一貫教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一貫教育(いっかんきょういく)とは、幼稚園から高等学校あるいは大学まで同一またはグループの学校において目的に応じた教育を行う教育方式のことを指す教育課程である。民間のみならず、国家プロジェクトとしても導入が図られている[1]

一貫教育の種類[編集]

保育所・幼稚園から小学校[編集]

保育所・幼稚園から小中学校[編集]

保育所・幼稚園から小中高校[編集]

幼稚園から小学校[編集]

幼稚園から小中学校[編集]

幼稚園から小中高校[編集]

小学校から中学校[編集]

小学校から中高校[編集]

中学校から高等学校[編集]

中学校から高大学[編集]

高等学校から大学[編集]

大学から大学院[編集]

大学院[編集]

海外[編集]

フランスのLMDプログラムでは大学学部と大学院修士は一貫されることもあるが、博士はそうではない。アメリカ合衆国ロシア連邦では学部でいったん卒業させ、その後に修博一貫教育がなされることが多いが、特に決まってはいない。中国には学士・修士・博士一貫プログラムが存在する[2]

脚注[編集]

  1. ^ 平成30年度小中一貫教育導入に向けた取組”. www.mext.go.jp. 文部科学省. 2020年5月23日閲覧。
  2. ^ 学士・修士・博士の8年一貫教育 四川大学が中国初の実施”. spc.jst.go.jp. spc.jst.go.jp. 2020年8月3日閲覧。