日本の小中一貫校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本における小中一貫校(しょうちゅういっかんこう)は、小中一貫教育を施す学校である。小学校中学校の教育を統合した公立の小中一貫校が各地で徐々に開校してきている。

公立の小中一貫校[編集]

義務教育学校[編集]

義務教育学校とは、学校教育法の改正により2016年に新設された制度。小学校課程から中学校課程まで義務教育を一貫して一つの学校で行う。国公私立いずれも設置が可能。

併設型小中一貫校[編集]

同じ設置者(市町村)が小学校と中学校を併設し、接続して小中一貫教育を行うもの。特徴は他の小学校からもその中学校に進学できることである。中学校では内部進学生と外部進学生が切磋琢磨して学校生活を送る。

基本的に併設されている小学校の児童はそのまま中学校に進学するが、国立中学校や私立中学校、都道府県立中学校、中等教育学校を受験する道は閉ざされていない。

連携型小中一貫校[編集]

主に、地域の結びつきの強い中学校とその地域の小学校が連携して取り組む事例が多い。小学校の教師が中学校の授業を受け持ったり、中学校の教師が小学校の授業に参加し、小学校の教育内容の理解を深めたりする。また、小中学校が合同で行事を行ったりすることで児童生徒同士が交流を深めている。

ただし、国立中学校や私立中学校、都道府県立中学校などに進学する者や連携小学校以外からも児童が入学してくるため、他のタイプに比べて大幅なカリキュラムの変更ができないという欠点がある。

日本の小中一貫校の一覧[編集]

国立学校[編集]

北海道[編集]

山梨県[編集]

京都府[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

公立学校[編集]

北海道[編集]

青森県[編集]

岩手県[編集]

宮城県[編集]

秋田県[編集]

山形県[編集]

福島県[編集]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

埼玉県[編集]

東京都[編集]

千葉県[編集]

神奈川県[編集]

新潟県[編集]

石川県[編集]

長野県[編集]

岐阜県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

三重県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

奈良県[編集]

兵庫県[編集]

和歌山県[編集]

鳥取県[編集]

島根県[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

香川県[編集]

愛媛県[編集]

高知県[編集]

福岡県[編集]

長崎県[編集]

佐賀県[編集]

熊本県[編集]

大分県[編集]

宮崎県[編集]

鹿児島県[編集]

沖縄県[編集]

※過疎地の慣習的な小中一貫校(小中一貫教育について特異な言及がなされていない学校)は除外した。

私立学校[編集]

北海道[編集]

宮城県[編集]

福島県[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

福井県[編集]

山梨県[編集]

長野県[編集]

大阪府[編集]

  • 四天王寺学園小学校・中学校(平成29年度より四天王寺小学校に改称、小中一貫教育を廃止。四天王寺学園中学校は四天王寺学園高等学校を併設し中高一貫教育を行う。)

和歌山県[編集]

岡山県[編集]

福岡県[編集]

長崎県[編集]

沖縄県[編集]

関連図書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]