眞境名オスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

眞境名オスカー(まじきな オスカー、1964年5月9日 - )は、ブラジルサンパウロ出身のフットサル指導者。日系3世のブラジル人

来歴[編集]

15歳で、サッカーからフットサルに転向。17歳で、2部リーグでプロデビュー。1986年以降は、1部リーグの強豪で活躍。

1987年日系人選抜チームの一員として来日。1989年日本移住。選手活動の傍ら、フットサル大会を企画運営するなど、日本でのフットサルの普及に貢献。「フットサル界のカリスマ」と呼ばれる。

1998年に、チーム「FIRE FOX(ファイルフォックス)」を結成。監督に就任。2001年の第7回全日本フットサル選手権大会で、チームは優勝。勇退。

その後はフットサルクリニックなどでの指導を経て、2003年、チーム「BANFF TOHOKU(バンフ東北)」の監督に就任。第9回全日本選手権で、チームを優勝に導いた。

チーム「FORCA VERDE」の監督を経て、2006年に発足された日本初のプロフットサルクラブ「大洋薬品/BANFF」(現・名古屋オーシャンズ)の初代監督に就任。2007年、解任。

2008年4月、静岡の強豪フットサルチーム「XEBRA SHIZUOKA」の監督に就任。

2008年7月15日 一身上の都合により「XEBRA SHIZUOKA」の監督を辞任。

2009年 ステラミーゴいわて花巻の監督に就任。

2010年 FUNフットサルクラブLadies com VEEX(関東女子フットサルリーグ)の監督に就任。

2013年5月 VEEX TOKYO Ladies(東京都フットサル連盟所属)の監督に就任

関連項目[編集]