名古屋オーシャンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋オーシャンズ
原語表記 名古屋オーシャンズ[1]
クラブカラー      オーシャンレッド[1]
創設年 2006年
所属リーグ 日本フットサルリーグ
ホームタウン 愛知県名古屋市[1]
ホームスタジアム Taiyo Yakuhin Ocean Arena 02.JPG武田テバオーシャンアリーナ[1]
収容人数 2,569
運営法人 名古屋オーシャンズ株式会社
代表者 櫻井嘉人
監督 ポルトガルの旗 ペドロ・コスタ
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

名古屋オーシャンズ(なごやオーシャンズ、英語: Nagoya Oceans)は、日本愛知県名古屋市をホームタウンとする[1]日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟するフットサルクラブチームである。旧名称は大洋薬品/BANFF(たいようやくひんバンフ)。ホームアリーナは名古屋市港区武田テバオーシャンアリーナ。監督はペドロ・コスタ


概要[編集]

武田テバオーシャンアリーナ名古屋港の近くにあることから、チーム名称には「海を越え世界へはばたいて行きたい」という意味が込められている[1]

獲得した主要タイトルは、計23個(AFCフットサルクラブ選手権3回・Fリーグ9回・Fリーグ オーシャンカップ5回・全日本フットサル選手権大会4回・FUTSAL地域チャンピオンズリーグ1回)である。

サテライトチームとして名古屋オーシャンズサテライトがある。漫画家高橋陽一はオーシャンズ応援イラストを公式サイトなどに提供している。名誉サポーターとして愛知県知事の大村秀章名古屋市長河村たかしがいる。オフィシャルサポーターとしてStanding Eggとアッパーグラウンドがいる。応援番組として東海テレビオーシャンズTVが放送されていたが、2013年9月に終了した。東海ラジオ週刊!サカラジには定期的にオーシャンズのコーナー枠がある。

歴史[編集]

Fリーグ開幕以前[編集]

2006年に大洋薬品フットサルクラブ株式会社が設立された。オフィシャルスポンサーとして大洋薬品(現・武田テバファーマ)、クラブスポンサーとしてバンフスポーツ[2]を迎え、2006年5月に日本初のプロフットサルクラブとして大洋薬品/BANFFを結成。眞境名オスカーが監督に就任した。2006年は8,000万円の年間予算全額を大洋薬品が出資している。2006年4月には全国リーグのFリーグ設立が決定されており、2006年10月26日にはメインアリーナである大洋薬品オーシャンアリーナの建設を発表。2007年1月にはクラブ設立後初の第12回全日本フットサル選手権大会で優勝し、2月には2006年度の東海フットサルリーグで優勝し、3月にはFUTSAL地域チャンピオンズリーグで優勝してシーズン3冠を達成。2007年4月にはFリーグ規定に則って地域名を冠した名古屋オーシャンズに名称変更し、Fリーグの開幕を迎えた。

館山マリオ監督時代(2007年-2008年)[編集]

2007年には館山マリオが監督に就任。2007年9月にはFリーグが開幕したが、開幕時点でオーシャンアリーナは未完成であったため、パークアリーナ小牧でホームゲームを開催した。2008年2月にはFリーグ2007で優勝した。森岡薫が最優秀選手賞を獲得したほか、森岡薫とボラがベストファイブに選出された。2008年3月に開催された第13回全日本フットサル選手権大会では準優勝だった。

アジウ監督時代(2008年-2013年)[編集]

2008年4月にはポルトガル人のジョゼ・アジウ・アマランテが監督に就任。 5月2日にはメインアリーナとなる大洋薬品オーシャンアリーナが完成し、その落成記念大会となった6月の大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008では準優勝した。2008-09シーズンのFリーグでは2連覇を達成し、北原亘が最優秀選手賞とベストファイブに選出された。2009年3月に開催された第14回全日本選手権では準優勝だった。

2009年8月のオーシャンアリーナカップ2009では準優勝だったが、2009-10シーズンのFリーグでは3連覇を達成した。2010年3月にイランイスファハンで初開催されたAFCフットサルクラブ選手権には日本代表として出場し、3位となった。

2010年7月にはFリーグ 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2010で優勝した。2010-11シーズンのFリーグでは4連覇を達成したが、5試合残しての優勝決定は史上最速だった。

2011年7月にはカタールドーハで開催されたAFCフットサルクラブ選手権で初優勝した。8月にはFリーグ 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2011で優勝し、11月にはAFC年間最優秀フットサルクラブに選ばれた。2011-12シーズンのFリーグでは5連覇を達成した。

2012年7月、AFCフットサルクラブ選手権クウェート2012 3位。(開催地:クウェート/クウェート)
2012年8月、オーシャンアリーナカップ2012優勝。
2012年12月、シーズン1位が確定し、プレーオフに進出決定。なおこのシーズンは無敗(3分け)であった。
2013年2月、Fリーグ2013/2014 プレーオフファイナルステージにてシュライカー大阪(ファーストステージ勝者)を下し、総合チャンピオンとなり6連覇を達成。
2013年3月、PUMACUP2013第18回全日本フットサル選手権大会優勝。リーグ戦・カップ戦とあわせ国内3冠を達成。
2013年3月、LOVEあいちサポーターズ あいちスポーツ大使 就任

ビクトル・アコスタ監督時代(2013年-2016年)[編集]

2013年7月、Fリーグ オーシャンアリーナカップ2013 優勝。
2013年8月、AFCフットサルクラブ選手権日本2013 3位。(開催地:日本/名古屋)
2013年9月、バサジィ大分に3-5で破れ、国内無敗記録が52試合でストップ。
2014年3月、Fリーグ2013/2014プレーオフファイナルラウンドにてバサジィ大分(セカンドラウンド勝者)を下し、総合チャンピオンとなり7連覇を達成。
2014年3月、 PUMACUP2014第19回全日本フットサル選手権大会 優勝。

2014年5月に開催されたFリーグオーシャンカップ2014で優勝した。2014年8月に中国成都で開催されたAFCフットサルクラブ選手権2014では2度目の優勝を飾った。2014-15シーズンのFリーグでは、プレーオフファイナルラウンドでシュライカー大阪を下し、Fリーグ8連覇を達成した。2015年3月に開催された第20回全日本フットサル選手権大会でも優勝し、シーズン4冠を達成した。

2015年7月に開催されたFリーグオーシャンカップ2015では準優勝だった。2015年8月にイランイスファハンで開催されたAFCフットサルクラブ選手権2015では準々決勝で敗退した。2015-16シーズンのFリーグでは、プレーオフファイナルラウンドで府中アスレティックFCを下し、Fリーグ9連覇を達成した。シーズン終了後には森岡薫が退団し、北原亘とペドロ・コスタが現役引退した。ペドロ・コスタは現役引退の発表と同時に監督就任が発表されている。

ペドロ・コスタ監督時代(2016年-)[編集]

2016年7月にタイ王国バンコクで開催されたAFCフットサルクラブ選手権2016では、決勝でイラクのナフィト・アルワサトを破って3度目の優勝を飾った。2016-17シーズンのFリーグでは初めて年間1位をシュライカー大阪に譲った。プレーオフのセカンドステージでペスカドーラ町田に敗れ、年間3位でシーズンを終えた。

タイトル[編集]

国際タイトル
全国タイトル
地域タイトル
  • 東海フットサルリーグ優勝:1回(2007年)

チーム成績[編集]

年度 所属 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失 順位 プレーオフ結果
2007-08 Fリーグ 53 21 17 2 2 98 33 +65 優勝 開催せず
2008-09 53 21 17 2 2 98 42 +56 優勝
2009-10 69 27 22 3 2 108 58 +50 優勝
2010-11 65 27 21 2 4 142 56 +86 優勝
2011-12 61 27 20 1 6 109 59 +50 優勝
2012-13 75 27 24 3 0 142 53 +89 1位 優勝
2013-14 89 36 28 5 3 178 90 +88 1位 優勝
2014-15 76 33 24 4 5 134 79 +55 1位 優勝
2015-16 83 33 27 2 4 143 72 +71 1位 優勝
2016-17 73 33 22 7 4 119 66 +53 2位 2ndステージ敗退(3位)

※2016-17シーズン終了時

歴代監督[編集]

所属選手[編集]

2017-18シーズン所属選手
No. 選手名 ポジション 備考
ゴレイロ フィクソ アラ ピヴォ
1 日本の旗 篠田龍馬
2 日本の旗 関口優志
4 日本の旗 酒井ラファエル良男 2015年4月にブラジルより国籍変更[3]
5 日本の旗 星龍太 2017-18シーズンキャプテン
7 日本の旗 安藤良平
8 ブラジルの旗 ペピータ
9 日本の旗 平田ネトアントニオマサノリ
10 ブラジルの旗 ヴァルチーニョ
11 ブラジルの旗 ルイジーニョ
13 ブラジルの旗 ラファ
14 日本の旗 西谷良介
15 日本の旗 吉川智貴
17 日本の旗 八木聖人
18 日本の旗 齋藤功一
19 日本の旗 橋本優也 ※名古屋オーシャンズサテライト
20 日本の旗 笠井大輝 ※名古屋オーシャンズサテライト
22 日本の旗 高見政顕 ※名古屋オーシャンズサテライト
過去に所属していた選手
選手名 ポジション 備考
ゴレイロ フィクソ アラ ピヴォ
日本の旗 豊島明 大洋薬品/BANFF 時
日本の旗 松宮充義 大洋薬品/BANFF 時
日本の旗 難波田治 大洋薬品/BANFF 時
日本の旗 村谷エンヒキサブロウ 大洋薬品/BANFF 時
日本の旗 宮澤孝 大洋薬品/BANFF 時(現:名古屋通訳)
日本の旗 杉山哲一
日本の旗 比嘉リカルド 2003年8月にブラジルより国籍変更[4]
日本の旗 沼田慎也
日本の旗 上澤貴憲
日本の旗 山田マルコス勇慈 ブラジルより国籍変更
日本の旗 山田ラファエルユウゴ ブラジルより国籍変更
日本の旗 山蔦一弘
ブラジルの旗 ボラ
ブラジルの旗 マルキーニョス
日本の旗 小山剛史
日本の旗 鈴木隆二
日本の旗 野嶋倫
ブラジルの旗 ウィルソン
ブラジルの旗 シジネイ
日本の旗 丸山哲平
日本の旗 平林輝良寛 プロサッカー選手経歴あり
日本の旗 完山徹一
日本の旗 定永久男
ブラジルの旗 ルイス・ネゴン
日本の旗 神志那仁聖
日本の旗 畠山ブルノタカシ ブラジルより国籍変更
日本の旗 金井智之
日本の旗 前田喜史
ブラジルの旗 マルキーニョ
日本の旗 木暮賢一郎
日本の旗 逸見勝利ラファエル
ポルトガルの旗 リカルジーニョ
タイ王国の旗 ルーチャイ
日本の旗 相井忍
大韓民国の旗 申宗勲
日本の旗 北嶋佑一
日本の旗 香村慧
日本の旗 川原永光
日本の旗 森秀太
日本の旗 室田祐希
日本の旗 浦上浩生
日本の旗 白方秀和
日本の旗 渡邉知晃
日本の旗 北原亘
日本の旗 森岡薫 ペルーより国籍変更
ポルトガルの旗 ペドロ・コスタ
日本の旗 矢澤大夢
ブラジルの旗 ダニエル サカイ
日本の旗 田村研人
ブラジルの旗 シンビーニャ
ブラジルの旗 セルジーニョ
日本の旗 前鈍内 マティアスエルナン
日本の旗 中村友亮
日本の旗 岡島工

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd
  • チームカラー
  •      オーシャンレッド[1]
  • ユニフォームスポンサー
掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
東邦液化ガス 東邦液化ガス 2012年- 2010年-2011年は背
国際大会では胸部だけがスポンサー掲示
胸上 あいおいニッセイ同和損害保険 あいおいニッセイ同和損害損保 2015年-
胸上 キリンビバレッジ キリンビバレッジ 2015年-
背中 アビームシステムズ ABeam sytems 2016年 2016年は袖。
- - -
パンツ 日本赤十字社愛知県支部 日本赤十字社愛知県支部  2015年-
  • ユニフォームサプライの遍歴

スポンサー[編集]

  • オフィシャルスポンサー
  • オフィシャルサプライヤー
  • オフィシャルパートナー
  • サポートカンパニー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g チーム概要 Fリーグ公式サイト、2013年6月29日
  2. ^ 株式会社バンフスポーツ(BANFF SPORTS)は日本各地でフットサルコートを運営しており、またフットサルチームへの資金提供も行っている。2001年の全日本選手権ではバンフスポーツがスポンサードしたCASCAVEL BANFF(開催地=東京代表)が優勝し、2002年の全日本選手権ではSuerte banff(東海地区代表)が準優勝し、2004年の全日本選手権ではBANFF TOHOKU(東北地区代表)が優勝し、2006年の全日本選手権ではForca Verde/BANFF(関東地区代表)が準優勝している。
  3. ^ 酒井 ラファエル 良男選手・日本国へ帰化承認のお知らせ”. 名古屋オーシャンズ (2015年4月10日). 2015年4月12日閲覧。
  4. ^ 比嘉リカルド”. ゲキサカ. 2015年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]