バカボン鬼塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ばかぼん おにづか
バカボン鬼塚
本名 鬼塚 公仁
生年月日 (1963-05-11) 1963年5月11日(54歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県清水市
(現:静岡市清水区
身長 163cm
血液型 O型
ジャンル ラジオパーソナリティ
ナレーター
ミュージシャン
俳優
事務所 大沢事務所
ヘリンボーン

バカボン鬼塚(バカボン おにづか[1] 1963年5月11日[1] - )は、ラジオパーソナリティナレーターミュージシャン俳優。本名は鬼塚 公仁(おにづか きみひと)。ヘリンボーン所属。

フォークバンド「かかし」、バンド「YOUNGER GENERATION」のボーカル、テレビ番組、CMのナレーターとしても活躍中。芸名の由来は天才バカボンの登場人物で主人公のバカボンのパパに似ている事が由来[注 1]

来歴[編集]

静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。東海大学第一高等学校(現東海大学付属静岡翔洋高等学校)、東海大学文学部卒。 大学時代は落語研究会に入っていて高座名は「頭下位亭きんぴら(とうかいてい-)」。これはOBである春風亭昇太が来たときにつけられた。ちなみに昇太はもう一人に「頭下位亭ごぼう」という高座名をつけた。大学を卒業したころは舞台俳優を目指していた。その後シャララカンパニーで番組制作をしており、しゃべる方に転向した。クリス・ペプラーがナビゲーターを務めるJ-WAVEの看板番組TOKIO HOT 100にて番組ADを務めていた。当時のディレクターは、ピストン西沢である[2]

この制作経験から、自身がパーソナリティを務める番組でも練った企画を特徴とするものが多い。渋谷で大道具のバイトをしていたことがあり、そこできっくん(菊池淳介)と出会っている[3]

20代の頃、劇団青年座で芝居の勉強をしていたことがある。

2017年4月より、活動の拠点を東京から、出身地である静岡県に移している。月~木曜日はk-mix(浜松の本社スタジオ)の帯番組、土曜日は大宮に赴いてNACK5の番組(生放送、収録番組)を担当している。

人物[編集]

伊集院光と声質が似ており、ラジオ番組でリスナーから「伊集院光さんこんにちは」などと挨拶されることがあった。 声優金月真美と仲が良く、金月のアルバム「Touch and Go」収録曲「Old Fashioned Love Song」の作曲を本名名義で手掛けた。フィアット 500のオーナーだったが、駐車場の都合で泣く泣く手放したことがある。

趣味はレコード蒐集で、番組内で紹介している。ラジオ番組ではハイテンションなしゃべりが特徴である。意味のないフレーズの絶叫を入れたりヨーデルを歌ったり、果てはいきなり声色を変えたりすることがあり、本人は「言い方芸」と称している。それとは対照的に性格は人見知りであると自称している。ラジオ出演中はテンションが上がり独りで勝手に汗をかくからということで、年中半袖Tシャツのみを着用していることが多い。

現在の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

以上は「田舎に泊まろう!」のパロディ企画
  • テレビ朝日系 「雑学家族」(ナレーター、2012年4月28日〜2013年3月23日)
  • テレビ東京系 「落ちこぼれ犬奮闘記」(ナレーター、2010年8月17日放送・9月4日再放送)
  • テレビ東京系 「土曜スペシャル『この秋の日本一を探せ!! 駅弁達人とめぐるローカル線の旅』」(ナレーター、2010年10月9日放送)

CMナレーション[編集]

テレビ[編集]

「アタック漂白剤in」
AUBE
「メンズビオレ
  • パクロス
  • ベルキューブ

ラジオ[編集]

ドラマCD[編集]

  • 金月真美の MOONLIGHT LIPSシリーズ
  • 超兄貴

スタッフとしての参加[編集]

過去[編集]

音楽活動[編集]

かかしでの活動は「かかし (フォークバンド)」を、YOUNGER GENERATIONでの活動は「YOUNGER GENERATION」を参照。

  • しなの恋巡り
  • O.S.T(B.O.K名義、B.O.Kはバカボン.鬼塚.君仁の頭文字、O.S.Tはオリジナル.サウンド.トラックの頭文字とのこと)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ しかしYBSラジオで放送しているはんちんぐのクイズコーナーでは、天才バカボンのクイズをよくはずしている。

出典[編集]

  1. ^ a b バカボン鬼塚(バカボン オニヅカ)のプロフィール”. NTT Resonant Inc.. 2016年10月9日閲覧。
  2. ^ J-WAVE WEBSITE:TOKIO HOT100”. J-WAVE (2007年12月2日). 2016年12月11日閲覧。
  3. ^ 2015年3月3日放送の『The Nutty Radio Show おに魂』内の「キミヒト君・ジュンスケ君の謎々のコーナー」より。
  4. ^ ラスト!”. おに魂のブログ (2016年9月26日). 2016年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]