バカボン鬼塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ばかぼん おにづか
バカボン鬼塚
本名 鬼塚 公仁
生年月日 (1963-05-11) 1963年5月11日(59歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県清水市
(現:静岡市清水区
身長 163cm
血液型 O型
ジャンル ラジオパーソナリティ
ナレーター
ミュージシャン
俳優
事務所 大沢事務所
ヘリンボーン→foh piece
テンプレートを表示

バカボン鬼塚(バカボン おにづか[1] 1963年5月11日[1] - )は、ラジオパーソナリティナレーターミュージシャン俳優。本名は鬼塚 公仁(おにづか きみひと)。foh piece所属。

フォークバンドかかし」・バンド「YOUNGER GENERATION」「B.O.K」「おーさん むーさん」のボーカルテレビ番組CMナレーターとしても活躍中。ファンからの呼び名は「鬼ちゃん」「おに氏」など。

来歴[編集]

静岡県清水市(現:静岡市清水区出身。東海大学第一高等学校(現東海大学付属静岡翔洋高等学校)、東海大学文学部卒。

大学時代は落語研究会に入っていて高座名は「頭下位亭きんぴら(とうかいてい-)」。これはOBである春風亭昇太が来たときにつけられた。ちなみに昇太はもう一人に「頭下位亭ごぼう」という高座名をつけた。

大学在学中からメディア関係の仕事をしていたが、卒業したころは舞台俳優を目指し、劇団青年座の研究所で芝居の勉強をしていた。なお役者修行時は体を鍛えていたため筋肉質の体形だったが、訓練をやめてしばらくした後、風呂に足を入れようとしている自らの体を鏡で見た際、「たれに入れる寸前の烏賊飯のイカ」のようになっていた(いかめし事件)、と語っている。

その後シャララカンパニーで番組制作(放送作家ディレクター)をしており[2]、後にしゃべる方に転向した。クリス・ペプラーナビゲーターを務めるJ-WAVEの看板番組『TOKIO HOT 100』にて番組ADを務めていた。当時のディレクターは、ピストン西沢である[3]。また同じ頃、東京・渋谷大道具アルバイトをしていたことがあり、そこできっくん(菊池淳介)と出会っている[4]

この制作経験から、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組では、練った企画やリスナーの身近な話題をもとにした企画を特徴とするものが多い。

2017年4月より、活動の拠点を東京から出身地である静岡県に移し、月 - 木曜日はk-mix浜松の本社スタジオ)の帯番組、土曜日は埼玉県大宮に赴いてNACK5の番組(生放送、収録番組)を担当している。また、それらのラジオ番組出演と並行して、テレビ番組やコマーシャルのナレーション、ライブ、イベント出演等も関東滞在中に務めている。

2021年4月5日、ラジオ番組にて同年2月に再婚していたことが本人より語られた。

2022年4月現在、週5日間・計18時間もの生放送を関東・中部地方の1都3県4ヶ所のスタジオで務めている。

  • 月曜夜:東京・銀座にあるNACK5 銀座スタジオ
  • 水・木曜昼:浜松市にあるK-mix 本社
  • 金曜夕:松本市にあるFM長野 本社
  • 土曜昼:さいたま市にあるNACK5 アルシェ大宮のサテライトスタジオ

歌手活動[編集]

1992年にラジオ制作会社の同僚であった菊池・村上雄信と共にかかしを結成。

2008年に村上とキンモクセイの後藤・白井・張替との5人でYOUNGER GENERATIONを結成。

ソロ活動は「B.O.K.」(「バカボン鬼塚公仁(Bakabon Oniduka Kimihito)」のイニシャル)名義で2011年に開始。当初は1stアルバム「O.S.T」限りで終了予定だったが、反響が大きかったため現在はバンドとして活動。メンバーはバカボン鬼塚(Vo.&Gt.)・村上雄信(Gt.)・白井雄介(Ba.、from キンモクセイ (バンド))・田中大介(Key.、ex. COOL DRIVE)・杉原正太(Dr.)の5人。

村上との2人で「おーさんむーさん」として活動、主にB.O.K.の楽曲をアレンジして演奏する。さらに鬼塚とK-mix FOOO NIGHT ピンソバでパーソナリティを務めたアナウンサー高橋茉奈を加え、3人で「OMM」(「Oniduka, Murakami, Mana」のイニシャル、読みは「オム」)としても活動、こちらではオリジナル曲も存在する。

人物[編集]

芸名の由来はマンガ「天才バカボン」の登場人物の「バカボンのパパ」に似ている事が由来[注 1]

伊集院光と声質が似ており、ラジオ番組でリスナーから「伊集院光さんこんにちは」などと挨拶されることがあった。自らの声を「ドブ声」とも自称している。

声優金月真美と仲が良く、金月のアルバム「Touch and Go」収録曲「Old Fashioned Love Song」の作曲を本名名義で手掛けた。

フィアット 500のオーナーだったが、駐車場の都合で泣く泣く手放したことがある。

趣味はレコード蒐集で、番組内では名盤や名曲を頻繁に紹介している。その他、料理やマンガを読むことも趣味としている。

中学1年生から3年間、「夢野 午時(ゆめの ごとき)」というペンネームで、小説を執筆していた。

ラジオ番組では音が割れるほどのハイテンションなしゃべりが特徴である。意味のないフレーズの絶叫を入れたり、ヨーデルオペラを歌ったり、いきなり声色を変えたりすることがあり、本人は「言い方芸」と称している。

それとは対照的に、自分の性格人見知りであると述べている。もともと汗かきであることや、ラジオ出演中はテンションが上がり、独りで勝手に汗をかくからということで、真冬であっても半袖Tシャツのみを着用している。このため冬場に長袖を着ていると、周囲から風邪で体調を崩しているか、当人が耐えられないほどの記録的な寒さなのだと判断される。

これまで担当したラジオ番組の相方には、独特な雰囲気や世界観をもつパーソナリティと組むことが多いが、そうした相方の潜在能力や素の顔を引き出すことに長けており、それが番組の人気につながっている。このことについて鬼塚は「相方を育てるのではなくツーマンでしゃべる」ことと「相手をコントロールしようとしない」ことを根底として、かつ「リスナーと同じ目線で向き合うようにしている」結果だという。仮に自身の話をしていても、相方が入ってきて何気ない一言が面白いと思えば自身の話もオチもすべて捨てて相方側に流れる柔軟性がこの位置を築いていると語る[5]

現在の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

  • NACK5HITS! THE TOWN」(土曜12:55 - 17:55 パーソナリティ、1996年10月 - ) 生放送
  • NACK5 「バカボン鬼塚 ABレコ」(火曜23:30 - 24:00 パーソナリティ、2016年10月 - )
  • NACK5 「FAV FOUR」(月曜20:00 - 23:00 パーソナリティ、2021年4月 - ) 生放送
  • K-mixK-mix Wiz.」(水曜・木曜11:30 - 14:55 パーソナリティ、2021年4月 - ) 生放送
  • FM長野翔べ!FRI-TAG!!」(金曜16:00 - 19:00 パーソナリティ、2022年4月1日 - ) 生放送

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

以上は「田舎に泊まろう!」のパロディ企画
  • テレビ東京系 「落ちこぼれ犬奮闘記」(ナレーター、2010年8月17日放送・9月4日再放送)
  • テレビ東京系 「土曜スペシャル『この秋の日本一を探せ!! 駅弁達人とめぐるローカル線の旅』」(ナレーター、2010年10月9日放送)
  • テレビ埼玉系 「フジログ 第15話『オサム ラジオDJに挑戦する』」(ラジオ局のパーソナリティとして本人役で出演、アニメ。2010年10月10日放送)
  • テレビ朝日系 「雑学家族」(ナレーター、2012年4月28日 - 2013年3月23日)
  • テレビ東京系 「土曜スペシャル『これが世界の行き止まり!地球のはしっこ!絶景ハウス』」(ナレーター、2017年10月14日放送)
  • テレビ東京系 「新幹線変形ロボ シンカリオンZ THE ANIMATION 第14話『斬黒! ダークシンカリオン‼︎』」(ラジオ局のパーソナリティとして本人役で出演、アニメ。2021年7月23日放送)

CMナレーション[編集]

テレビ[編集]

「アタック漂白剤in」
AUBE
「メンズビオレ

ラジオ[編集]

ドラマCD[編集]

  • 金月真美の MOONLIGHT LIPSシリーズ
  • 超兄貴

スタッフとしての参加[編集]

過去[編集]

音楽活動[編集]

かかしでの活動は「かかし (フォークバンド)」を、YOUNGER GENERATIONでの活動は「YOUNGER GENERATION」を参照。

  • しなの恋巡り

B.O.K.[編集]

CD[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ しかしYBSラジオで放送しているはんちんぐのクイズコーナーでは、天才バカボンのクイズをよくはずしている。

出典[編集]

  1. ^ a b バカボン鬼塚(バカボン オニヅカ)のプロフィール”. NTT Resonant Inc.. 2016年10月9日閲覧。
  2. ^ 当時まだデビューしたてのMr.Childrenのメンバーとラジオ番組製作をしたことがあり、コント台本の執筆やディレクターを務めたことがある。
  3. ^ J-WAVE WEBSITE:TOKIO HOT100”. J-WAVE (2007年12月2日). 2016年12月11日閲覧。
  4. ^ 2015年3月3日放送の『The Nutty Radio Show おに魂』内の「キミヒト君・ジュンスケ君の謎々のコーナー」より。
  5. ^ ラジオマニア2011-2012「radikoでも聴けるこのパーソナリティがすごい! NACK5・バカボン鬼塚」pp.72より。このページでの「相方」は『HITS! THE TOWN』の山口五和のこと。
  6. ^ ラスト!”. おに魂のブログ (2016年9月26日). 2016年10月9日閲覧。
  7. ^ BLUE BEAT Online Store

外部リンク[編集]