実科学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツの実科学校

実科学校(Realschule)とは、ドイツスイスリヒテンシュタインエストニアにおける中等教育レベルの学校のひとつ。同様のものがクロアチア(realna gimnazija)、 オーストリアデンマークノルウェーrealskole)、 スウェーデンrealskola)、ハンガリーreáliskola)、スロベニアrealkaロシア帝国реальное училище)に存在する。

ドイツ[編集]

ドイツの実科学校は、職業教育学校として位置づけられているISCED-2Aレベルの中等教育学校であり、10歳から就学する最低6年制の過程である[1][2]

実科学校においてグレード10まで進学し修了した者は、ドイツ資格フレームワーク(DQF)においてレベル3に認定され、これは欧州資格フレームワーク(EQF)レベル3と等価として位置づけられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Mapping of National education programmes - Germany”. UNESCO. 2015年11月2日閲覧。
  2. ^ 木戸裕「ドイツの大学入学法制--ギムナジウム上級段階の履修形態とアビトゥーア試験」、『外国の立法』第238巻、国立国会図書館調査及び立法考査局、2008年12月、 NAID 40016372415
  3. ^ GERMANY European inventory on NQF 2014 (Report). 欧州職業訓練開発センター. (2015). http://www.cedefop.europa.eu/en/publications-and-resources/country-reports/germany-european-inventory-nqf-2014. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]