪我で現役を断念し廿日市西高校を経て、1996年に広島観音高校へ赴任。日本サッカー協会A級ライセンスを取得し、サッカー部を指導。

2005年には、広島観音を全国高等学校サッカー選手権大会に導き、2006年には全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で初の全国制覇を果たした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]