佐世保市立広田小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐世保市立広田小学校
過去の名称 広田小学校
公立中等広田小学校
尋常広田小学校
広田尋常小学校
早岐町広田国民学校
佐世保市広田国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 佐世保市
設立年月日 1875年明治8年)
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 859-3223
長崎県佐世保市広田一丁目25番4号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

佐世保市立広田小学校(させぼしりつ ひろしょうがっこう)は、長崎県佐世保市広田一丁目にある公立小学校

概要[編集]

歴史
1875年(明治8年)創立の「広田小学校」を前身とする。現校名になったのは学制改革が行われた1947年(昭和22年)。2015年平成27年)に創立140周年を迎えた。
校区
住所表記で佐世保市の後に「重尾町、浦川内町、広田町、広田一〜四丁目、中原町、崎岡町、ハウステンボス町(一部、旧崎岡町)」が続く地域。中学校区は佐世保市立広田中学校[1]
校章
花弁を背景にして、中央に「広田」の文字(縦書き)を置いている。
校歌
作詞は興枳政夫、作曲は藤岡博夫による。歌詞は3番まであり、3番に校名の「広田」が登場する。

沿革[編集]

  • 1875年(明治8年)- 崎岡免岡の谷の青山源九郎宅で授業を開始。
  • 1876年(明治9年)- 宮崎免の旧庄屋跡を校舎に改築し、「広田小学校」に改称。初代校長に広瀬俊一が就任。
  • 1882年(明治15年)- 「公立中等広田小学校」に改称。
  • 1887年(明治20年)4月 - 小学校令の施行により、尋常科(修業年限4年)を設置の上、「尋常広田小学校」に改称。
  • 1888年(明治21年)- 校舎を新築。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により東彼杵郡広田村立の小学校となる。
  • 1892年(明治25年)- 「広田尋常小学校」に改称(「尋常」の位置が変更となる)。
  • 1903年(明治36年)- 校舎を増築。一部を改修。
  • 1908年(明治41年)4月 - 小学校令の改正により、義務教育年限(尋常科の修業年限)が4年から6年に延長される。尋常科5・6年と高等科1・2年を新設。
  • 1909年(明治42年)- 前述の修業年限延長と高等科の設置により収容児童数が増加したため、校舎を増築。
  • 1919年大正8年)- 1教室を増築。
  • 1920年(大正9年)- 運動場を拡張。
  • 1927年(昭和2年)4月1日 - 広田村が早岐町に合併したため、早岐町立の小学校となる。
  • 1931年(昭和6年)- 3教室を増築。運動場を新設。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令により、「早岐町広田国民学校」に改称。尋常科を初等科に改める。
  • 1942年(昭和17年)5月27日 - 早岐町が佐世保市に編入したため、「佐世保市広田国民学校」に改称。佐世保市立の小学校となる。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われ、「佐世保市立広田小学校」(現校名)となる。
  • 1948年(昭和23年)- 6教室を増築。PTAが発足。
  • 1950年(昭和25年)- 校歌を制定。昭和町・汐入町が校区に加わる。
  • 1956年(昭和31年)- 第一校舎が完成。
  • 1957年(昭和32年)- 第三校舎が完成。
  • 1958年(昭和33年)- 第二校舎が完成。
  • 1966年(昭和41年)- 運動場を拡張。体育館が完成。
  • 1975年(昭和50年)- 児童増加によりプレハブ校舎2棟を増築。プールが完成。
  • 1976年(昭和51年)- 創立100周年を迎える。
  • 1983年(昭和58年)- 新校舎が完成。
  • 1991年(平成3年)- 新体育館と新プールが完成。
  • 1992年(平成4年)- 運動場を改修。
  • 1994年(平成6年)- 4教室を増築。
  • 1995年(平成7年)- プレハブ2教室を増築。
  • 1997年(平成9年)- 楽焼き室が完成。
  • 2017年(平成29年)4月 - 児童急増(2016年度時点の児童数 1,055名)により、佐世保市立広田中学校の敷地内に小学校の新校舎が建設され、小学6年生が収容される[2]
    • 佐世保市立広田中学校との小中一貫教育を開始。長崎県内では初めてで、2016年(平成28年)に改正された学校教育法の中の「義務教育学校」という位置づけとなる[3][4]

交通アクセス[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
最寄りの幹線道路

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐世保市通学区域 (PDF) - 佐世保市
  2. ^ 長崎新聞 2016年(平成28年)8月25日号 「佐世保・広田小が飽和状態」
  3. ^ 「佐世保市:小中一貫校を導入 県内初、来年度から」(毎日新聞 2016年(平成28年)8月30日号 長崎版)
  4. ^ 佐世保市では同時に佐世保市立金比良小学校佐世保市立光海中学校の間でも小中一貫教育を開始予定。

参考資料[編集]

  • 「佐世保市史 教育篇」(佐世保市)p. 635 - p. 637

関連項目[編集]

外部リンク[編集]