ムーニー (おむつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムーニー: Moony)は、ユニ・チャームが製造・販売するベビー用品のブランド。1981年発売。主な商品は乳幼児用の紙おむつとおしりふき。

概要[編集]

同社が製造販売を行う乳幼児用の紙おむつ、おしりふきや母乳パッドのブランドである。日本及び中国においては、同社が製造販売をする紙おむつのもう一つの主力ブランドである「マミー・ポコ」が価格重視であるのに対し、「ムーニー」ブランドは機能性・品質重視に設定されている。1992年以降はテープ止めタイプのおむつを「ムーニー」[1]、パンツタイプのおむつを「ムーニーマン」[2]としてブランドを使い分けている。2016年にはオーガニックコットンを採用し、「ムーニー」よりさらに高機能な「ナチュラルムーニー」及び「ナチュラルムーニーマン」が日本[3]、中国[4]台湾[5][6]で投入された。

派生商品として1987年には就寝時の排泄に特化した「ウルトラムーニーナイト」(テープ止めタイプ)を発売、1990年には高月齢児の夜尿症対策に特化した使い捨てパンツの「ムーニーオヤスミマン」が試験販売された(正式発売は1991年)。前者は現在は「ムーニー」と統合され廃止、後者は発売後すぐに「オヤスミマン」となり「ムーニー」から独立し、現在に至る。

歴史[編集]

  • 1981年 - ベビー用紙オムツ『ムーニー』を発売[7]
  • 1987年 - ギャザーを立体形状に改良した『ウルトラムーニー』、夜専用として高分子吸収体を増量した『ウルトラムーニーナイト』を発売。
  • 1991年 - 夜尿症に特化した『ムーニー オヤスミマン』を発売。(札幌地区のみ前年に試験販売)[8]
  • 1992年 - はかせるオムツ『ムーニーマン』を発売。
  • 1993年 - 片手でとりだせるおしりふき『ムーニーちゃんラクラクおしりふき』を発売
  • 1994年 - 超薄型テープオムツ『ムーニーパワースリム』を発売。
  • 1995年 - 超薄型パンツオムツ『ムーニーマンパワースリム』を発売。
  • 2000年 - くまのプーさんデザインを採用開始。
  • 2001年 - ハイハイ用パンツオムツ『ムーニーマンハイハイ用』を発売。
  • 2004年 - 水遊び用パンツ『ムーニーマン水あそびパンツ』を発売。
  • 2006年 - 汗ケアパンツオムツ『ムーニーマン汗スッキリ』を発売。
  • 2007年9月14日 - 『ムーニーマン スーパーBig』を発売[9]
  • 2008年 - 吸収体うすさ2分の1のパンツ型ベビー用紙オムツ『ムーニーマンスリムパンツ』を発売。
    • ブランドロゴを変更。ムーニーからmoonyに。
  • 2010年 - パンツタイプのブランド名を『ムーニーマン』から『ムーニーパンツ』に変更。
    • 『ムーニーマンスリムパンツ』の cmが『環境コミュニケーション大賞テレビ環境 cm部門 優秀賞』を受賞。
    • 子供用紙オムツ『ムーニーパンツ 下着仕立て』を発売。
  • 2013年 - パンツタイプのブランド名を『ムーニーパンツ』から『ムーニーマン』に変更。
  • 2016年 - オーガニックコットンを採用した上位版の『ナチュラルムーニー』、『ナチュラルムーニーマン』発売。
  • 2019年 - くまのプーさんデザインを終了し、ムーニーちゃんに変更。

製品一覧[編集]

紙おむつ[編集]

ムーニー(テープタイプ)[編集]

紙おむつには動植物の柄(「ムーニーパンツ」の男の子用は恐竜柄、乗り物柄)に「ムーニーちゃん」のデザインが描かれている。以前の日本国内向け製品はディズニーキャラクターの「くまのプーさん」(期間限定品は「ディズニープリンセス」、「トイ・ストーリー」)のデザインが描かれていた。おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。

ムーニー エアフィット 新生児用
サイズ: 誕生 - 5 kg
ムーニー エアフィット Sサイズ
サイズ: 4 kg - 8 kg
ムーニー エアフィット Mサイズ
サイズ: 6 kg - 11 kg
ムーニー エアフィット Lサイズ
サイズ: 9 kg - 14 kg

ムーニーマン(パンツタイプ)[編集]

ムーニーマン エアフィット Sサイズ
サイズ: 4 kg - 8 kg
男女共用。ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。
ムーニーマン エアフィット はいはい用
サイズ: 5 kg - 9 kg
男女共用。ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。
ムーニーマン エアフィット Mサイズ
サイズ: 6 kg - 10 kg
男女共用。ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。
ムーニーマン エアフィット Lサイズ
サイズ: 9 kg - 14 kg
男女共用。ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。
ムーニーマン エアフィット ビッグサイズ
サイズ: 12 kg - 17 kg
男の子用と女の子用が存在する。ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。
ムーニーマン エアフィット ビッグより大きいサイズ
サイズ: 13 kg - 25 kg
適応胴囲: 45 cm - 63 cm
男の子用と女の子用が存在する。ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。
ムーニーマン スーパービッグ
サイズ: 18 kg - 35 kg
適応胴囲: 47 cm - 68 cm
男の子用と女の子用が存在する。『お知らせライン』は付いていない。小学生から中学生までの子供の夜尿症を想定して作られている。

現在は発売されていない製品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 1987年からの一時期は『ウルトラムーニー』としていた。
  2. ^ 2008年 - 2013年にかけてはパンツタイプのブランド名を「ムーニーパンツ」としていた。
  3. ^ ユニ・チャーム - 『Natural moony(ナチュラル ムーニー)』シリーズ 新発売
  4. ^ 日本経済新聞 - ユニ・チャーム「自然派」「日本発」で挑む中国復活(2016年11月30日)
  5. ^ ユニ・チャーム(台湾) - 日本白金 滿意寶寶 極上の呵護
  6. ^ 台湾では「ナチュラルムーニー」・「ナチュラルムーニーマン」相当の商品も日本からの直輸入品を除いて「マミー・ポコ」ブランドで販売されている。
  7. ^ ユニ・チャーム社史
  8. ^ - 渋沢社史データベース『花王史年表 : 1990-2000年』(2000.11)
  9. ^ 『ムーニーマン スーパーBig』新発売!”. ユニ・チャーム

関連項目[編集]

  • 陣内智則(コント『ニュースキャスター』でヤン坊マー坊天気予報のオープニングテーマ「ヤン坊・マー坊の唄」が途中からムーニーマンの唄に変わるネタがあった)

外部リンク[編集]